映画-Movie Walker > 人物を探す > アルバート・グラン

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1932年 まで合計22映画作品)

1932年

快走艇

  • 1932年当年公開
  • 出演(Van_Vrinken 役)

「メリケン押切帳」「裸一貫(1931)」と同じくウィリアム・ヘインズが主演する映画でE・J・ラスの原作に基づき「特集社会面」「支配する声」のバイロン・モーガンが「キートンの歌劇王」のラルフ・スペンスと共同して脚色し、「僕の武勇伝」「燃ゆる海原」のハリー・ポラードが監督に当たり、「太平洋爆撃隊」「若き血に燃ゆる頃」のハロルド・ウェンストロムが撮影したものである。助演者は「若き血に燃ゆる頃」「戦く幻影」のマッジ・エヴァンスを始め「太平洋爆撃隊」「マデロンの悲劇」のクリフ・エドワーズ、「コンゴ」「印度の寵児」のコンラッド・ネーゲル、「海底マラソン」のアーサー・バイロン、「お気に召すまま」のウォーバートン・ギャンブル、アルバート・グラン、ケネス・トンプソン等という顔ぶれである。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ マッジ・エヴァンス コンラッド・ネーゲル アーサー・バイロン
1931年

餓鬼娘

  • 1931年当年公開
  • 出演(The_Bishop 役)

「河上の別荘」「大海の底」と同じくジョン・フォードが監督する作品で原作はモード・フルトンの筆になる舞台劇、それを「リリオム」のS・N・ベールマンを「我が心の歌(1930)」「リリオム」のソニア・レヴィーンの二人が映画劇に書き改めた。主演者は「天下無敵」「マイク」のサリー・オニールで、舞台出のアラン・ダインハート、「愉快な武士道」「繁昌娘」のフランク・アルバートソン、「河上の別荘」「大海の底」の老ウィリアム・コリヤー、チャップリンに見いだされて「街の灯」に出演したヴァージニア・チェリル、「おしゃれ牧場」のジューン・コリアー、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド、マーガレット・マンが助演。カメラは「妾は貴方のものなのよ」「速成成金」のジョセフ・オーガストが担当である。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
サリー・オニール アラン・ダインハート フランク・アルバートソン ウィリアム・コリアー・シニア

近代エロ双紙

  • 1931年当年公開
  • 出演(Lionel_Reich 役)

「リオ・リタ」「愛の訪れ」のビーブ・ダンエルス、「青春の夢(1929)」のベン・ライオン、「ビッグ・ハウス」のルイス・ストーンが主演する映画で、チャールズ・ケニヨンが書き下ろし台詞を付したストーリーをもとに「スパイ(1930)」「ブロードウェイ黄金時代」のロイ・デル・ルースが監督し、「スパイ」「地獄の一丁目」と同じくチック・マッギルが撮影にあたったもの。助演者は「アパートの殺人」のナタリー・ムーアヘッド、ジョーン・ブロンデル、アルバート・グラン、ヴァージニア・セールなどである。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ベン・ライオン ルイス・ストーン ジョーン・ブロンデル

連隊の花形

  • 1931年当年公開
  • 出演(General_de Villefranche 役)

ヴィクター・ハーバート歌曲、ヘンリイ・ブラッサム作詩なるミュジカル・プレイから「千万長者」「緑の女神」のジュリアン・ジョーゼフスン、「恋の大分水嶺」のポール・ペレスの二人が共同脚色し、「君知るやわが悩み」「便利な結婚」のウィリアム・A・サイターが監督し、「女学生の日記」「市街」のリー・ガームスがクランクした映画、主なる出演者は「浮気成金」「女が第一」のバーニス・クレイヤー始めとし、「恋の勝馬」のエドワード・エヴァレット・ホートン、ウォルター・ピジョン、「おしゃれ牧場」のジューン・コリアー、フランク・マクヒュー。「陽炎の春」のクロード・ギリングウォーター等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
バーニス・クレヤー エドワード・エヴァレット・ホートン ウォルター・ピジョン ジューン・コリアー
1930年

青春倶楽部(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Martin_Bascomb 役)

「恋愛行進曲」「青春の幻想」と同じくチャールズ・バディー・ロジャースとナンシー・キャロルが主演する映画で、B・G・デシルヴァ、リュー・ブラウン、レイ・ヘンダーソン三氏がローレンス・シュウォブと共作したミュージカル・コメディーに基づいて、シュウォブがパ社脚本部から監督者に昇進したロイド・コリガンと共同して脚色並びに監督したもの。助演者は原作舞台劇に出演したゼルマ・オニール、ジャック・ヘイリーを始め、「極楽島」満員「喰人島征服」のユージーン・パレット、「浮気天国」「ネバダ男」のセルマ・トッド、アルバート・グラン等で、カメラは「放浪の王者(1930)」「令嬢暴力団」のヘンリー・ジェラードがチャールズ・ボイルと共同担任した。

監督
ローレンス・シュウォブ ロイド・コリガン
出演キャスト
チャールズ・バディー・ロジャース ナンシー・キャロル ゼルマ・オニール ジャック・ヘイリー

駄法螺成金

  • 1930年当年公開
  • 出演(James_Livingston 役)

「恋愛行進曲」「君恋し」「楽屋行進曲」のハリー・グリーン氏が主役を勤める映画で、ジョー・スワーリング氏とエドワード・G・ロビンソン氏が合作した舞台喜劇を「三週間」「崩るる天地」のサム・ミンツ氏とヴァイオラ・ブラザース・ショーア女史とが改作し、マリオン・ディックス女史が台本をものし、「情熱の砂漠」「嵐に咲く花」のエドワード・スローマン氏が監督した。助演者は「ヴァージニアン(1929)」「君恋し」のメアリー・ブライアン嬢、「撮影所殺人事件」「三週間」のニール・ハミルトン氏、「曲線悩まし」「壁の穴(1929)」のデイヴィッド・ニュウエル氏、舞台での喜劇俳優として有名なリー・コールマー氏及びヘンリー・フィンク氏、「第七天国(1927)」のアルバート・グラン氏等で、キャメラは「希望の船」「モダン十戒」のアルフレッド・ギルクス氏が担当している。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ハリー・グリーン メアリー・ブライアン ニール・ハミルトン デイヴィッド・ニュウェル

貰い児紛失事件

  • 1930年当年公開
  • 出演(Mr._Overback 役)

「尖端一目惚れ」「恋多き女」のダグラス・フェアバンクス・ジュニア氏が主演する映画で、フロイド・デル氏とトーマス・ミッチェル氏合作の舞台劇を「僕の幸運日」「飛入り婿君」のグラディス・レーマン女史が脚色し、「娘喜べ水兵上陸」「スキナーの昇給」のウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が監督した。助演者は「踊る娘達」「ブロードウェイ・メロディー」のアニタ・ペイジ嬢、「尖端脚化粧」「最後の先駆者」のサリー・ブレーン嬢、「ハニー」のザス・ピッツ嬢、「店曝しの天使」のロスコー・カーンス氏、新進のジョーン・マーシュ嬢、スリム・サマーヴィル氏、アルバート・グラン氏、マートル・ステッドマン嬢等で、キャメラは「恋の行末」「ネル・ギン」のロイ・オヴァボー氏がクランクしている。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス・ジュニア アニタ・ペイジ サリー・ブレーン ザス・ピッツ
1929年

尖端脚化粧

  • 1929年当年公開
  • 出演(Mr._Reynolds 役)

「ストリート・ガール」で端役を勤めて認められたエキストラのジューン・クライド嬢が抜擢されて一躍主役を演ずる映画で、「ハロルド・ティーン」「曲者待った」のアーサー・レイク氏と「躍る曲線美」「最後の先駆者」のサリー・ブレーン嬢が相手役を勤め、「四人の息子(1928)」「巴里酔語」のアルバート・グラン氏「マネキンの夢」「彼女は戦に行く」のエドモンド・バーンズ氏、「巨人」「サブマリン」のドロシー・レヴィア嬢、「ナイト・パレード」のアン・ペニントン嬢等が助演するミュージカル・プレイである。ジョージ・ハル氏の原作により「タキシー十三号」「恋のサーカス」のマーシャル・ニーラン氏が監督し、「ストリート・ガール」「錯覚恋愛」のレオ・トーヴァー氏が撮影したもの。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ジューン・クライド アーサー・レイク サリー・ブレーン Allen Kearns

ブロードウェイ黄金時代

  • 1929年当年公開
  • 出演(Blake 役)

「恋の勝馬」「紐育狂想曲」のロイ・デル・ルース氏監督作品で、故エイヴァリー・ホップウッド氏原作の舞台劇を「評判女候補者」「犠牲」のロバート・ロード氏が脚色したものである。主演者はミュージカル・コメディー界の人気女優ナンシー・ウェルフォート嬢とウィニー・ライトナー嬢及び「白蛾は舞う」「からくり四人組」のコンウェイ・タール氏で、「ハッピイ・デイス」「流行の寵児」のアン・ペニントン嬢、「マンハッタン・カクテル」「恋愛運動場」のリリアン・タッシュマン嬢、「高速度娘恋愛合戦」「西部戦線異状なし」のウィリアム・ベイクウェル氏、ヘレン・フォスター嬢、アルバート・グラン氏、リー・モーラン氏、ニック・ルーカス氏等が助演している。キャメラは「ノアの箱船」「恋の勝馬」のバーニー・マクギル氏と「放浪の王者(1930)」「レッドスキン」のレイ・レナハン氏が担当している。総テクニカラーの歌舞映画である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ナンシー・ウェルフォート コンウェイ・タール ウィニー・ライトナー アン・ペニントン
1928年

パリ酔語

  • 1928年当年公開
  • 出演(Willouhgby_Quinby 役)

「婦人に御給仕」「セレナーデ」「情炎夜曲」等を作ったハリー・ダバディー・ダラー氏のフォックス入社第一回作品で、ジョン・トーマス(4)氏の小説を映画化したもの。ダグラス・Z・ドーティー氏が脚色した。主役は「蛮婚崇拝」「闇より光へ」主演尾メアリー・アスター嬢と「三人」のマット・ムーア氏との二人で、それを助けて「四人の息子(1928)」のアルバート・グラン氏、「グッド・バイ・キッス」のサリー・アイラース嬢、「情炎夜曲」のアルバート・コンティ氏、ジョスリン・リー嬢、ヒュー・トレヴァー氏、等が主演する。

監督
ハリー・ダバディー・ダラー
出演キャスト
メアリー・アスター マット・ムーア ジョスリン・リー サリー・アイラース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アルバート・グラン