映画-Movie Walker > 人物を探す > ロイ・ダルシー

年代別 映画作品( 1925年 ~ 1932年 まで合計15映画作品)

1932年

シャーロック・ホームズ(1932)

  • 1932年当年公開
  • 出演(Hanuel_Lopez 役)

「第一年」「国境の狼」のウィリアム・K・ハワードが監督した映画で、アーサー・コナン・ドイル作の物語によって、パール・ホワイト主演の連続映画の脚色者と知られたバートラム・ミルハウザーが脚色した。主役はパラマウント映画「シャーロック・ホームズ(1929)」に主演したクライヴ・ブルックが勤め、英国劇壇から来た新進のミリアム・ジョーダンが相手役で、「男性の血潮」「メリケン押切帳」のアーネスト・トーレンス、「戦く幻影」「令女学」のアラン・モーブレイ、レジナルド・オーウェン、ハワード・リーズ、スタンレー・フィールズ、ハーバート・マンディン、ロイ・ダルシー等が助演。キャメラは「街の風景」「地獄のサーカス」のジョージ・バーンズの担任である。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
クライヴ・ブルック ミリアム・ジョーダン アーネスト・トーレンス レジナルド・オーウェン
1929年

黒時計連隊

  • 1929年当年公開
  • 出演(Rewa_Ghunza 役)

「名物三羽烏」「血涙の志士」と同じくジョン・フォード氏が監督したヴィクター・マクラグレン氏主演映画で、タルポット・マンディ氏原作の物語を「港々の女難想」「青春万歳(1928)」のジョン・ストーン氏が脚色した。撮影は「名物三羽烏」「美人国二人行脚」のジョセフ・オーガスト氏が担任している。助演俳優は「太平洋横断」「純情無敵」のマーナ・ローイ嬢、「青春万歳(1928)」「モダーン三銃士」のデイヴィッド・ローリンス氏を始め、「娘乱暴記」のラムズデン・ヘーア氏、「メリー・ウイドー(1925)」のロイ・ダルシー氏、「闇を行く」のミッチェル・ルイス氏、「カヴァリヤ」のデイヴィッド・トーレンス氏等である。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン マーナ・ローイ デイヴィッド・ローリンス ラムスデン・ヘーア

地獄の女

  • 1929年当年公開
  • 出演(Slick_Ericks 役)

ロイス・リーソン女史、ジェイム・デル・リオ女史ジョージ・スカボロウ氏の合作したストーリーを基にチャールズ・ケニヨン氏が改作し、レイ・ドイル氏が脚色し、新進のA・F・エリクソン氏が監督したもので、主役を演ずるのは「暗黒街のローマンス」「その前夜」のエメアリー・アスター嬢で「脱走兵物語」「非常警戒」のロバート・アームストロング氏、新進のディーン・ジャガー氏、ロイ・ダルシイ氏、その他が助演している。カメラは「熱砂果つるところ」「その前夜」のコンラッド・ウェルズ氏が担任。

監督
A・F・エリクソン
出演キャスト
メアリー・アスター ロバート・アームストロング ディーン・ジャガー ロイ・ダルシー

娘乱暴記

  • 1929年当年公開
  • 出演(Tony_Morelli 役)

「春爛漫」「青春万歳(1928)」「空中サーカス」出演のスー・キャロル嬢と「ニュース前進曲」「青春謳歌」出演のニック・スチュアート氏とが主演する映画で、バートラム・ミルハウザー氏の原作を「村の医者」「オグレス」のピューラー・マリー・ディックス女史が脚色し、「空中サーカス」「蛮勇ミックス」のリュー・サイラ氏が監督したものである。助演俳優は「光明の彼岸へ」「青鷲」のウィリアム・ラッセル氏を始め、ロイ・ダルシー氏、レスリー・フェントン氏、マシュー・ベッツ氏、ヘッダ・ホッパー嬢である。カメラは「熱血ボクシング手」「無頼漢(1928)」のアーサー・エディソン氏が担任した。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
スー・キャロル ニック・スチュアート ウィリアム・ラッセル ロイ・ダルシー
1928年

金髪御用心

  • 1928年当年公開
  • 出演(Harry 役)

「激浪の響」「閃弾」等と同じくジョージ・B・サイツ氏の監督作品で、チャールズ・ビーハン氏の原作をドロシー・ホウェル女史が脚色したものである。主役を演ずるのは「特性鉄鋼人形」「三人」等主演のマット・ムーア氏と「閃弾」「サブマリン」等主演のドロシー・レヴィアー嬢との二人で、これを助けて「ラ・ボエーム」「明眸罪あり」のロイ・ダルシー氏を始めとして、ロバート・エディソン氏、ハリー・シーメルス氏、ウォルター・P・ルイス氏等が主演している。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ドロシー・レヴィア マット・ムーア ロイ・ダルシー Hazel Howell
1927年

海洋児クーガン

  • 1927年当年公開
  • 出演(Henri_Rizard 役)

「古着屋クーガン」「屑屋の大将」等と同じくジャッキー・クーガン君主演の喜劇で「コサック(1928)」「英雄時代」のジョージ・ヒル氏が原作と監督に当たり、ヘイドゥン・タルポット氏が脚色し、マリアン・コンスタンス・ブラックトン女史が撮影脚本を書いた。助演者は「緋文字」「肉体の悪魔」のラッスル・ハンソン氏、「燃ゆる人魚」「特製運動服」のガートルード・オルムステッド嬢、「荒原の勝利者」のロイ・ダルシー氏の他にポール・ハースト氏、ポリイ・モーラン嬢、ジャック・マクドナルド氏、コイ・ワトソン・ジュニア君等が出演。撮影は「俺は新兵」「密輸入者の恋」のアイラ・モルガン氏が担任である。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
ジャッキー・クーガン ラルス・ハンソン ガートルード・オルムステッド ポール・ハースト

恋人(1927)

  • 1927年当年公開
  • 出演(Senor_Glados 役)

「囁きの小径」「良人の危険時代」「人妻の危険時代」と同じくジョン・M・スタール氏の監督作品である。チャールズ・フレデリック・ナードリンジャー氏作の舞台劇の映画化で、ダグラス・ファーバー氏とシルヴィア・サルバーグ氏とが撮影台本を執筆した。主役は「ベン・ハー(1926)」のラモン・ノヴァロ氏と「魔術師」のアリス・テリー嬢との2人で、それを助けて「楽園に帰る(1928)」のエドワード・マーティンデル氏、故エドワード・コネリー氏、「俺は新兵」のジョージ・K・アーサー氏、ホームズ・ハーバート氏、ジョン・ミルジャン氏、ロイ・ダルシー氏、等が出演するものである。

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ アリス・テリー エドワード・マーティンデル エドワード・コネリー

荒原の勝利者

  • 1927年当年公開
  • 出演(Captain_Dumas 役)

M・G・Mの西部史劇の主役を演じているティム・マッコイ氏の主演する映画で、ジョン・トーマス・ネヴィル氏の原作からジョゼフィン・チッポー女史が台本を作り、それを活劇の監督として知られているW・S・ヴァン・ダイク氏が監督した。マクコイ氏の相手役は「踊る英雄」「密輸入者の恋」出演のジョーン・クローフォード嬢で、ロイ・ダルシー氏、エドワード・ハーン氏、ルイズ・ロレイン嬢、エドワード・コネリー氏、フランク・カリアー氏、ウィリアム・ウォーリング氏等の人々が助演する。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
ティム・マッコイ ジョーン・クロフォード エドワード・コネリー フランク・カリアー
1926年

憧れの国

  • 1926年当年公開
  • 出演(General_Marlanx 役)

ジョージ・バー・マッカンチョン氏の小説の映画化で、アグネス・クリスティン・ジョンストン女史が脚色し、タルマッジ姉妹の映画を長らく監督していたシドニー・A・フランクリン氏が監督したものである。主役は「武士道華かなりし頃」「我が懐かしの紐育」「オランダ姫」等主演のマリオン・デイヴィース嬢で、「あれ」「明眸罪あり」のアントニオ・モレノ氏が相手役を演ずるほか、「猫とカナリア」のクレイトン・ヘール氏、「最後の警告」のロイ・ダルシー氏、「ローンウルフ」のポーレット・デュヴァル嬢、「四人の息子(1928)」のアルバート・グラン氏、等が助演として出演する。

監督
シドニー・A・フランクリン
出演キャスト
マリオン・デイヴィス アントニオ・モレノ クレイトン・ヘール ロイ・ダルシー

ヴァンレンシア

  • 1926年当年公開
  • 出演(Don_Fernando 役)

「白百合の嘆き」「ピーター大帝」等を作ったディミトリー・ブコウエツキー氏の監督作品で、氏自らがアリス・D・G・ミラー女史と協力して書卸したストーリーを、ミラー女史が映画向きに改作脚色したものである。主役は「メリー・ウイドー(1925)」主演のメイ・マレイ嬢で、それを助けて「彼とお姫様」のロイド・ヒューズ氏と「メリー・ウイドー(1925)」「ラ・ボエーム」のトイ・ダルシー氏とが主演するほか、マイケル・ヴィサロフ氏、等も出ている。

監督
ディミトリ・ブコウスキー
出演キャスト
メイ・マレイ ロイド・ヒューズ ロイ・ダルシー Max Barwyn
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロイ・ダルシー