TOP > 映画監督・俳優を探す > ゴスタ・スティーヴンス

年代別 映画作品( 1936年 ~ 1952年 まで合計4映画作品)

1939年

一夜かぎり

  • 1939年12月23日(土)
  • 脚本

イングリッド・バーグマンのスウェーデン時代の出演作品。

監督
グスタフ・モランデル
出演キャスト
エドウィン・アドルフソン オルフ・サンドボルイ イングリッド・バーグマン
1952年

別離(1939)

  • 1952年12月11日(木)
  • 原作

「風と共に去りぬ」のデイヴィッド・O・セルズニックが1939年に製作した恋愛ドラマで、監督は「コルシカの兄弟」のグレゴリー・ラトフ。原作は瑞典で映画化(バーグマン主演)されたゴスタ・スティーヴンスとグスタフ・モランダーのシナリオで、ジョージ・オニールが米国版に脚色しなおした。撮影は「魅惑」の故グレッグ・トーランド、音楽は「トム・ソーヤの冒険」のルイス・フォーブスの担当。主演は「白い恐怖」のイングリッド・バーグマン(渡米第1回)と、「風と共に去りぬ」の故レスリー・ハワード(この作品の共同製作者)で、ドナ・ベスト(「鉄のカーテン」)、セシル・ケラウェイ、(「ジェニーの肖像」)、ジョン・ハリデイ、アン・トッド(「情熱の友」)らが助演する。

監督
グレゴリー・ラトフ
出演キャスト
レスリー・ハワード イングリッド・バーグマン エドナ・ベルト ジョン・ハリデイ
1938年

女の顔(1938)

  • 1938年
  • 脚本

フランスの劇“Il etait une fois”の映画化。41年には、アメリカのMGMで再映画化されている。その時のアンナ役はジョージ・クーロフォード、トルシュテン役はコンラート・ファイトで、ジョージ・クーカーが監督に当たっていた。

監督
グスタフ・モランデル
出演キャスト
イングリッド・バーグマン ヨールイ・リンデベルイ
1936年

間奏曲(1936)

  • 1936年
  • 脚本、原作

大女優イングリッド・バーグマンの若き日の主演作。この映画をセルズニック・プロのストーリー・エディターだったキャサリン・ブラウンが見て、セルズニックにバーグマンを推薦。セルズニックは彼女をアメリカに招いて七年契約を結び、第一作としてこの作品のリメイクを39年に製作し、大ヒット。日本では「別離」のタイトルで公開された。それによりバーグマンは一躍、注目されることとなった。

監督
グスターヴ・モランデル
出演キャスト
イングリッド・バーグマン エスタ・エクマン ハンス・エクマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ゴスタ・スティーヴンス

ムービーウォーカー 上へ戻る