映画-Movie Walker > 人物を探す > ラルフ・グレイヴス

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1934年 まで合計29映画作品)

1934年

濁流(1934)

  • 1934年当年公開
  • 原作、台詞

「キャバレエの鍵穴」と同じくローウェル・シャーマンが監督に当たった20世紀映画で「死の航空路」のラルフ・グレイヴスが自らの原作を潤色して台詞を書き、マリスン・ジェコブスが脚色したもの。主演者は「ロスチャイルド」「キャラバン」のロレッタ・ヤングと、「三日姫君」「接吻とお化粧」のケーリー・グラントで、子役ジャッキー・ケルク「ウィーンの再会」「舗道の雨」のヘンリー・トラヴァース「白衣の騎士」のラッセル・ホプトン、「乾杯の唄」のハリー・ブリーン、アンドリュー・トームス、マリオン・バーンズ、ポール・ハーヴェイ等が助演している。撮影は「キャバレエの鍵穴」「バワリイ」のバーニー・マクギルの担当。

監督
ローウェル・シャーマン
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ケーリー・グラント ジャッキー・ケルク ヘンリー・トラヴァース
1932年

暴露新聞

  • 1932年当年公開
  • 脚色

エミル・ゴーヴロー執筆の小説から「大飛行船」のラルフ・グレイヴスが改作し、ロバート・キースが脚色し「楽園の大河」「蹴球大学」のラッセル・マックが監督にあたり、「新聞街の殺人」「魔人ドラキュラ」のカール・フロイントが撮影した映画で、主なる出演者は「氷原の彼方」「ボルネオの東」のチャールズ・ビックフォード、「リリオム」」「ボルネオの東」のローズ・ホバート、「彼女の名誉」のバット・オブライエン、クローディア・デル、J・ファーレル・マクドナルド、ハリー・ベレスフォードなどである。

監督
ラッセル・マック
出演キャスト
チャールス・ビックフォード ローズ・ホバート パット・オブライエン クローディア・デル

戦時特派員

  • 1932年当年公開
  • 出演(Franklyn_Bennett 役)

「大飛行船」「空の王者」と同じくジャック・ホルトとラルフ・グレイヴスが共演する映画で、キート・トンプスンが書き下ろした物語を「たそがれの女」「大飛行船」のジョー・スワーリングが脚色し、「恐怖の甲板」「爆笑隊従軍記」のポール・H・スローンが監督にあたり、ベンジャミン・H・クラインが撮影している。助演者は「空の王者」「六月十三日の夜」のライラ・リーを始め、駒井哲、ヴィクター・ウォング等である。

監督
ポール・H・スローン
出演キャスト
ジャック・ホルト ラルフ・グレイヴス ライラ・リー Wu Sun

僕の武勇伝

  • 1932年当年公開
  • 出演(Mr._Randall 役)

「チャンプ(1931)」「スキピイ」のジャッキィ・クーパーが主演する映画で、ウィリアム・ジョンストン作の物語「リンピイ」Limpyを「夜歩きパリ雀」「ニュウムーン」と同じくフランク・バトラーとシルヴィア・サルバーグが共同脚色し、「燃ゆる海原」「南方の放浪者」のハリー・ポラードが監督、「キューバの恋唄」「印度の寵児」のハロルド・ロッソンが撮影した。助演者は「都会の世紀末」のチック・セールを始め、「希望の星」「大飛行船」のラルフ・グレイヴス、「少年時代」のドロシー・ピーターソン、「ビッグ・トレイル」のアンディー・シューフォード、オスカー・アッフェル、ヘレン・パーリッシュ、ドナルド・ヘインズ等である。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
ジャッキー・クーパー チャールズ・チック・セール ラルフ・グレイヴス ドロシー・ピーターソン

若き血に燃ゆる頃

  • 1932年当年公開
  • 出演(Coach_Malcolm 役)

「マタ・ハリ」「印度の寵児」のラモン・ノヴァロが主演する映画で、「メリケン押切帳」「裸一貫(1931)」のサム・ウッドが監督したもの。原作はフランシス・ウォーレスで、ロバート・リー・ジョンソンとアーサー・S・ハイマンが改作し、「キューバの恋唄」のC・ガードナー・サリヴァンがウォルトン・ホール・スミスと共同して脚色して台詞をつけた。キャメラは「太平洋爆撃隊」「秘密の6」のハロルド・ウェンストロムの担当である。助演者は「印度の寵児」「狂へる銀翼」のマッジ・エヴァンス、「男子入用」「鉄窓の女」のユーナ・マーケル、「大飛行船」「希望の星」のラルフ・グレイヴス、「狂へる銀翼」「蜘蛛の怪」のジョン・アーレッジ、フランク・アルバートソン、ケイン・リッチモンド、マーサ・スリーパー、ヘンリー・アーメッタ、ロックリフ・フュロウズ、フェリケ・ポロス等である。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ マッジ・エヴァンス ウナ・マーケル ラルフ・グレイヴス
1931年

ブロードウェイの西

  • 1931年当年公開
  • 原作

ラルフ・グレイヴス・とメレディスが合作したストーリーからジーン・マーキーが撮影台本を書き上げ、台詞を付し、「暗黒街に踊る」「夜歩きパリ雀」のハリー・ボーモンが監督し、「あけぼの」「運命の兄弟」のメリット・B・ガースタッドが撮影した映画で、「運命の兄弟」「パリの魔人」のジョン・ギルバート、「大西洋横断」「感激の怒濤」のロイス・モーラン、「印度の寵児」のマッチ・エヴァンス、「脱走兵」のラルフ・ベラミー、「各国の女」のエル・ブレンデル、グウェン・リー、ヘッダ・ホッパー等が主演している。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
ジョン・ギルバート エル・ブレンデル ロイス・モラン マッジ・エヴァンス

太平洋爆撃隊

  • 1931年当年公開
  • 台詞

「大飛行艦隊」「大飛行船」と同じくアメリカ海軍少佐フランク・ウィードが書卸したストーリーを、ハーヴェイ・ゲイツとマルコム・スチュアート・ボイランが共同脚色し、「秘密の6」「大飛行艦隊」のジョージ・ヒルが監督し、「秘密の6」「惨劇の波止場」のハロルド・ウェンストロムが撮影したものである。主役は「チャンプ(1931)」「秘密の6」のウォーレス・ビアリーと「秘密の6」「暗黒街に踊る」のクラーク・ゲーブルで、「ニューヨークの歩道」「燃ゆる海原」のクリフ・エドワーズ、「印度の寵児」のコンラッド・ネーゲル、「假染の唇」のマージョリー・ラムボー、「ゴルフ狂時代」のドロシー・ジョーダン、「暴露戦術」のマリイ・ブレヴォー等が助演している。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー クラーク・ゲーブル コンラッド・ネーゲル ドロシー・ジョーダン

大飛行船

  • 1931年当年公開
  • 出演(Frisky_Pierce 役)

「サブマリン」「空の王者」と同じくフランク・キャプラが監督し、ジャック・ホルトとラルフ・グレイヴスとが主演するコロンビアの超特作品で、米国海軍少左F・W・ウィードの原作に基づいて、ジョー・スワーリングが改作して台詞をつけ「サブマリン」「ドノヴァン」のドロシー・ハウエルが台本を製作した。キャメラはジョー・ウィルバーとエルマー・ダイヤーの擔當である。助演者は「沈黙の犯罪」「野蛮な紳士」のフェイ・レイ、「悪魔の日曜日」「サアド・アラアム 警笛間を衝く」のホバート・ボスウォース、ロスコー・カーンス、ハロルド・グッドウィン、クラレンス・ミューズ等である。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ジャック・ホルト ラルフ・グレイヴス フェイ・レイ ホバート・ボスウォース
1930年

有閑夫人

  • 1930年当年公開
  • 出演(Jerry 役)

ミルトン・H・グロッパーの原作をハリー・コーンが脚色し、「空の王者」「大飛行船」のフランク・キャプラが監督したもので、主なる出演者は「大飛行船」「空の王者」のラルフ・グレイヴス、「夜の看護婦」「禁断の華」のバーバラ・スタンウィック、「夜霧の女」「忍びよる心」のジュリエット・コンプトン、「タラック将軍」のローウェル・シャーマン、「運命の兄弟」のマリー・プレヴォー、ナンス・オニール、ジョージ・フォーセットでカメラは「空の王者」のジョーゼフ・オーガストが担任。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック ラルフ・グレイヴス ローウェル・シャーマン マリー・プレヴォー
1929年

空の王者

  • 1929年当年公開
  • 原作、出演(Lefty_Phelpes 役)

サブマリンと同じくコノンビア会社の特作品で本映画に出演の俳優ラルフ・グレイヴス氏の原作を元に「サブマリン」「闇を行く」のフランク・キャプラ氏が監督し並びに会話をつけたもので、主演者は「サブマリン」「ドノヴァン」のジャック・ホルト氏、「大飛行艦隊」「サブマリン」のラルフ・グレイヴス氏「愛の曳綱」のライラ・リー嬢の3人で、他にアラン・ロスコー氏、ハロルド・グッドウィン氏、ジミー・デ・ラ・クルーヅ氏が助演している。キャメラはジョー・ウォーカー、エルマー・ダイヤー、ジョー・ノヴァックの3氏が担任。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ジャック・ホルト ライラ・リー ラルフ・グレイヴス アラン・ロスコー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ラルフ・グレイヴス