映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・ノリス

年代別 映画作品( 1935年 ~ 1958年 まで合計9映画作品)

1958年

平原の待伏せ

  • 1958年12月24日(水)公開
  • 出演(Mapes 役)

米墨戦争中に、アラモの砦にたてこもり、メキシコ軍を迎えうって全滅したアメリカ守備隊の史実をもとに、その砦から抜け出して卑怯者の汚名をきせられた男を主人公とする西部劇。ナイヴン・ブッシュとオリヴァー・クロフォードの原作を「決斗ウエストバウンド」のバッド・ボーティカー監督が映画化した。脚色はスティーヴ・フィッシャーと「黄金を追う男」のダニエル・D・ビューチャンプ。撮影監督は「愛する時と死する時」のラッセル・メティ。音楽はフランク・スキナー。近頃西部劇によく出演する「偽将軍」のグレン・フォード、「全艦発進せよ」のジュリア・アダムスが主演し、「ジャイアンツ」のチル・ウィルスズ、「アリババの復讐」のヒュー・オブライエン、ヴィクター・ジョリー、ネヴィル・ブランド、ジョン・デイ等が助演する。製作アーロン・ローゼンバーグ。

監督
バッド・ベティカー
出演キャスト
グレン・フォード ジュリア・アダムス チル・ウィルス ヒュー・オブライエン
1957年

総攻撃

  • 1957年5月1日(水)公開
  • 出演(Sgt Roy_Henderson 役)

ノルマンディー上陸作戦に従軍した米軍中隊を描く戦記もの。ジョセフ・I・ブリーン・ジュニアの原作をバーナード・ジラードと「全艦発進せよ!」のテッド・シャーデマンが共同脚色、「語らざる男」のリュイス・シーラーが監督した。撮影は「西部の王者 ローン・レンジャー」のエドウィン・B・デュパー、音楽はウィリアム・ラヴァ。主演は「百万弗の人魚」のデイヴィッド・ブライアン、「タランチュラの襲撃」のジョン・エイガー、「死刑か裏切か」のフランク・ラヴジョイ、紅一点として「美しき被告」のスーザン・ダルバート。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
デイヴィッド・ブライアン ジョン・エイガー フランク・ラヴジョイ スーザン・ダルバート

死刑囚に聞け!

  • 1957年3月1日(金)公開
  • 出演(Crage 役)

ハードボイルドのギャング映画。スタンリー・ルービンの原作をネッド・ヤングが脚色、ジャック・バーナードが監督した。撮影ウィリアム・オコンネル、音楽はエドワード・ケイ。主演はエドワード・ノリスにジーン・ギリー。

監督
ジャック・バーナード
出演キャスト
エドワード・ノリス ジーン・ギリー ロバート・アームストロング Harbert Ludley
1952年

明日なき男

  • 1952年7月15日(火)公開
  • 出演(Noyes 役)

「夜歩く男」のブライアン・フォイが製作した犯罪活劇。脚本と監督は「ニューヨークの饗宴」のアンドリュー・L・ストーン、撮影は「真夏の曲線美」のカール・ガスリー、音楽はウィリアム・ラヴァの担当。出演者は「ダラス」のスティーヴ・コクラン、「征服されざる人々」のヴァージニア・グレイ、ギャビー・アンドレ、エドモン・ライアン、ロバート・ウェバーら。1951年作品。

監督
アンドリュー・L・ストーン
出演キャスト
スティーヴ・コクラン ヴァージニア・グレイ ギャビー・アンドレ ロバート・ウェバー
1939年

紅の翼(1939)

  • 1939年当年公開
  • 出演(Speed_Allen 役)

「世紀の楽園」「シカゴ」のアリス・フェイ、「青春問答」「天国漫歩」のコンスタンス・ベネット、「サブマリン爆撃隊」のナンシー・ケリーが主演する映画で、「テスト・パイロット」「潜水艦D1号」の脚本に協力したフランク・ウィードが脚本を書卸し、「煌めく銀星」「天晴れ着陸」のロイ・デル・ルースが監督に当り、「大地」「忘れがたみ」のカール・フロイントが撮影した。助演者は「煌めく銀星」「ジョゼット」のジョーン・デイヴィス、「月光の曲」のチャールズ・ファーレン、「群衆は叫ぶ」のジェーン・ワイマン、「火星地球を攻撃す」のケイン・リッチモンド、「世紀の楽園」のウォーリー・ヴァーノン、「サブマリン爆撃隊」のジョーン・ヴァレリー、「少年の町」のエドワード・ノリスその他である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
アリス・フェイ コンスタンス・ベネット ナンシー・ケリー ジョーン・デイヴィス
1938年

少年の町

  • 1938年当年公開
  • 出演(Joe_Marsh 役)

「テスト・パイロット」「我は海の子」のスペンサー・トレイシーと「海国魂」「我は海の子」のミッキー・ルーニーとが主演する映画で、ドア・シャーリーとエリノア・グリフィンが書下ろしたストーリーを「大都会」のドア・シャーリーとが協力脚色し、「アヴェ・マリア」「五つ児王国」のノーマン・タウログが監督にあたり、「二国旗の下」「人妻日記」のシドニー・ワグナーが撮影したもの。助演者は「グレート・ワルツ」のヘンー・ハルを始め、「群衆は叫ぶ」のジーン・レイノルグ、「フランダースの少年」のフランキー・トーマス、「ステラ・ダラス(1937)」のジミー・バトラー、新顔の子役ボッブス・ワトスン等の子役たち、「情無用ッ」のエドワード・ノーリス、「探偵合戦」のレスリー・フェイトン等の面々である。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ミッキー・ルーニー ヘンリー・ハル レスリー・フェントン
1937年

春に背くもの

  • 1937年当年公開
  • 出演(Dr._Barili 役)

「戦友」のフランチョット・トーン、「ターザンの逆襲」のモーリン・オサリヴァン、「逢瀬いま一度」のヴァージニア・ブルースが主演する映画で、エリッヒ・フォン・シュトロハイムが書き下ろし、フレデリック・ステファニとマリオン・バーソネットが協力脚色し「断乎戦うべし」のジョージ・B・サイツが監督、「15処女街」のジョン・サイツが撮影したもの。助演者は新人レオナード・ペン、「サラトガ」のクリフ・エドワーズ、ジャネット・ビーチャー、ヘレン・トロイ等である。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
フランチョット・トーン モーリン・オサリヴァン ヴァージニア・ブルース レオナード・ペン
1936年

鉄人対巨人

  • 1936年当年公開
  • 出演(Hal_Howard 役)

「男の敵」「二国旗の下に」のヴィクター・マクラグレンが主演する映画で、オーウェン・フランシス作の小説を作者自らルイス・R・フォスター及びバートラム・ミルハウザーと協力脚色し、「大空の地獄」のジョン・G・ブライストーンが監督に当たり、「当たりや勘太」のメリット・B・ガースタッドが撮影した。助演者は「黄金(1936)」のビニー・バーンス、歌手だったウィリアム・ホール、「襤褸と宝石」のジーン・ディクソン、「少年G戦線」のビル・バーラッド及びヘンリー・アーメッタ、「殺人都市」のアン・プレストン、「情無用ッ」のエドワード・ノリスの面々である。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン ビニー・バーンズ ウィリアム・ホール ジーン・ディクソン
1935年

情無用ッ

  • 1935年当年公開
  • 出演(Joe_Martin 役)

ダリル・F・ザナック作品で、「東への道」「模倣の人生」のロチェル・ハドソンを筆頭に、「西班牙狂想曲」のシーザ・ロメロ、「暗黒街全滅」のブルース・キャボット、新顔のエドワード・ノリスが共演する。原作は「民衆の敵」と同じくキュベック・グラスモンが書き卸し、「ムーラン・ルージュ」のヘンリー・レーアマンが潤色、グラスモンが台本を作り、「水兵万歳」「聖林365夜」のジョージ・マーシャルが監督に当たり、「恋のページェント」のバート・グレノンが撮影した。助演は「浮かれ姫君」のエドワード・プロフィー、「輝ける百合」のウォーレン・ハイマー、フランク・コンロイ等である。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
ロチェル・ハドソン セザール・ロメロ ブルース・キャボット エドワード・ノリス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・ノリス