映画-Movie Walker > 人物を探す > ルイズ・ドレッサー

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1937年 まで合計31映画作品)

1937年

セイルムの娘

  • 1937年公開
  • 出演(Ellen 役)

「二国旗の下に」「花嫁の感情」のクローデット・コルベールと「テキサス決死隊(1936)」「丘の一本松」のフレッド・マクマレイが主演する映画で、「二国旗の下に」「カヴァルケード」のフランク・ロイドのパラマウントに於ける第1回監督作品である。原作は「コブラ・タンゴ」の脚色者ブラッドリー・キングが書き卸し、キング女史が自らウォルター・フェリス及びダーウォード・グリンステッドと協力脚色した。助演者は「風雲児アドヴァース」のゲイル・ソンダーガード、「僕の脱走記」のハーヴェイ・スティーブンス、「恋のページェンシー」のルイズ・ドレッサー、「テキサス決死隊(1936)」のエドワード・エリス及びベニー・バートレット、「この三人」のボニタ・グランヴィル、「丘の一本松」のビューラー・ボンティ、ヴァージニア・ワイドラー、ドナルド・ミーク、その他である。カメラは「花嫁の感情」のレオ・トーヴァーの担当である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
クローデット・コルベール フレッド・マクマレイ ハーヴェイ・スティーブンス ゲイル・ソンダーガード
1934年

彼女の家出

  • 1934年公開
  • 出演(Mrs. Hanson 役)

「心の緑野」「流れる青空」と同じくジャネット・ゲイナー主演映画で、「あめりか祭」「水兵万歳」のリュウ・ルー・エイヤースが共演するもの。原作はシグリッド・ボー作の小説で「メリイ・ウイドウ(1934)」「キャラバン」のサムソン・ラファエルソンが脚色し「フープラ」「大帝国行進曲」のフランク・ロイドが監督に当たり「心の緑野」「あめりか祭」のハル・モーアが撮影した。助演者は「模倣の人生」のネッド・スパークス、「流れる青空」のウォルター・コノリー、「恋のページェント」のルイズ・ドレッサー、新人G・P・ハントリー・ジュニア、アストリッド・オルウィン、シグ・ルーマン、ジョン・クェーレンその他である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー ルー・エイヤース ネッド・スパークス ウォルター・コノリー

恋のページェント

  • 1934年公開
  • 出演(Empress_Elizabeth 役)

「恋の凱歌」に次ぐマルシーネ・ディートリッヒ主演映画で「ブロンド・ヴィナス」「上海特急」のジョセフ・フォン・スタンバーグが監督したもの。マムエル・コムロフ編集のカテリナ二世の日記を素材として脚色したものでフォン・スタンバーグが脚色に当たった。撮影は「ブロンド・ヴィナス」「勝利の朝」のバート・グレノンの担当である。助演は「若草物語(1933)」のジョン・デイヴィス・ロッジ、「復活(1934)」のサム・ジャッフェ、「ゆりかごの唄」のルイズ・ドレッサー、「クレオパトラ(1934)」のC・オーブリー・スミス、「紅蘭」のルーセルマ・スティーヴンス、「風雲の支那」のギャヴィン・ゴードンその他である。

監督
ジョセフ・フォン・スタンバーグ
出演キャスト
マルレーネ・ディートリッヒ ジョン・デイヴィス・ロッジ サム・ジャフェ ルイズ・ドレッサー

世界は進む

  • 1934年公開
  • 出演(Parocees_von_Gerhardt 役)

「肉弾鬼中隊(1934)」「戦争と母性」と同じジョン・フィードの監督作品で、「カヴァルケード」「心の緑野」の脚色を行ったレジナルド・バークレイが原作並びに脚本を書いた。主演するのは「空襲と毒ガス」のマデリーン・キャロルと「ダンシング・レディ」「南風」のフランチョット・トーンとの2人で、これを助けて「昨日」「肉弾鬼中隊(1934)」のレジナルド・デニー、舞台俳優のシグ・ルーマン、「巨人ジョーンズ」「地獄の市長」のダッドリー・ディグス、「心の緑野」「歓呼の嵐」のステピン・フェチット、「空中レヴュー時代」「素晴らしき人生」のラウル・ルーリエン、その他、ルイズ・ドレッサー、ラムスデン・ヘーア、ジョルジェット・ロード、ラッセル・シンプソン、等多数に出演している。撮影は「ヤング・アメリカ」「戦争と母性」と同じくジョージ・シュナイダーマンの担任である。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
マデリーン・キャロル フランチョット・トーン レジナルド・デニー シグ・ルーマン
1933年

あめりか祭

  • 1933年公開
  • 出演(Melissa_Frake 役)

「オーヴァ・ザ・ヒル」「十三号室の女」のヘンリー・キングが監督した映画で「嵐の国のテス(1932)」「第一年」のジャネット・ゲイナー、「親爺は若い」「愉快な武士道」のウィル・ロジャース、「楽園の大河」「蹴球大学」のルー・エイヤース、「軟派ガール」「つばさの天使」のサリー・アイラース、「処女読本(1932)」「私重役様よ」のノーマン・フォスター、「ビール万歳」のルイズ・ドレッサー、舞台俳優のフランク・クレイヴン、ヴィクター・ジョリーという素晴らしいキャストである。原作はフィル・ストングが執筆し、「嵐の国のテス(1932)」「農園のレベッカ」のソニア・レヴィーンと「暁の耕地」のポール・グリーンが共同脚色した。撮影は「第一年」「嵐の国のテス(1932)」のハル・モーアの担当である。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー ウィル・ロジャース ルー・エイヤース サリー・アイラース

ビール万歳

  • 1933年公開
  • 出演(Bill_Hoffman 役)、出演(Emma_Hoffman 役)

「絶対の秘密」「七万人の目撃者」のラルフ・マーフィーが監督した映画で、「千万ドルの醜聞」の共作者ジーン・タウンとグレアム・ベイカーの第2回オリジナル・ストーリーを「絶対の秘密」の台詞執筆者ケイン・ロビンソンが脚色し、「千万ドルの醜聞」「絶対の秘密」の脚色者ウィラード・マックが台詞を書いた。出演者は「地下の雷鳴」「死の航空路」のチャールズ・ビックフォード、「犯罪都市(1931)」のメアリー・ブライアン、「山猫酒場」のルイズ・ドレッサー、「愛に叛く者」のジーン・ハーショルト、「待ちかねる処女」のアンディ・デヴァイン、「四十二番街」のジョージ・E・ストーン、「裏町」のジョージ・ミーカー、ジュリー・ヘイドン等で、撮影は「競馬天国」「爆走する悪魔」のヘンリー・シャープの担任。

監督
ラルフ・マーフィー
出演キャスト
チャールス・ビックフォード ルイズ・ドレッサー ジーン・ハーショルト メアリー・ブライアン

ゆりかごの唄

  • 1933年公開
  • 出演(Mother_Prioress 役)

「制服の処女」「黒衣の処女」のドロテア・ヴィーク渡米第1回主演映画でG・M・マルティメス・シエラ作の戯曲を、ニューヨークの劇作家マーク・コネリイが改作し、「ジェニイの一生」「彼女の用心棒」のフランク・パートスが「百万円貰ったら」のロバート・スパークスと共同して台本を作り、「鷲と鷹(1933)」の監督補助をしたミッチェル・ライゼンが、ニナ・モリズを助手として監督にあたり、「戦場よさらば」「恋の手ほどき(1933)」のチャールズ・ラングが撮影している。助演者は劇界から入って処女出演のイヴリン・ヴェネブルを始め、「鷲と鷹(1933)」「深夜の紳士」のサー・ガイ・スタンディング、「ビール万歳」のルイズ・ドレッサー、「坊やはお休み」のガートルード・マイケル、「恋の手ほどき(1933)」のニディア・ウェストマン、「明暗二人女」のケント・テイラー等が助演している。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
ドロテア・ヴィーク イヴリン・ヴェネブル サー・ガイ・スタンディング ルイズ・ドレッサー
1931年

踊る姉妹

  • 1931年公開
  • 出演(Mrs._Ramsey 役)

ハワード・ウォーレン・カムストックの舞台劇から「愉快な武士道」のウィリアム・コンセルマンが脚色し台詞を付し、シーモア・フェリックスが監督した映画で、出演者の顔ぶれは「山猫酒場」のルイズ・ドレッサー、「バッド・ガール」のミナ・ゴンベル、「忘れじの面影(1930)」のジョビナ・ハウランド、「アナベル情事」の老ウィリアム・コリアー、スタンリー・スミス、バーバラ・ウィークス。キャメラは「怪探偵張氏」のジョージ・シュナイダーマンが担当である。

監督
シーモア・フェリックス
出演キャスト
ルイズ・ドレッサー ミナ・ゴンベル ジョビナ・ハウランド ウィリアム・コリアー・シニア

山猫酒場

  • 1931年公開
  • 出演(Calamity_Jane 役)

「タッチ・ダウン」「砲煙」のリチャード・アーレンと「キャバレーの秘話」のルイズ・ドレッサーが共演する映画で、アグネス・ブランド・リーとキーン・トンプソンの二人がストオリイを書き下ろし、脚色したものに基づき、「征服群」「砲煙」のエドワード・スローマンが監督し、「影を売る男」「夜霧の女」のチャールズ・ラングが撮影に当たった。助演者は「アメリカの悲劇」「青春来る(1931)」のフランセス・ディー、「珍暗黒街」のトム・ケネッデー、マーティン・バートン、マーシャ・マナース、ガイ・オリヴァーなどである。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
リチャード・アーレン ルイズ・ドレッサー フランセス・ディー トム・ケネディー
1930年

三人姉妹(1930)

  • 1930年公開
  • 出演(Marta 役)

ジョージ・ブルックスと「キャバレーの秘話」「クリスティナ」のマリオン・オースとが合作したストーリーからジョージ・ブルックスと「黒時計連隊」のジェームズ・マクギネスとが脚色し、「ディキシー歌舞曲」「ダニューブ河の漣」のポール・H・スローンが監督したもので撮影は「鉄骨エロ騒動」「心許すな殿方に」のL・ウィリアム・オコンネル。主なる出演者は「母ぞよく知る」「キャバレーの秘話」のルイズ・ドレッサー、「最後の一人」のケネス・マッケンナ、「最敬礼」「友愛天国」のジョイス・コンプトン、「ハッピイ・デイス」「南海の薔薇」のトム・パトリコア、アディー・マックフォールなどである。

監督
ポール・H・スローン
出演キャスト
ルイズ・ドレッサー トム・パトリコラ ケネス・マッケンナ ジョイス・コンプトン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルイズ・ドレッサー