TOP > 映画監督・俳優を探す > ジャック・ロンドン

年代別 映画作品( 1920年 ~ 2020年 まで合計22映画作品)

2020年

野性の呼び声

  • 2月28日(金)
  • 原作

「ヒックとドラゴン」シリーズのクリス・サンダース監督が初めて実写作品に挑み、作家ジャック・ロンドンの世界的名作小説を映画化したアドベンチャー。厳しくも美しい秘境アラスカを舞台に、地図にない場所を目指して一匹の犬と共に旅をする男の姿を描く。「スター・ウォーズ」シリーズのハリソン・フォードや、『美女と野獣』のダン・スティーヴンスらが出演。

監督
クリス・サンダース
出演キャスト
ハリソン・フォード ダン・スティーヴンス カレン・ギラン オマール・シー

マーティン・エデン

20世紀アメリカ文学の傑作といわれるジャック・ロンドンによる自伝的小説を、イタリアを舞台に蘇らせたヒューマンドラマ。ナポリの貧しい船乗りの青年マーティンは、ある日、ブルジョワ娘エレナに恋したことから文学の世界に目覚め、独学で作家を志すのだが……。主人公マーティンを演じる「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」などのルカ・マリネッリは、本作で2019年ヴェネツィア国際映画祭主演男優賞を受賞。監督は『失われた美』のピエトロ・マルチェッロ。

監督
ピエトロ・マルチェッロ
出演キャスト
ルカ・マリネッリ ジェシカ・クレッシー ヴィンチェンツォ・ネモラート カルロ・チェッキ
1992年

ホワイト・ファング

  • 1992年8月29日(土)
  • 原作

アラスカの大自然を舞台に、少年とホワイト・ドッグの交流を描いたジャック・ロンドンの同名小説の映画化。監督は「ナビゲイター」のランダル・クレイザー、製作は「ブルースが聞こえる」のメアリーケイ・パウエル、エグゼクティヴ・プロデューサーはマイク・ロベルとアンドリュー・バーグマン、脚本はジーン・ローゼンバーグ、ニック・ティール、デイヴィッド・ファロンの共同、撮影は「眺めのいい部屋」のトニー・ピアース・ロバーツ、音楽は「ベルーシ=ブルースの消えた夜」のバジル・ポールドゥリスが担当。

監督
ランダル・クレイザー
出演キャスト
クラウス・マリア・ブランダウアー イーサン・ホーク シーモア・カッセル スーザン・ホーガン
1974年

海の狼(1974)

  • 1974年
  • 原作

海に生きる男の暴力と死、人間性と非人間性をめぐる葛藤を描く海洋映画。製作はアーサー・コーンとウォルター・ウルブリッヒ、監督は「三文オペラ」のヴォルフガング・シュタウテ、脚本はウォルター・ウルブリッヒ、原作はジャック・ロンドン、撮影はアンドレ・ザラ、音楽はハンス・ポセガが各々担当。出演はエドワード・ミークス、ライモンド・ハームストロフ、ブァトリス・カードン、エメリッヒ・シェファー、ペーター・コックなど。

監督
ヴォルフガング・シュタウテ
出演キャスト
エドワード・ミークス ライモンド・ハームストロフ ブァトリス・カードン エメリッヒ・シェファー
1973年

野性の叫び(1972)

  • 1973年3月24日(土)
  • 原作

1896年のゴールド・ラッシュ時代を背景に正義感あふれた男と勇敢なシェパード犬との友情を描いた、アメリカの文豪ジャック・ロンドンの同名小説の映画化。製作はハリー・アラン・タワーズ、監督は「モンテカルロ・ラリー」のケン・アナキン、脚本はピーター・ウェルベック、ウィン・ウェルズ、ピーター・イェルダムの3人。撮影はジョン・カブレラ、音楽はカルロ・ルスティケリ、編集はチャールトン・ヘストン、、レイモンド・ハームストルフ、ジュアン・ルイス・ギャリアルド、ミシェル・メルシェ、ホルスト・ヘウック、フリードヘルム・リーマン、マリア・ローム、リク・バッタリア、ジョージ・イーストマンなど。

監督
ケン・アナキン
出演キャスト
チャールトン・ヘストン ミシェル・メルシェ レイモンド・ハームストルフ フアン・ルイス・ガリアルド
2015年

懲罰大陸★USA

  • 2015年8月29日(土)
  • 出演

「傷だらけのアイドル」で知られ、疑似ドキュメンタリー「The War Game」でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞したピーター・ワトキンスによる1971年の作品。アメリカ政府が危険分子とみなした者たちを人間狩りの標的にするというフェイク・ドキュメンタリー。1971年カンヌ国際映画祭上映作品。

監督
ピーター・ワトキンス
出演キャスト
パトリック・ボランド ケント・フォアマン カーメン・アルジェンツィアノ ルーク・ジョンソン
1989年

ジャック・ジョンソン

  • 1989年6月1日(木)
  • 出演

黒人初のヘビー級チャンピオンとなり、いわれのない人種差別にさらされた伝説のボクサー、ジャック・ジョンソンの生涯を、当時のニューズ・リールで綴ったドキュメンタリー映画。製作はジム・ジャコブス、監督はウィリアム・ケートン、脚色はアル・ボーディアン、撮影はラリー・ガリンジャー、音楽はマイルス・デイヴィスが担当。出演はジャック・ジョンソンほか。ジョンソンの声はブロック・ピーターズがあたっている。

監督
ウィリアム・ケートン
出演キャスト
ジャック・ジョンソン ブロック・ピーターズ Tommy Burns ジャック・ロンドン
1969年

世界殺人公社

  • 1969年5月30日(金)
  • 原作

イギリスの作家ジャック・ロンドンの小説をベースにマイケル・レルフが脚本を書き、「カーツーム」のバジル・ディアデンが監督したコミカルなタッチの冒険劇。撮影はジェフリー・アンスワース、音楽はロン・グレイナーが担当した。美術監督はロイ・スミス、フランク・ホワイト、編集はテディ・ダーバスの担当。出演は「脱走山脈」のオリヴァー・リード、テレビ出身のダイアナ・リグ、「特攻大作戦」のテリー・サヴァラス、「ロード・ジム」のクルト・ユルゲンスほか。製作は脚本執筆しているマイケル・レルフ。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
オリヴァー・リード ダイアナ・リグ テリー・サヴァラス クルト・ユルゲンス
1948年

海の狼(1941)

  • 1948年11月
  • 原作

「まごころ」のアイダ・ルピノ、「赤い家」のエドワード・G・ロビンソン、「四人の姉妹」のジョン・ガーフィールド、「我が道を往く」のバリー・フィッツジェラルド、「世界の母」のアレクサンダー・ノックス等が共演する映画で、ジャック・ロンドン作の小説をロバート・ロッセンが脚色し、「カサブランカ」「カンサス騎兵隊」のマイケル・カーティズが監督、「三人姉妹(1942)」のソル・ポリートが撮影した。音楽はエリック・ウォルフガング・コーンゴールドが作曲。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
アイダ・ルピノ エドワード・G・ロビンソン ジョン・ガーフィールド アレクサンダー・ノックス
1939年

真紅の森

  • 1939年
  • 脚本

「平原児」「北半球SOS」のチャールズ・ビックフォードと「幽霊西へ行く」「テキサス決死隊(1936)」のジーン・パーカーが主演するもので、ジャック・ロンドンの原作をマイケル・シモンズが脚色し「医者の日記」「死の警告」のチャールズ・ヴィダーが監督、アレン・G・シーグラーが撮影した。助演者は新顔のゴードン・オリヴァーを始め、パット・オマリー、アラン・ブリッジ、アン・シューメイカー、ロイド・ヒューズ等である。

監督
チャールズ・ヴィダー
出演キャスト
チャールス・ビックフォード ジーン・パーカー ゴードン・オリヴァー アラン・ブリッジ

関連ニュース

マーティンは作家として成功するも、そこにあるのは虚しさだった…
“ホアキン版ジョーカー”を抑えて男優賞を受賞した、『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリの魅力 10月4日 19:45

貧しい労働者階級の青年が文学に目覚め、作家を目指す姿を描く『マーティン・エデン』(公開中)。本作で主演を務めたのは、イタリアはローマ出身の俳優、ルカ・マリネッリ。独学で底辺から高みへ上り詰めようとする主人公を熱演し、20…

アメリカを代表する作家、ジャック・ロンドンのベストセラー冒険小説を映画化した8度目(!)の作品『野性の呼び声』
今回で8度目!?ビッグネームに映画化されてきた冒険小説「野性の呼び声」とは? 3月1日 17:15

後世に残る名作小説なら、何度映像化されても不思議ではない。そんな数ある作品の中でも、驚くべき回数を誇る冒険小説が、最新映画が公開中の「野性の呼び声(原題:The Call of the Wild)」だ。 ■100年以…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジャック・ロンドン

ムービーウォーカー 上へ戻る