映画-Movie Walker > 人物を探す > ギブソン・ゴーランド

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1939年 まで合計17映画作品)

1925年

グリード(1925)

  • 1925年当年公開
  • 出演(McTeague 役)

フランク・ノリス氏作の有名な小説『マックティーグ』を映画化したもので、エリッヒ・フォン・シュトロハイム氏とジューン・メイシス女史とが映画脚色し、「愚なる妻」「アルプス嵐」「悪魔の合鍵」等と同じくフォン・シュトロハイム氏が監督した。主役は「赤熱の十字架」「アルプス嵐」等で端役を演じていたギブソン・ガウランド氏で、「ジョアンの嘆き」等出演のザス・ピッツ嬢と「ステラ・ダラス(1925)」等出演のジーン・ハーショルト氏とが対手役を演じ「愚なる妻」「メアリー・ゴー・ラウンド」等に出演したデイル・フラー嬢を始めチェスター・コンクリン氏、シルヴィア・アッシュトン嬢、ジョーン・スタンディング嬢、オースティン・ジュエル氏等が重要なる役を演ずる。

監督
エリッヒ・フォン・シュトロハイム
出演キャスト
ギブソン・ゴーランド ザス・ピッツ ジーン・ハーショルト チェスター・コンクリン

曠野の妻

  • 1925年当年公開
  • 出演(Ollie 役)

アーサー・ストリンジャー氏作の小説に基づき「嘆きの姫君」「虚栄の市(1923)」等を監督したユーゴ・ボーリン氏が脚色監督した西部人情劇で「美人貧客」「固唾を呑んで」等出演のドロシー・デヴォーア嬢と「恐怖の街」「怪人物」等主演のハーバート・ローリンスン氏が主演し、ギブスン・ガウランド氏、レスリー・スチュアート氏、フランセス・プリム嬢等が助演している。

監督
ユーゴー・ボーリン
出演キャスト
ドロシー・デヴォーア ハーバート・ローリンソン ギブソン・ゴーランド レスリー・スチュアート
1924年

国境の狼

  • 1924年当年公開
  • 出演(Gulden 役)

ゼーン・グレイ氏作の西部物語をジョージ・ハル氏が脚色したものでウィリアム・K・ハワード氏のバ社における第一回監督作品である。主役は「恋と食欲」「南海の情火」等出演のアントニオ・モレノ氏と「女房征服」「単騎突進」等出演のヘレン・チャドウィック嬢でロックリフ・フェローズ氏、ギブソン・ゴウランド氏、チャールズ・オーグル氏等助演。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
アントニオ・モレノ ヘレン・チャドウィック ロックリフ・フェローズ ギブソン・ゴーランド

紅百合

  • 1924年当年公開
  • 出演(La_Ture 役)

「海賊アップルジャック」「ピレネーの情火」に続くフレッド・ニブロ氏監督作品で氏の原作になり、ベス・メレディス女史が脚色した。主役は「ピレネーの情火」「アラブ」等のラモン・ノヴァロ氏、「海賊アップルジャック」「ロビン・フッド(1922)」等のエニッド・ベネット嬢で、その他ウォーレス・ビアリー氏、ローズマリー・セビー嬢等が共演している。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ エニッド・ベネット ウォーレス・ビアリー フランク・カリアー
1921年

美しの踊子

  • 1921年当年公開
  • 出演(Shadow 役)

ドロシー・ブランドン女史作の舞台劇に基づいて、ロバート・N・リー氏が脚色し「海底の銀宝」「戦禍」等と同じくローランド・V・リー氏が監督したもので、主役は「怒号する天地(1925)」「トニー大暴れ」等出演のジャックリン・ローガン嬢と「海底の銀宝」「3悪人」等出演のルー・テリジェン氏が演じ、「ジョアンの嘆き」出演のルオルター・ビジョン氏を始めチャールズ・レーン氏、ギブソン・ガラウンド氏、クロフォード・ケント氏、ジョアン・スタンデイング嬢等が助演している。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ジャクリーヌ・ローガン ルー・テリジェン ウォルター・ピジョン Roy Atwell

女よ幸あれ

  • 1921年当年公開
  • 出演(Michael_LePrin 役)

「ミラクルマン(1919)」続、ジョージ・ロン・タッカーの製作作品で、ジョージの死後発売されたものである。原作はアリス・デュアー・ミラー。タッカーが脚色及び監督をし、主役はベティー・カンプソン、マーロン・ハミルトン、ロバート・エリス、リートリス・ジョーイ等の腕利き揃いである。

監督
ジョージ・ローン・タッカー
出演キャスト
ロバート・エリス マーロン・ハミルトン ベティー・カンプソン リートリス・ジョーイ
1919年

扉の蔭

  • 1919年当年公開
  • 出演(Gideion_Blank 役)

米国通俗小説家グーヴァナー・モーリス氏がコリアース・ウィークリー誌上に載せた復讐譚である。ドイツ系の米人オスカー・クラッグは大戦の始まった頃米国の商船の船長であった。その妻アリスが独艇のため奪い去られてからは、彼の心は底知れぬ憎悪を以て満された。遂に敵の艇長ブラントを捕えて激しい復讐を加えるという痛快な筋である。主役クラッグ船長に扮するのは性格俳優として名声あるホバート・ボスウォース氏、相手役は美しいジェーン・ノヴァック嬢である。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
ホバート・ボスウォース ジェーン・ノヴァック ウォーレス・ビアリー ジェームズ・ゴードン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ギブソン・ゴーランド