映画-Movie Walker > 人物を探す > マリア・デ・メディロス

年代別 映画作品( 1991年 ~ 2007年 まで合計7映画作品)

2007年

わが幼少時代のポルト

  • 2007年12月15日(土)公開
  • 出演(ミス・ディアボ 役)

「夜顔」のマノエル・ド・オリベイラ監督が、美しい故郷ポルトでの少年時代を回想する自伝的物語。主人公をオリベイラ監督の孫が演じるほか、オリベイラ自身も俳優役で出演。

監督
マノエル・デ・オリヴェイラ
出演キャスト
ジョルジ・トレパ リカルド・トレパ マリア・デ・メディロス マノエル・デ・オリヴェイラ
2004年

ぼくセザール 10歳半 1m39cm

  • 2004年7月31日(土)公開
  • 出演(Chantal Petit 役)

少年セザールの日常と小さな冒険を描く、仏発のきらめく青春物語。学校や家族、大人のナゾ、友情や恋を、少年の等身大の視線からユーモラスに語る快作だ。

監督
リシャール・ベリ
出演キャスト
ジュール・シトリュック ジョセフィーヌ・ベリ マボ・クヤテ マリア・デ・メディロス
2003年

死ぬまでにしたい10のこと

  • 2003年10月25日(土)公開
  • 出演(美容師 役)

残りわずかな人生を前向きに生きようとする23歳の女性の決意を見すえた人間ドラマ。悲劇の中に希望を見出そうとするヒロインに扮したサラ・ポーリーの繊細な演技が胸を打つ。

監督
イザベル・コイシェ
出演キャスト
サラ・ポーリー マーク・ラファロ スコット・スピードマン レオノール・ワトリング
2002年

私家版

  • 2002年3月公開
  • 出演(Nancy Pickford 役)

 仏推理小説大賞に輝く同名小説を原作にした知的ミステリー。“書物の贋作”作りを得意とする編集者が30年前の恨みを晴らそうと、小説を利用して復讐劇を繰り広げる。(リバイバル上映)

監督
ベルナール・ラップ
出演キャスト
テレンス・スタンプ ダニエル・メズギッシュ マリア・デ・メディロス ジャン・クロード・ドレフュス
1994年

ゴールデン・ボールズ

  • 1994年12月3日(土)公開
  • 出演(Marta 役)

女を手玉に取り、のし上がろうとする男の出世と欲望、そして挫折を描いたドラマ。監督は「ハモンハモン」「ルルの時代」のビガス・ルナ。製作は同作や「ベルエポック」のアンドレス・ビセンテ・ゴメス、脚本は「ハモンハモン」のクーカ・カナルスとルナ、撮影は「ベルエポック」のホセ・ルイス・アルカイネ、音楽は「フィオリーレ 花月の伝説」のニコラ・ピオヴァーニが担当。出演は「ハモンハモン」のハビエル・バルデム、これが映画デビューとなるエリザ・トゥアテイ、「パルプ・フィクション」のマリア・デ・メディロス、「アマンテス 愛人」のマリベル・ベルドゥーほか。

監督
ビガス・ルナ
出演キャスト
ハビエル・バルデム エリザ・トゥアテイ マリア・デ・メディロス マリベル・ベルドゥー

パルプ・フィクション

  • 1994年10月8日(土)公開
  • 出演(Fabienne 役)

アメリカの低級犯罪小説であるパルプマガジン的なストーリーをコンセプトに殺し屋たちの話を3つの物語が交錯するように語られるコメディあり、ヴァイオレンスありのドラマ。監督・脚本は「レザボア・ドッグス」で監督デビューし、「トゥルー・ロマンス」やオリヴァー・ストーンの「ナチュラル・ボーン・キラーズ」の原案を手がけているクエンティン・タランティーノ。製作は「レザボア・ドッグス」「キリング・ゾーイ」などのローレンス・ベンダー。撮影はポーランド出身で「レザボア・ドッグス」でアメリカ映画界に進出したアンジェイ・セクラ。編集は「天と地」「レザボア・ドッグス」のサリー・メンケ。美術は「エル・ノルテ 約束の地」でアカデミー賞にノミネートされ、同じく「レザボア・ドッグス」からのスタッフであるデイヴィッド・ワスコ。主演は「キャリー」「サタデー・ナイト・フィーバー」「ベイビー・トーク」シリーズのジョン・トラヴォルタ、「ダイ・ハード」「虚栄のかがり火」のブルース・ウィリス、そして「危険な関係」「ヘンリー&ジューン 私が愛した男と女」「カウガール・ブルース」のユマ・サーマン。ほかに、「星の王子ニューヨークに行く」「モ'・ベター・ブルース」「ジュラシック・パーク」のサミュエル・L・ジャクソン、「コックと泥棒、その妻と愛人」「ゴッホ」「レザボア・ドックス」のティム・ロス、そして「ミーン・ストリート」「アリスの恋」「レザボア・ドッグス」「ピアノ・レッスン」「バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト」などに出演しているベテラン、ハーヴェイ・カイテル。94年カンヌ国際映画祭パルム・ドール賞受賞。

監督
クエンティン・タランティーノ
出演キャスト
ジョン・トラヴォルタ サミュエル・L・ジャクソン ユマ・サーマン ハーヴェイ・カイテル
1991年

ヘンリー&ジューン 私が愛した男と女

  • 1991年1月15日(火)公開
  • 出演(Anais_Nin 役)

無名時代の作家ヘンリー・ミラーとその妻ジューン、そして人妻のアナイス・ニンの3人の奇妙に屈折した愛のかたちをニン自身の著作を基に描いたラブ・ストーリー。監督は「存在の耐えられない軽さ」のフィリップ・カウフマン、息子のピーターが製作を担当、脚本はカウフマンと夫人のローズの共同、撮影はフィリップ・ルースロ、音楽はジャン・ピエール・ルー。出演はフレッド・ウォード、マリア・ディ・メディルシュほか。

監督
フィリップ・カウフマン
出演キャスト
フレッド・ウォード ユマ・サーマン マリア・デ・メディロス リチャード・E・グラント
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マリア・デ・メディロス