TOP > 人物を探す > メイベル・ジュリエンヌ・スコット

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1926年 まで合計11映画作品)

1926年

パリで御難

  • 1926年
  • 出演(Countesa_Pasada 役)

「娘十八運動狂」「馳落相手違い」等と同じくビービー・ダニエルス嬢主演喜劇で、ハンス・バックウィック氏、フリッツ・ハコブシユテツター氏合作の舞台喜劇「ジェニイの逃亡」を映画化したもの。ヘルマン・ジェー・マンキエウィッチ氏とジョン・マクダーモット氏が改作したものをエセル・ドハーティー女史とルイメ・ロング女史が脚色し「吃驚仰天」「ペンキ塗り立て」等と同じくアーサー・ロツソン氏が監督した。共演俳優は「帝国ホテル」「娘十八運動狂」出演のジェームズ・ホール氏と「駄法螺大当たり」「桃色の曲者」等出演のホード・スターリング氏を始め、メイバル・ジュリエンス・スコット嬢、アイリス・スチュアート嬢、トム・リケッツ氏、ヘレン・ダンバー嬢等の良い顔振れである。

監督
アーサー・ロッスン
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ジェームズ・ホール フォード・スターリング アイリス・スチュアート

浮かれ女房

  • 1926年
  • 出演(May_Seymour 役)

ビートリス・バートン女史作の小説に基づいてチャールズ・ローグ氏が脚色し、「吹けよ春風」「白牙に破りて」等と同じくハーマン・C・レイメイカー氏が監督したもので、主役は「特製鋼鉄人形」「裏表七人組」等出演のマリー・プレヴォー嬢と「特製鋼鉄人形」「男は度胸」等出演のマット・ムーア氏でジョン・パトリック氏、メーベル・ジュリエン・スコット嬢、ゲイン・ホィットマン氏、ジョージ・アーヴィング氏等が共演している。

監督
ハーマン・C・レイメイカー
出演キャスト
マリー・プレヴォー マット・ムーア ジョン・パトリック ドン・アルヴァラド
1925年

漂浪の健児

  • 1925年
  • 出演(Mrs._Thorpe 役)

ジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏作の小説をジェイ・ピルチャー氏が脚色し、「鉄拳制裁」「咬み殺すまで」等と同じくデイヴィッド・スミス氏が監督したもので、主役は「ウインダミア夫人の扇」「大盗恋の目覚め」等出演のバート・ライテル氏が演じ相手女優は「鉄拳制裁」「キャプテン・ブラッド」等出演のシャーロット・メリアム嬢でスチュアート・ホームズ氏、メイベル・ジュリエンヌ・スコット嬢、ジエン・ハーロン氏等が助演している。

監督
デイヴィッド・スミス
出演キャスト
バート・ライテル シャーロット・メリアム スチュアート・ホームズ メイベル・ジュリエンヌ・スコット

爆笑七日間

  • 1925年
  • 出演(Anne_Brown 役)

「のんきなおばさん」「離婚希望」等と同じくスコット・シドニー氏が監督したクリスチー長編喜劇でメアリー・ロバーツ・ラインハート女史とエイヴァリー・ホツプウッド氏の合作喜劇を映画化したもの。脚色者はフランク・ローランド・クンクリン氏である。主演者は「黄金の寝床」「珍結婚」等出演のリリアン・リッチ嬢、「汝の母を如何せん」「赤ちゃん万歳」等出演のクレイトン・ヘール氏、「陽気なパリっ子」「ジョーンズの大事件」等出演のリリアン・タッシュマン嬢で、メイベル・ジュリエンヌ・スコット嬢、ハル・クーリー氏、トム・ウイルソン氏、エデイー・グリボン氏、ウィリアム・オースティン氏等が共演している。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
リリアン・リッチ クレイトン・ヘール リリアン・タッシュマン メイベル・ジュリエンヌ・スコット
1924年

新婚の危機

  • 1924年
  • 出演(Bath-Sheba 役)

ケーリー・ウィルソン氏が特に執筆した物語をジョン・リンチ氏とアリス・D・G・ミラー女史とが脚色し「毒煙の都」「危険なる処女時代」等と同じくホバート・ヘンリー氏が監督したもので、「腕自慢」「富に群る者」等種留演のエリナー・ボードマン嬢が「痴人哀楽」「受難のテス」等出演のコンラッド・ネーゲル氏と「三人の女」「奇跡の薔薇」等出演のリュウ・コディー氏と共演している。その他クライド・タックエン・スコット嬢、エドワード・コネリー氏、ミス・デュポン嬢、ジョン・パトリック氏等の素晴らしいオール・スター・キャストである。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル エリナー・ボードマン リュウ・コディー クライド・クック
1923年

阿修羅と猛りて

  • 1923年
  • 出演(Marian_Sangster 役)

ジャック・ロンドン氏の原作の小説からA・P・ヤンガー氏が脚色したもので、監督は「危険なる処女時代」「生の焔」と同じホバート・ヘンリー氏である。「拳闘王」シリーズで名を挙げたレジナルド・デニー氏が主役。相手役は「女は知らず」等主演のメイベル・ジュリエンヌ・スコット嬢である。その他バディ・メッセッジャー君や「拳闘王」にも出たヘイドン・スティーヴンソン氏も主要な役を演じる。デニー氏得意の拳闘大活劇である。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
レジナルド・デニー メイベル・ジュリエンヌ・スコット チャールズ・フレンチ ヘイドン・スティーヴンソン
1922年

虚言の力

  • 1922年
  • 出演(Betty_Hammond 役)

「女は知らず」「我が妻を見よ」等主演のメイベル・ジュリエンヌ・スコット嬢出演ユ社映画である。最近我国にも大分評判の小説家ヨハン・ボーヤー氏の同名の小説をチャールズ・ケニヨン氏が脚色し、「女を征服する力」の監督者ジョージ・アーチェンボード氏が監督した。「盃の内側」出演のデイヴィッド・トーレンス氏、アール・メトカルフ氏、「愚なる妻」のモード・ジョージ嬢、美人ジューン・エルヴィッジ嬢等が共演している。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
メイベル・ジュリエンヌ・スコット デイヴィッド・トーレンス モード・ジョージ Ruby Lafayen Pointner
1921年

妻を愛せ

  • 1921年
  • 出演(Madeline 役)

「嵐を衝つて」を書いたガートルード・アーサートン嬢の原作を、「夫が欺く時」「広き世界へ」等のウォーレス・ウォースリー氏が監督したもので、主役は「女は知らず」「我が妻を見よ」「海の狼(1920)」等出演のメイベル・ジュリエンヌ・スコット嬢、相手はゼンダ城の虜」主演のルイス・ストーン氏、其他ダレル・フォッス氏も出演している。

監督
ウォーレス・ウォースリー
出演キャスト
メイベル・ジュリエンヌ・スコット ルイス・ストーン チャールズ・クラリー Kate Lester

女は知らず

  • 1921年
  • 出演(Fannie_Brandeis 役)

エドナ・ファーバー原作の「ファニー自身」Fanny Herselfを、「法の外(1921)」「スタムブールの處女」などを監督したトッド・ブラウニングが監督した悲劇で、主役には「愛の棚」や「海の狼(1920)」に出演したメイベル・ジュリエンヌ・スコットが扮しそのほか悪役で有名なスチュアート・ホームズ、「法の外(1921)」で老中国人に扮したE・アリン・ウォーレンらが出演する。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
メイベル・ジュリエンヌ・スコット スチュアート・ホームズ ジョン・デイヴィッドソン Grace Marvin
1920年

ジャクリン家の人々

  • 1920年
  • 出演(Guinea_Jucklin 役)

ジョージ・メルフォードが「一網打尽」「我が妻を見よ」に続いて監督製作した作品で、主役は前2映画にも出たメイベル・ジュリエンヌ・スコット。そのほか「アナトール」「陰陽の人」出演のモント・ブルーやチャールズ・オーグルも主要な役を演じている。オピー・リードとオーガスタス・タマス共作の北カロライナの山の中に起こる静かな一篇の田園劇である。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
メイベル・ジュリエンヌ・スコット モント・ブルー ルス・レニック チャールズ・オーグル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > メイベル・ジュリエンヌ・スコット