映画-Movie Walker > 人物を探す > ブルース・ダーン

年代別 映画作品( 1962年 ~ 2019年 まで合計32映画作品)

2019年

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

『パルプ・フィクション』などの鬼才、クエンティン・タランティーノ監督による長編9作目。1969年の黄金期のハリウッドを舞台に、落ち目の俳優とその専属スタントマンが映画界で奔走する姿を描く。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが本作で初共演を果たすほか、マーゴット・ロビーやアル・パチーノなど豪華キャスト陣が脇を固める。

監督
クエンティン・タランティーノ
出演キャスト
レオナルド・ディカプリオ ブラッド・ピット アル・パチーノ マーゴット・ロビー
2008年

庭から昇ったロケット雲

  • 2008年7月5日(土)公開
  • 出演(ハル 役)

田舎の農場を舞台に、宇宙にあこがれる中年男とその家族が織りなす感動ドラマ。主人公の奇想天外な夢への挑戦を、ユーモラスかつロマン豊かに描き上げる。

監督
マイケル・ポーリッシュ
出演キャスト
ビリー・ボブ・ソーントン ヴァージニア・マドセン ブルース・ダーン ティム・ブレイク・ネルソン
2005年

ダウン・イン・ザ・バレー

  • 2005年12月17日(土)公開
  • 出演(Charlie 役)

「レッド・ドラゴン」のエドワード・ノートン主演による異色作。不思議な放浪者の青年と少女の恋を軸に、西部劇へのオマージュなど多彩な要素を盛り込んだ一編だ。

監督
デイヴィッド・ジェイコブソン
出演キャスト
エドワード・ノートン エヴァン・レイチェル・ウッド デイヴィッド・モース ロリー・カルキン

ボブ・ディランの頭のなか

  • 2005年7月23日(土)公開
  • 出演(編集者 役)

ロック界の巨人、ボブ・ディラン主演の異色音楽映画。近未来を舞台に、慈善コンサートに出演する伝説的歌手を巡る騒動を、ディランの演奏場面を交えて描く。

監督
ラリー・チャールズ
出演キャスト
ボブ・ディラン ジェフ・ブリッジス ペネロペ・クルス ジョン・グッドマン
2004年

モンスター(2003年)

  • 2004年9月25日(土)公開
  • 出演(Thomas 役)

シャーリーズ・セロンが実在の女性死刑囚に扮し、アカデミー賞主演女優賞を得た話題作。暗い過去を持つ娼婦が、連続殺人鬼という“怪物”に変ぼうをとげた足跡をたどる。

監督
パティ・ジェンキンス
出演キャスト
シャーリーズ・セロン ブルース・ダーン リー・ターゲセン クリスティーナ・リッチ
2002年

グラスハウス

  • 2002年3月16日(土)公開
  • 出演(Begleiter 役)

人気若手女優リリー・ソビエスキー主演のサスペンス・ミステリー。両親からばく大な遺産を相続した姉弟を襲うおぞましい出来事が、美しい海辺の豪邸を舞台に描かれる。

監督
デニエル・サックハイム
出演キャスト
リリー・ソビエスキー ダイアン・レイン ステラン・スカルスゲールド トレヴァー・モーガン
2001年

すべての美しい馬

  • 2001年6月30日(土)公開
  • 出演(Judge 役)

現代アメリカ文学の最高峰と評されるコーマック・マッカーシーの名作を、完全映画化。無邪気な青年が旅を通して“男”へと成長していくさまを、詩情豊かに描きだす感動作だ。

監督
ビリー・ボブ・ソーントン
出演キャスト
マット・デイモン ヘンリー・トーマス ルーカス・ブラック ペネロペ・クルス
1999年

ホーンティング

  • 1999年10月2日(土)公開
  • 出演(Mr. Dudley 役)

怨霊宿る館に集った人々の恐怖を描いたホラー。シャーリー・ジャクソンの恐怖小説の古典『山荘奇談』(邦訳・ハヤカワ文庫)を映画化したロバート・ワイズ監督の63年作「たたり」のリメイクで、監督は「ツイスター」「スピード2」のヤン・デ・ボンがあたった。脚本は新鋭のデイヴィッド・セルフ。製作は「恋は嵐のように」のスーザン・アーノルドとドナ・アーコフ・ロス、「アミスタッド」のコリン・ウィルソン。撮影は「北京のふたり」のカール・ウォルター・リンデンロウブ。音楽は「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」のジェリー・ゴールドスミス。美術は「奇蹟の輝き」のユージニオ・ザネッティ。編集は「プライベート・ライアン」のマイケル・カーン。衣裳は「フェイス/オフ」のエレン・ミロジェニック。視覚効果監修は「スターシップ・トゥルーパーズ」のフィル・ティペットとクレイグ・ヘイズ。特殊効果コーディネーターはジョン・フレイジャー。音響はTHXが導入され、音響編集監修をフランク・E・ユルナー、サウンド・デザインをゲーリー・ライドストロムが担当。出演は「身代金」「I Love ペッカー」のリリ・テイラー、「レ・ミゼラブル」のリーアム・ニーソン、「エントラップメント」のキャサリン・ゼータ=ジョーンズ、「アルマゲドン」のオーウェン・ウィルソン、「ザ・ドライバー」のブルース・ダーン、「ホーム・アローン3」のマリア・セルデス、「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」のヴァージニア・マドセンほか。

監督
ヤン・デ・ボン
出演キャスト
リリ・テイラー リーアム・ニーソン キャサリン・ゼタ・ジョーンズ オーウェン・ウィルソン
1998年

スモール・ソルジャーズ

  • 1998年12月23日(水)公開
  • 出演(Link Static 役)

軍事用のマイクロ・チップを搭載したアクション・フィギュアが、人間相手に大立ち回りを演じるファンタジー・コメディ。監督は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョー・ダンテ。製作総指揮は「ディープインパクト」のウォルター・F・パークス。脚本は『ボディ・チェンジャー』(V)のギャビン・スコット、「マウス・ハント」のアダム・リフキン、「マスク・オブ・ゾロ」のテッド・エリオットとテリー・ロッシオ。撮影は「陪審員」のジェミー・アンダーソン。音楽は「ザ・グリード」のジェリー・ゴールドスミス。出演は「ワグ・ザ・ドッグ ウワサの真相」のキルスティン・ダンスト、フィギュアの声優には「追跡者」のトミー・リー・ジョーンズほか豪華キャストが参加した。

監督
ジョー・ダンテ
出演キャスト
キルスティン・ダンスト グレゴリー・スミス フィル・ハートマン ケヴィン・ダン
1997年

ラストマン・スタンディング

  • 1997年2月8日(土)公開
  • 出演(Ed 役)

対立する二組のギャング組織の抗争の渦中に飛び込んだ男の活躍を描く、ハードボイルド・アクション。黒澤明監督、三船敏郎主演による時代劇の名作「用心棒」(61)を、禁酒法時代の西部の町に舞台を置き換えて忠実にリメイクしている。監督・脚本は「用心棒」に多大な影響を受けたという、「ウォリアーズ」「ジェロニモ」のウォルター・ヒルがあたり、もう一人の敬愛する映画監督サム・ペキンパーにオマージュを捧げたアクション演出が印象的。製作はヒルと「あなたが寝てる間に…」のアーサー・サルキシアン、製作総指揮はサラ・ライシャー、マイケル・デ・ルカ。撮影はロイド・アハーン、美術はゲイリー・ウィスナー、編集はフリーマン・デイヴィス、衣裳はダン・ムーア。ボトルネック・ギターを基調にした音楽は、ヒルの長年のパートナーであるライ・クーダーが担当。主演は「12モンキーズ」のブルース・ウィリス。共演は「ニック・オブ・タイム」のクリストファー・ウォーケン、「潜望鏡を上げろ」のブルース・ダーン、「レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い」のカリーナ・ロンバード、「ライジング・サン」のアレクサンドラ・パワーズ、「クロウ/飛翔伝説」のデイヴィッド・パトリック・ケリー、「エア・アメリカ」のネッド・アイゼンバーグほか。

監督
ウォルター・ヒル
出演キャスト
ブルース・ウィリス クリストファー・ウォーケン ブルース・ダーン カリーナ・ロンバード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブルース・ダーン