映画-Movie Walker > 人物を探す > J・F・ロートン

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2007年 まで合計6映画作品)

2007年

DOA デッド・オア・アライブ

  • 2007年2月10日(土)
  • 脚本、原案

「シン・シティ」のデボン青木をはじめ、5人の美女が女戦士に扮するアクション。日本で人気を集めた3D格闘ゲームを「トランスポーター」のコーリー・ユン監督が映画化。

監督
コリー・ユエン
出演キャスト
ジェイミー・プレスリー ホリー・ヴァランス サラ・カーター デヴォン青木
1996年

チェーン・リアクション(1996)

  • 1996年11月2日(土)
  • 脚本

新エネルギー開発に絡む陰謀に巻き込まれた青年エンジニアの決死の逃避行を描いたサスペンス・アクション。監督は「沈黙の戦艦」「逃亡者」のアクション派、アンドリュー・デイヴィス。「ロボコップ」「レナードの朝」のアーン・L・シュミット、リック・シーマン、ジョシュ・フリードマンの原案を、フリードマン、「沈黙の戦艦」「ハンテッド」のJ・F・ロートン、マイケル・ボートマンが共同で脚色。製作はシュミットとデイヴィス、エグゼクティヴ・プロデューサーはリチャード・D・ザナックとアーウィン・ストッフ。撮影のフランク・タイディ、美術のメイハー・アーマッドはデイヴィス作品の常連。音楽は「訣別の街」のジェリー・ゴールドスミス、編集は「沈黙の戦艦」「逃亡者」のドナルド・ブロッシュとドヴ・ホウニグ、「フォレスト・ガンプ 一期一会」のアーサー・シュミット。特殊効果コーディネーターはロイ・アーボガスト、作品の大きな見どころである爆破シーンのデジタル視覚効果は「エスケープ・フロム・L.A.」のデジタル・ドメイン社が担当。主演は「スピード」「雲の中で散歩」のキアヌ・リーヴス。共演は「セブン」のモーガン・フリーマンほか。

監督
アンドリュー・デイヴィス
出演キャスト
キアヌ・リーヴス モーガン・フリーマン レイチェル・ワイズ フレッド・ウォード
1995年

ハンテッド(1995)

  • 1995年10月
  • 監督、脚本

日本を訪れたアメリカ人ビジネスマンが謎の忍者集団と対決する異色アクション。名古屋はじめ彦根城ほか日本各地のロケ撮影とそれを再現したセットのほか、新幹線内の大立ち回り、各所にみられる監督がファンだという邦画時代劇へのオマージュの数々(劇中のTVで流れる「眠狂四郎女妖剣」の一場面や、「座頭市」、「七人の侍」など)などがみもの。監督は「プリティ・リーグ」「沈黙の戦艦」の脚本を手掛け、本作が監督デビューとなるJ・F・ロートン。製作はジョン・デイヴィス、ゲイリー・W・ゴールドスタイン、脚本はロートン自身、エグゼクティヴ・プロデューサーはウィリアム・フェイ、撮影はジャック・コンロイ、音楽はヤマグチ・モトフミのスコアを鼓童が演奏、美術はフィル・ダゴート、編集はロバート・A・フェレッティ、エリック・ストランド、衣装はリタ・リッグスがそれぞれ担当。出演は「ハイランダー3」のクリストファー・ランバート、「ラストエンペラー」で皇帝夫妻役で共演した「シャドー」のジョン・ローンと「ジャッジ・ドレッド」のジョアン・チェンに加え、日本からは原田芳雄、島田陽子、夏木マリ、岡田真澄らが顔をそろえている。

監督
J・F・ロートン
出演キャスト
クリストファー・ランバート ジョン・ローン ジョアン・チェン 原田芳雄
1993年

沈黙の戦艦

  • 1993年5月15日(土)
  • 製作総指揮、脚本

テロリスト集団に占拠された戦艦を奪回するため、孤軍奮闘する男の姿を描く海洋サスペンスアクション。アラバマ州モービル湾に停泊し、現在は船の博物館となっているUSAアラバマ号を改造して撮影された。監督は「刑事ニコ 法の死角」のアンドリュー・デイヴィス。製作は「マンボ・キングス わが心のマリア」のアーノン・ミルチャン。エグゼクティヴ・プロデューサーはゲイリー・ゴールドスタインと脚本を兼ねる「ミストレス」のJ・F・ロートン。撮影は「刑事ジョー ママにお手上げ」のフランク・ティディー。音楽はゲイリー・チャンが担当。主演は「アウト・フォー・ジャスティス」のスティーヴン・セガール。ほかに「JFK」のトミー・リー・ジョーンズ、「ハートブルー」のゲイリー・ビジーらが共演。

監督
アンドリュー・デイヴィス
出演キャスト
スティーヴン・セガール トミー・リー・ジョーンズ ゲイリー・ビジー エリカ・エレニアック
1992年

ミストレス

  • 1992年5月16日(土)
  • 脚本

ハリウッド内幕話を一つの人間群像劇として描いた作品。監督・脚本はオフ・ブロードウェイの舞台監督で、「真実の瞬間」にも出演したバリー・プリマス、製作は主演のロバート・デ・ニーロ、共同脚本は「プリティ・ウーマン」のジョナサン・F・ロートン、撮影はスヴェン・キルステン、音楽はガルト・マクダーモットが担当。

監督
バリー・プリマス
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ マーティン・ランドー ロバート・ウール ダニー・アイエロ
1990年

プリティ・ウーマン(1990)

  • 1990年12月7日(金)
  • 脚本

ハリウッドの路上に立つコール・ガールがビジネス・エリートと出会ったことから幸福をつかむまでを描く現代版シンデレラ・ストーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはローラ・ジスキン、製作はアーノン・ミルチャンとスティーヴン・ルーサー、監督は「フォエバー・フレンズ」のゲイリー・マーシャル、脚本はJ・F・ロートン、撮影はチャールズ・ミンスキー、音楽はジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。出演はリチャード・ギア、ジュリア・ロバーツほか。

監督
ゲイリー・マーシャル
出演キャスト
リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ ラルフ・ベラミー ジェーソン・アレクサンダー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > J・F・ロートン