映画-Movie Walker > 人物を探す > ドリス・シュローダー

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1951年 まで合計20映画作品)

1951年

西部の挑戦

  • 1951年4月21日(土)公開
  • 脚本

主演のダンカン・レナルドとレオ・カリーロ、及び全スタッフが「アリゾナ無宿」と全く同じのシスコ・キッド・シリーズ1949年作品。即ち製作フィリップ・N・クラスン、監督ウォーレス・フォックス、脚本ドリス・シュローダー、撮影アーネスト・ミラー、音楽監督アルバート・グラッサー。助演者はアルミダ「我が心の歌(1942)」、ジョゼフ・ソウヤア「二重生活」。

監督
ウォーレス・フォックス
出演キャスト
ダンカン・レナルド レオ・カリーロ アルミダ ジョセフ・ソーヤー
1935年

西部の旋風

  • 1935年当年公開
  • 原作、脚色

「疾風無敵男」と同じくクラレンス・E・マルフィールドのカシディー物の映画化で、同じくウィリアム・ボイド、ジミー・エリソン主演、ハワード・ブレザートン監督、アーチー・スタウト撮影、ドリル・シュローダー脚色(ジェラルド・ジェラティと協力)になるもの。助演者は、ジーン・ルーヴェロル、ジョージ・ギャビー・ヘイス、ハリー・ワース、フランク・マクグリン、ハワード・ラング等。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
ウィリアム・ボイド ジミー・エリソン ジーン・ルーヴェロル ジョージ・ギャビー・ヘイス
1924年

水塔の西

  • 1924年当年公開
  • 脚色

1923年に出版されたホーマー・クロイ氏原著の小説を、ルシエン・ハバードシが書き改め、ドリス・シュローダー女史が脚色し、「神とその女」「運命(1919)」等と同じくローリン・スタージョン氏が監督したもの。主役は「活動のマートン」のグレン・ハンター氏、「駅馬車(1925)」のアーネスト・トーレンス氏「キック・イン」のメイ・マカヴォイ嬢等で、その他にもジョージ・フォーセット氏、ザス・ピッツ嬢等が出演している。

監督
ローリン・スタージョン
出演キャスト
グレン・ハンター メイ・マカヴォイ アーネスト・トーレンス ジョージ・フォーセット
1923年

最後の一人迄(1923)

  • 1923年当年公開
  • 脚色

かつてウィリアム・ファーナムのフォックス映画の原作を数多く提供したので有名なゼーン・グレイの最近の小説を、ドリス・シュローダーが脚色し、「無法者の掟」「悪魔の眠る時」等と同じくヴィクター・フレミングが監督をした。主役は「爆音千里」「四つの顔の女」等出演のリチャード・ディックスと、「返り咲く花」等出演のロイス・ウィルソン。その他ノア・ビアリー、ロバート・エディソン、フランク・キャムポウ等の老練なところが共演している。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
リチャード・ディックス ロイス・ウィルソン ノア・ビアリー ロバート・エディソン

懐しの谿

  • 1923年当年公開
  • 脚色

[最後の一人迄(1923)」「荒野の放浪者」等と同じくゼーン・グレイの書いた小説で、これをドリス・シュローダーとエドフリッド・A・ビンガムが脚色し、「無法者の掟」「アンナの昇天」等と同じくヴィクター・フレミングが監督したもので、主役は「最後の一人迄(1923)」「椰子の葉蔭」等出演のリチャード・ディックス、「返り咲く花」等出演のロイス・ウィルソンで、「荒野の放浪者」のマージョリー・ドウ、「一時間六十仙」のリカルド・コルテス等が共演する。例によっての活劇である。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
リチャード・ディックス ロイス・ウィルソン マージョリー・ドゥ ノア・ビアリー
1922年

踊り疲れて

  • 1922年当年公開
  • 脚本

シー・エス・モンテインの原作をドリス・シュローダーが脚色し、「試練の鉄火」を監督したホバート・ヘンリー氏が監督した喜活劇で、マリー・プレヴォーの主演。「剛勇ジャック」などに出演のエドワード・ハーンが共演している。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
マリー・プレヴォー エドワード・ハーン ハル・クーリー ベティー・フランシスコ

可愛い悪魔(1922 Badger)

  • 1922年当年公開
  • 脚本

ミルドレッド・コンシダインの原作を、ドリス・シュローダーが脚色し、「紐育踊子」を監督したクラレンス・G・バッジャーが監督したマリー・プレヴォー劇で、「野に咲く花」のロバート・エリスや、「巴里の驚異」のジャック・ペリンが出演する。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
マリー・プレヴォー ジャック・ペリン ロバート・エリス Anderson Smith
1921年

欺かれた恋

  • 1921年当年公開
  • 原作、脚色

ルシエン・ハバード氏とドリス・シュローダー女史が共同で原作及び脚色し、ユ社の監督となったキング・バゴット氏が第1回の作品で、主役はカーメル・マイアース嬢である。ウァールド誌は「この映画を成功させた2つの明らかなことは監督の優秀なことと、持ち役にぴったり適合した俳優が使ってある。」と評している。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
カーメル・マイヤース ジョージ・ウィリアムス アラン・フォレスト ジョン・デイヴィッドソン

薄氷を踏む女

  • 1921年当年公開
  • 脚本

J・U・キージーおよびウィリアム・クレイトンの合作を、ドリス・シュローダーが脚色し、「鉄拳娘」と同じくダラス・M・フィッツジェラルドが監督した人情喜劇で、グラディス・ウォルトンが主役。ヘイウォード・マック、エディ・グリッボン、ハラム・クーリーらが相手役である。

監督
ダラス・M・フィッツジェラルド
出演キャスト
グラディス・ウォルトン エディ・グリッボン ヘイウォード・マック ハロルド・ミラー

男嫌ひ女嫌ひ

  • 1921年当年公開
  • 脚本

マリー・プレヴォーの第2回目のユ社映画である。監督は第1回の「月光の夢」と同じくキング・バゴットである。ローイ・クレメンツの原作をドリス・シュローダーが脚色した。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
マリー・プレヴォー Helen Harris Vernon Snively P. Henry Grey
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドリス・シュローダー