TOP > 人物を探す > エド・ブラディー

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1933年 まで合計17映画作品)

1933年

コングの復讐

  • 1933年
  • 出演(Red 役)

「キング・コング(1933)」の続編で同じスタッフによって製作されたものである。主役も同じくロバート・アームストロングで、「わたしのすべてを」のヘレン・マックを始め、フランク・レイチャー、ジョン・マーストン、ヴィクター・ウォン等が助演している。わが国では松井翠声が日本語で解説を加えた日本語版として提供される。

監督
アーネスト・B・シューザック
出演キャスト
ロバート・アームストロング ヘレン・マック フランク・ライヘル ジョン・マーストン
1932年

ナイトクラブの女

  • 1932年
  • 出演(Bill 役)

「たそがれの女」「犯罪都市(1931)」のアドルフ・マンジュウが主演する探偵映画で、原作はアンソニー・アボットの有名な探偵小説である。これを「狂乱のアメリカ」「アリゾナ(1931)」のロバート・リスキンが脚色し、「シスコ・キッド(1931)」「モダーン西部王」のアーヴィング・カミングスが監督に当たり「米国の暴露」「アリゾナ(1931)」のテッド・テズラフが撮影した。助演者は「南海の劫火(1932)」「蜃気楼の女」のスキーツ・ギャラガー、「海賊(1931)」のメイヨ・メソット、新進のルーセルマ・スティーヴンス、「街の風景」のグレタ・グランステット、ブランシュ・フレデリシ、アルバート・コンティ、ジェラルド・フィールディング、エド・ブラディー等である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ メイヨ・メソット スキーツ・ギャラガー ルーセルマ・スティーヴンス
1931年

砂漠の怪盗

  • 1931年
  • 出演(Beaver 役)

「鉄腕ジョーンズ」と同じくバック・ジョーンズが主演する西部劇で、「荒馬スモーキィ」の脚色者スチュアート・アンソニーが原作脚色し、「断崖の砲火」のルイ・キングが監督し、「南方の騎士」のテッド・マッコードが撮影している。助演者は「蛇魂」のバーバラ・ベッドフォード、ダグラス・ギルモア等である。

監督
ルイ・キング
出演キャスト
バック・ジョーンズ バーバラ・ベッドフォード ダグラス・ギルモア アル・スミス
1930年

都会の女

  • 1930年
  • 出演(Reaper 役)

F・W・ムルナウ氏のフォックス社に於ける最後の作品で「四人の悪魔」に次いで監督されたもの。エリオット・レスター氏作の舞台劇「泥亀」に基いて「四人の悪魔」と同じくベルトールド・フィアテル氏とマリオン・オース女史が共同脚色し、原作者レスター氏が台白を執筆した。キャメラ及びセットは共に「四人の悪魔」「河(1928)」のアーネスト・パーマー氏、ハリー・オリヴァー氏がそれぞれ担任している。発声版は前5巻が全伴奏附き後3巻が全発声となっている。主役は「幸運の星」「河(1928)」のチャールズ・ファーレル氏と「河(1928)」「四人の悪魔」のメアリー・ダンカン嬢で、助演俳優はデイヴィッド・トーレンス氏、エディス・ヨーク夫人、ドーン・オデイ嬢、マージョリー・ビーブ嬢、ディック・アレクサンダー氏等である。発声版8巻、無声版10巻。

監督
フレデリック・ウィルヘルム・ムルナウ
出演キャスト
チャールズ・ファーレル メアリー・ダンカン デイヴィッド・トーレンス エディス・ヨーク
1928年

与太捕物記

  • 1928年
  • 出演(Ritzy_Dalton 役)

「棚からぼた餅」「浮気天国」等と同じくチャールズ・マレイ氏主演の劇で、ジュリエン・ジョセフソン氏が執筆した物語をヴァーノン・スミス氏が脚色し、「与太成功記」「長屋騒動パリの巻」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督したもの。助演者は「棚からぼた餅」「アンクル・トムス・ケヴィン」のルシェン・リツルフィールド氏、「馬鹿騒ぎ」「感激の泉」のドリス・ドーソン嬢、「足で蹴る恋」「燃ゆる復讐」のチャールズ・デラニー氏等でエド・プレンディー氏、アギー・ヘリング嬢、ヨーラ・ダヴリル嬢も出演している。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
チャールズ・マレイ ルシアン・リトルフィールド チャールズ・デラニー ドリス・ドーソン

ハロルド・ティーン

  • 1928年
  • 出演(Officer_Axel_Dewberry 役)

カール・エドの有名な学生漫画「ハロルド・ティーン」を映画化したもので主役ハロルドには数多のユニヴァーサル短編喜劇及び「曲者待った」に主演したアーサー・レイクが特に招待されて扮した。「怪我騒動」「気まぐれ女優」を脚色したトム・ジェラティーが台本を執筆し「高速度娘ジャズの巻」「万事円満」のマーヴィン・ルロイ氏が監督「ウィリーリバー」「愛欲の絆」のアーネスト・ホーラーが撮影したもの。助演者は「君恋し」「青春狂想曲」のメアリー・ブライアン「高速度娘蕾の巻」「同ジャズの巻」等のアリス・ホワイトを始め、ジャック・ダフィー、ルシアン・リトルフィールド、ジャック・イーガン、ウィリアム・ベイクウェル等。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
アーサー・レイク メアリー・ブライアン ルシアン・リトルフィールド ジャック・ダフィー

大北の掟

  • 1928年
  • 出演(Paddy 役)

「任侠の勇士」「高原の騎士」に次ぐケン・メイナード氏主演西部劇で、ベネット・コーエン氏が書卸した台本によつて、メイナード作品「曲馬王」「蕃地征服」をものしたハリー・J・ブラウン氏が監督したもの。相手役は「岡惚れハリー」「女権拡張」出演のグラディス・マッコネル嬢が勤め、J・P・マッゴワン氏、エド・ブラディー氏、ドット・ファーレイ嬢、ジョセフ・ジラード氏等が助演し、ターザン號が活躍していること例の通り。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
ケン・メイナード グラディス・マッコネル エド・ブラディー J・P・マッゴワン

獄中日記

  • 1928年
  • 出演(Seth_McMillan 役)

「熱血ボクシング手」「最後の一蹴」に次いで製作されたリチャード・バーセルメス氏主演映画で、ウィラード・マック氏がH・H・ヴァン・ローン氏と合作した舞台劇に基いて「ゴリラ(1927)」と同じくジェームズ・T・オドノヒュー氏が脚色し、「痛ましの親心」「笑う門には福来る」等をものしたジョン・フランシス・ディロン氏が監督したものである。バーセルメス氏を助けて新進のリナ・バスケット嬢「ソレルとその子」「不良老年」等出演のアリス・ジョイス嬢、「僧房に咲く花」「ドン・ファン(1926)」等出演のモンタギュー・ラヴ氏等が出演している。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
リチャード・バーセルメス モンタギュー・ラヴ リナ・バスケット セルマ・トッド
1927年

与太奮戦記

  • 1927年
  • 出演(Captain_Kashluff 役)

「喧嘩友達」「長屋騒動成り金物語」等出演のチャーリー・ムーリー氏と「甘い親爺」「お前とならば空までも」等出演のジョージ・シドニー氏とが共演した戦争喜劇で、フランク・グリフィン氏が原作を書き、ハンプトン・デル・ルース氏が脚色し、デル・ルース氏と共にマック・セネット喜劇の監督だったデル・ロード氏が監督したものである。助演俳優は「ペンキ塗り立て」出演のナタリー・キングストン嬢を初めとしてジョン・コルブ氏、マックス・アッシャー氏、ニナ・ロマノ嬢等である。

監督
デル・ロード
出演キャスト
ジョージ・シドニー チャーリー・マレイ ナタリー・キングストン ジョン・コルブ
1924年

彼女の払った償

  • 1924年
  • 出演(Deputy_Sheriff 役)

デイヴィッド・グラハム・フィリップス氏の小説に基づき、ユ社の連続を数多く監督したヘンリー・マックレイ氏が監督したもの。主役は「女性の敵」主演のアルマ・ルーベンス嬢、「砂漠の星影」等出演のフランク・メイオ氏で母の虚栄が年若い娘を苦しめる経路を描いた社会劇である。

監督
ヘンリー・マックレイ
出演キャスト
アルマ・ルーベンス フランク・メイオ ユージェニー・ベッセラー ウィリアム・ウェルチ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > エド・ブラディー