映画-Movie Walker > 人物を探す > マーゴ

年代別 映画作品( 1934年 ~ 1963年 まで合計9映画作品)

1963年

浮気の計算書

  • 1963年3月6日(水)公開
  • 出演(Rosa 役)

アレクサンダー・ローズの原作を「ダニー・ケイの替え玉作戦」のジャック・ローズが脚色し、「バターフィールド8」のダニエル・マンが監督したピンク・コメディ。撮影は「バターフィールド8」のジョセフ・ルッテンバーグ、音楽は「ピクニック」のジョージ・ダニング。出演者は「荒野の3軍曹」のディーン・マーティン、「黒い肖像」のラナ・ターナー、「史上最大の作戦」のエディ・アルバート、ニタ・タルボット、マーゴなど。製作は「5つの銅貨」ノジャック・ローズ。

監督
ダニエル・マン
出演キャスト
ディーン・マーティン ラナ・ターナー エディ・アルバート ニタ・タルボット
1958年

向う見ずの男

  • 1958年6月7日(土)公開
  • 出演(Mrs._Bradley 役)

「失われたものの伝説」のヘンリー・ハサウェイ監督がチャールズ・O・ロックの原作を得て作った、罪のない若者が次々と不利な状況を得て恨みを受け追われるという設定の西部劇。脚色は「やさしく愛して」のロバート・バックナーと「眼下の敵」のウェンデル・メイス。撮影は「襲われた幌馬車」のウィルフリッド・M・クライン、音楽は「山」のダニエル・アンフィシアトロフ。主演は「夜を逃れて」のドン・マレイと「青春物語」のダイアン・ヴァーシという異色のキャスト。これを助けて「サンチャゴ」のチル・ウィルス、「ジャイアンツ」のデニス・ホッパー、「現金に体を張れ」のジェイ・C・フリッペン、往年のスター「ルムバ」のマーゴ、ハリー・ケイリー・ジュニア等。製作ロバート・バックナー。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ドン・マーレー ダイアン・ヴァーシ チル・ウィルス デニス・ホッパー
1956年

明日泣く(1955)

  • 1956年5月10日(木)公開
  • 出演(Selma 役)

トーキー初期のミュージカルのスターとして可憐な魅力を銀幕に発散させて人気のあったリリアン・ロスの半生を描いたもの。原作はマイク・コノリーとジェロルド・フランクの共著、脚色は「リリー」「ガラスの靴」のヘレン・ドイッチェとジェイ・R・ケネディ。監督は「バラの刺青」のダニエル・マン。主演は「征服者(1955)」のスーザン・ヘイワードでこの作品でアカデミイ主演女優賞にノミネイトされた。共演は「暴力団(1955)」のリチャード・コンテ。「ローマの休日」のエディ・アルバート。撮影は「ガラスの靴」ノアーサー・E・アーリング、美術も「ガラスの靴」のセドリック・ギボンズ。スーザンが唄う4つの主題歌の編曲及び指揮はチャールズ・ヘンダースン。尚この映画はアカデミー衣装デザイン賞を獲得した。

監督
ダニエル・マン
出演キャスト
スーザン・ヘイワード リチャード・コンテ エディ・アルバート ジョー・ヴァン・フリート
1952年

革命児サパタ

  • 1952年12月24日(水)公開
  • 出演(Soldadera 役)

1911年のメキシコ革命に活躍したエミリアノ・サパタの半生記で、ダリル・F・ザナック製作になる1951年作品。「怒りの葡萄」のジョン・スタインベックが脚本を書き下ろし、「欲望という名の電車」のエリア・カザンが監督した。撮影は「暗黒の恐怖」のジョー・マクドナルド、音楽は「欲望という名の電車」のアレックス・ノースの担当である。主演は「欲望という名の電車」のマーロン・ブランド、「失はれた地平線」のマーゴ、「征服への道」のジーン・ピータースで、以下「血と砂(1941)」のアンソニー・クイン、「探偵物語」のジョセフ・ワイズマン、「セールスマンの死」のミルドレッド・ダンノックらが助演する。

監督
エリア・カザン
出演キャスト
マーロン・ブランド ジーン・ピータース アンソニー・クイン ジョゼフ・ワイズマン
1937年

失はれた地平線(1937)

  • 1937年当年公開
  • 出演(Maria 役)

「或る夜の出来事」「オペラ・ハット」と同じくフランク・キャプラ監督作品でジェームズ・ヒルトン作の同名の小説に基づき右記二映画同様ロバート・リスキンが脚色したものである。キャメラも右記二映画のジョセフ・ウォーカーが主として担当している。主演者は「二国旗の下に」「嵐の三色旗」のロナルド・コールマンで、「令嬢見学」「女は求む」のジェーン・ワイアット、「トップ・ハット」「カリアンテ」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「放送豪華版」のジョン・ハワード、「目撃者(1936)」のマーゴ、「花嫁凱旋」のトーマス・ミッチェル、「嵐の三色旗」のイザベル・ジュウェル、「オペラ・ハット」のH・B・ワーナー、「恋のページェント」のサム・ジャッフェという顔ぶれである。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ロナルド・コールマン ジェーン・ワイアット エドワード・エヴァレット・ホートン ジョン・ハワード
1936年

目撃者(1936)

  • 1936年当年公開
  • 出演(Miriamne 役)

マクスウェル・アンダースン作の舞台劇の映画化で、舞台と同じくバージェス・メレディス、「情熱なき犯罪」「ロビンフッドの復讐」のマーゴ、「ウィーンの再会」「生きているモレア」のエドワード・チアネーリの3人が主演する。脚色には「愛情無限」「女性の反逆」のアンソニー・ヴェイラーが当たり、「ある女の一生」「嵐の国テス」のアルフレッド・サンテルが監督し、「愛の花篭」「三銃士(1935)」のペヴァレル・マーレーが撮影した。助演俳優は「愛情無限」のエドワード・エリス、「特高警察のポール・ギルフォイル、舞台から来たモーリス・モスコヴィッチ、「虎鮫島脱獄」のジョン・キャラディン、「生きているモレア」のスタンリー・リッジス等である。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
バージェス・メレディス マーゴ エドワード・チアネーリ ジョン・キャラダイン

ロビンフッドの復讐

  • 1936年当年公開
  • 出演(Rosita 役)

「その夜の真心」「コブラ・タンゴ」のウォーナー・バクスターが主演する映画で「野性の叫び(1935)」「泰西侠盗傅」のウィリアム・A・ウェルマンが監督したもの。原作はウォルター・ノーブル・バーンズの小説で、監督ウェルマン、俳優のジョセフ・カレイア及びメルヴィン・レヴィーが協力脚色した。助演者は新人アン・ローリング、「情熱なき犯罪」「ルムバ」のマーゴ、「暗黒街全滅」「情無用ッ」のブルース・キャボット、「黒地獄」のJ・キャーロツ・ネイシュ、「噫初恋」のエリック・リンデン、「僕の脱走記」のハーヴェイ・スティーブンス、ソレダッド・ヒメネス、カルロス・デ・ヴァルデス、等である。撮影は「シーコウヤ」のチェスター・ライオンズの担当。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
ワーナー・バクスター アン・ローリング ブルース・キャボット マーゴ
1935年

ルムバ

  • 1935年当年公開
  • 出演(Carmelita 役)

「ラッパは響く」「バワリイ」のジョージ・ラフトが「特急二十世紀」「恋と胃袋」のキャロル・ロンバードを相手に主演する「ボレロ」姉妹達のダンス映画である。原作はガイ・エンドアとシーナ・オウエンが共同して書き下ろし、脚色は「勝利の朝」「仮面の米国」のハワード・J・グリーンが担当し、監督には「三日姫君」「路傍」のマリオン・ガーリングが当たり撮影は「光は野より」のテッド・テズラフが受け持った。助演者は「情熱なき犯罪」のマーゴ、「可愛いマーカちゃん」のリン・オヴァーマン、新人アイリス・エイドリアン、モンロー・オーズリー、ゲイル・パトリック等で、ヴェロスとヨランダが特別出演している。なお振り付けは「唄へ!踊れ!(1933)」のリロイ・プリンツである。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
ジョージ・ラフト キャロル・ロンバード リン・オヴァーマン マーゴ
1934年

情熱なき犯罪

  • 1934年当年公開
  • 出演(Carmen_Brown 役)

「犯罪都市(1931)」「暗黒街の顔役(1932)」「特急20世紀」の共同脚色者ベン・ヘクトとチャールズ・マッカーサーが独立してプロダクションを興しての題1作作品で、2人が競作した小説「法のカバレロ」を、原作者たり、プロデューサーたる両氏が共同して脚色し監督したもの。撮影は「ブタペストの動物園」「上海特急」のリー・ガームスが当たった。主なる出演者は「透明人間」のクロード・レインズ、メキシコ生まれの新人女優マーゴ、ブロードウェイのダンサーたるウィットニー・バーンで、スタンリー・ジェス、ポーラ・トルーマン、エスター・デール等。

監督
ベン・ヘクト チャールズ・マッカーサー
出演キャスト
クロード・レインズ マーゴ ウィットニー・バーン スタンリー・リッジス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マーゴ