映画-Movie Walker > 人物を探す > ドリス・シュローダー

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1951年 まで合計20映画作品)

1921年

フランス娘

  • 1921年当年公開
  • 脚本

マリー・プレヴォーの第3回作品でルイズ・ウィンタースの原作、ドリス・シュローダーの脚色、ジョージ・L・コックスが監督になった人情喜劇である。ジョージ・ペリオラット、バートラム・グラスビー、ジョージ・フィッシャーらが出演している。

監督
ジョージ・L・コックス
出演キャスト
マリー・プレヴォー メイ・ブッシュ ジョージ・ペリオラット リリアン・ローレンス

乱暴娘

  • 1921年当年公開
  • 脚本

ハミルトン・トムズンの原作をドリス・シュローダーが脚色し、デイヴィッド・カークランドが監督した人情劇で、主役はグレイディス・ウォルトンである。グレイディスの相手は「短いスカート」と同様ジャック・モワーである。

監督
デイヴィッド・カークランド
出演キャスト
Rex Roselli Anna Hernandez グラディス・ウォルトン C. B. Murphy

嵐の夜

  • 1921年当年公開
  • 脚色

クララ・ルイズ・バーナム女史の原作、ドリス・シュローダー女史脚色、ウィリアム・ウォーシントン氏監督、エディス・ロバーツ嬢主演の人情劇で、対手役はエドモンド・バーンズ氏である。

監督
ウィリアム・ウォーシントン
出演キャスト
エディス・ロバーツ ジョセフ・シングルトン ジョセフ・スウィッカード メイ・ウェルス

短いスカート

  • 1921年当年公開
  • 脚色

アリス・ティルズレー女史の原作を、ドリス・シュローダー女史が脚色し、「南国の花」等と同じくハリー・ハーリス氏の監督、グラディス・ウォルトン嬢の主演になった人情劇である。珍しくジャック・モワー氏が敵役にまわっている。少女から成人期に入ろうとする女の心理を描いたものである。

監督
ハリー・B・ハーリス
出演キャスト
グラディス・ウォルトン エナ・グレゴリー ジャック・モワー Jean Hathaway

怜悧な性

  • 1921年当年公開
  • 脚色

「激流」「北方の狼」主演のエヴァ・ノヴァク嬢主演の人情劇で、フレッド・ルローイ・グランヴィル氏の監督になったものである。『一貫した筋と言うものがなく、ただ偶然の出来事から成り立っているが、柔身ある気分を出しているし、スターの性格が愉快なので観客をひきつけることができよう』とニュース誌は評している。

監督
フレッド・ルローイ・グランヴィル
出演キャスト
エヴァ・ノヴァク Frank Braidwood Geoffrey Webb Mayre Hall
1920年

雨中の娘

  • 1920年当年公開
  • 脚本

「彼女の選びし道」で可憐な芸風を示したアン・コーンウォール嬢の出演劇で、ヴァリック・ヴァナーディー氏の原作に成った人情劇である。監督は「運命(1919)」「新生」「落日の山道」等と同じくローリン・スタージョン氏である。コーンウォール嬢の対手としてロイド・ベーコン氏とジェサリン・ヴァン・トランプ嬢の新顔の人々が出演して居る。

監督
ローリン・スタージョン
出演キャスト
ロイド・ベーコン アン・コーンウォール ジェサリン・ヴァン・トランプ ジェームズ・ファーレー

彼女の選びし道

  • 1920年当年公開
  • 脚本

ユ社の新花形アン・コーンウォール嬢が第1回の特作映画で、「クロンダイクのカーメン」「懐かしのケンタッキー(1919)」その他に出演したエドワード・コクソン氏が共演しその他キャスリーン・オコンナー嬢、ダマール・ゴドウスキー嬢、クレアー・アンダースン嬢等の美しい女優が出演している。監督は新進のフィリップ・E・ローゼン氏。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
アン・コーンウォール キャスリーン・オコンナー エドワード・コクソン クレア・アンダーソン

東京の妖婦

  • 1920年当年公開
  • 脚本

青木鶴子嬢の第三回ユ社映画で、ノーマン・ドーン氏の監督である。原作はグウェンドリン・ローガン女史で、ドリス・シュローダー女史が脚色したもの、鶴子嬢の対手はジャック・リヴィングストーン氏と、「鞍上の勇者」出演のペギー・ピアース嬢等である。

監督
ノーマン・ドーン
出演キャスト
青木鶴子 ジャック・リヴィングストーン 木野五郎 藤田東洋

金色の夢

  • 1920年当年公開
  • 脚色

カーメル・マイアース嬢のユ社復帰第2回目の作品で、「妖婦か処女か」よりも以前の作品である。第1回の「胡蝶を追いて」と同様キャサリン・レスター・ロビンス女史の原作、ドリス・シュローダー女史の脚色、対手は新顔のトーマス・チャタートン氏である。

監督
ローリン・スタージョン
出演キャスト
カーメル・マイヤース トーマス・チャタートン Elsa Lorimer Zola Cllaire
1919年

恐怖の瞬間

  • 1919年当年公開
  • 脚本

製作当時輸入されなった作品である。ケネス・B・クラークの原作をドリス・シュローダーが脚色し、「吹雪の道」「三銃士(1921)」などに出演のジョージ・シーグマンが監督する探偵劇で、主役は青鳥時代に鳴らしたケネス・ハーラン。相手役としてヘレン・ジェローム・エディーが出演する。

監督
ジョージ・シーグマン
出演キャスト
ケネス・ハーラン ヘンリー・バロウズ Willis Marks Edna Shipman
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドリス・シュローダー