映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリー・ブラッドリー

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1946年 まで合計6映画作品)

1946年

最後の抱擁(1939)

  • 1946年7月公開
  • 出演(The_Minister 役)

「忘れがたみ」に次いでジョン・M・スタールが製作・監督した作品で、ジェームズ・M・ケインの原作を「艦隊を追って」「トップ・ハット」のドワイト・テイラーが脚色したもの。主演社は「生活の喜び」「新婚道中記」のアイリーン・ダンと「歴史は夜作られる」「沙漠の花園」のシャルル・ボワイエで、「俺が法律だ」「ステラ・ダラス(1937)」のバーバラ・オニール、「大空地獄」「三銃士(1935)」のオンスロー・スティーヴンス、「透明光線」「クレイグの妻」のニディア・ウェストマン、「おしゃれ地獄」のフリッツ・フェルド、「わが家の楽園」のネラ・ウォーカー等が助演している。キャメラは「煌めく銀星」「ジョゼット」のジョン・J・メスコールが担当し、音楽はユ社音楽主任のチャールズ・プレヴィンが指揮に当っている。(「明日来りなば」の題で'40年に公開)

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
アイリーン・ダン シャルル・ボワイエ バーバラ・オニール オンスロー・スティーヴンス
1938年

大自然の凱歌

  • 1938年5月5日(木)公開
  • 出演(Gubbins 役)

「黄金(1936)」「罪と罰」のエドワード・アーノルドが主演する映画で、エドナ・ファーバー作の小説を「支那海」のジュールス・ファースマンが「乙女よ嘆くな」のジェーン・マーフィンと協力して脚色し、「バーバリー・コースト」「永遠の職場」のハワード・ホークスと「この三人」「お人好しの仙女」のウィリアム・ワイラーが半々宛監督したものである。助演者は「この三人」のジョエル・マクリー、「愉快なリズム」のフランセス・ファーマー、「バーバリー・コースト」のウォーター・プレナン、庭球選手だったフランク・シーリズ、ゴールド・ウインの新星アンドリア・リーズ、「黒騎士」のマディー・クリスチャンス、「学生怪死事件」のメアリー・ナッシュ等で、撮影は「この三人」のグレッグ・トーランド及び「リリオム」のルドルフ・マテが担当した。

監督
ハワード・ホークス ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
エドワード・アーノルド ジョエル・マクリー フランセス・ファーマー ウォルター・ブレナン
1934年

或る夜の出来事(1934)

  • 1934年当年公開
  • 出演(Henderson 役)

「一日だけの淑女」と同じくスタッフ、監督フランク・キャプラ、脚色ロバート・リスキン、撮影ジョセフ・ウォーカー、に余って製作されたサミュエル・ホプキンス・アダムスの原作を映画化したもの。主役は「夜間飛行」「紅塵」のクラーク・ゲーブルと「ブルースを唄う女」「恐怖の四人」のクローデット・コルベールで、共演に「一日だけの淑女」のウォルター・コノリー、「紅蘭」のジェームスン・トーマス、「海の荒鷲(1933)」のアラン・ヘイル等。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
クラーク・ゲーブル クローデット・コルベール ウォルター・コノリー ジェームスン・トーマス

キャラバン(1934)

  • 1934年当年公開
  • 出演(Priest 役)

「会議は踊る」をものしたエリック・シャレルがフォックスに招かれて監督した音楽映画で、メルシオール・レンギール作の小説を、「極楽特急」「私の殺した男」のサムソン・ラファエルソンが脚色し、「会議は踊る」「FP1号応答無し」のロベルト・リープマンが台本を作成した。主演者は「素晴らしき嘘」に出演したシャルル・ボワイエと「青空天国」のロレッタ・ヤングで、「若草物語(1933)」のジーン・パーカー。「女優ナナ」のフィリップス・ホームス、「不思議の国のアリス(1933)」のルイズ・ファゼンダ、「狂乱の上海」のユージーン・ボーレット、「クリスチナ女王」のC・オーブリー・スミス、「巨人ジョーンズ」のダッドリー・ディグス、チャーリー・グレイブウィン、ノア・ビアリー等が助演している。撮影は「フープラ」「大帝国行進曲」のアーネスト・パーマーと「僕はカウボーイ」「唄へ!踊れ!(1933)」のテオドル・スパークールが共同担当している。作曲及び音楽総指揮は「会議は踊る」のウェルナー・ハイマンが担当した。

監督
エリック・シャレル
出演キャスト
シャルル・ボワイエ ロレッタ・ヤング ジーン・パーカー フィリップス・ホームス

最後の紳士

  • 1934年当年公開
  • 出演(Professor_Schumacker 役)

「ロスチャイルド」に次ぐジョージ・アーリス主演の20世紀映画社作品で、カザリン・クラッグストンが特に書き下ろした物語を「復活(1934)」「花嫁は泣きました」のレナード・プラスキンスが脚色し、「ムーラン・ルージュ」「軟派ガール」のシドニー・ランフィールドが監督に当たり、「バワリイ」「キャバレエの鍵穴」のバーニー・マクギルが撮影している。助演俳優は「林檎の頬」のジャネット・ビーチャー、「立ち上がる米国」「シマロン(1931)」のエドナ・メイ・オリヴァー、「不思議の国のアリス(1933)」のシャーロット・ヘンリー、「ますらを」「力と栄光」のラルフ・モーガン「九番目の客」「絶対の秘密」のエドワード・エリス、「海軍士官候補生(1933)」「怪特急列車」のフランク・アルバートスン、「からくり珍裁判」のドナルド・ミーク、ラファエラ・オッティアノ、ジョセフ・カウソーンという面々である。

監督
シドニー・ランフィールド
出演キャスト
ジョージ・アーリス エドナ・メイ・オリヴァー ジャネット・ビーチャー シャーロット・ヘンリー
1931年

陽気な中尉さん

  • 1931年当年公開
  • 出演(Count_von_Halden 役)

「ラヴ・パレイド」「モンテカルロ」に次ぐエルンスト・ルビッチ監督作品で、レオポールト・ヤコブソン、フェリックス・ドルマン合作の「ワルツの夢」及びハンス・ミュラー作の小説に基づいてエルネスト・ヴァイダとムソン・ラファエルソンが共同して脚色し、「踊り子夫人」「名門芸術」のジョージ・フォルシーが撮影した。作詞及び作曲は「ラヴ・パレイド」と同じくクリフォード・グレイ、オスカー・ストラウスがそれぞれ担当している。主役は「ラヴ・パレイド」「巴里選手」のモーリス・シュヴァリエが演じ、「彼女の名誉」「屠殺者(1930)」のクローデット・コルベール、「彼女の名誉」「女は真っ平(1931)」のチャールズ・ラグルズ、舞台から来たミリアム・ホプキンス、「三太郎大西洋横断」のジョージ・バービア等が助演している。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
モーリス・シュヴァリエ クローデット・コルベール ミリアム・ホプキンス チャールズ・ラグルズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリー・ブラッドリー