映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィニフレッド・ブライソン

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1928年 まで合計10映画作品)

1928年

あこがれ(1928)

  • 1928年公開
  • 出演(Baroness_Razumov 役)

「踊子気質」「姫百合の花」につづくビリー・ダヴ嬢主演映画で、「姫百合の花」の原作者ラヨス・ビロ氏が再び執筆し「熱血ボクシング手」「感傷の秋」のウィニフレッド・ダン女史が脚色し「情炎の美姫」「海の荒鷲(1926)」のフランク・ロイド氏が監督したものである。助演俳優は「あれ」「桃色女白浪」出演のアントニオ・モレノ氏、サッシャ映画「悪魔の満潮時」主演のルシー・ドレーン嬢、「姫百合の花」「婦人に御給仕」のニコラス・スーサニン氏及びエミール・ショーター氏等である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ビリー・ダヴ アントニオ・モレノ ニコラス・スーサニン ルシー・ドレーン
1924年

恋の舞台姿

  • 1924年公開
  • 出演(The_Unknown_Lady 役)

パリ劇壇で作者としても俳優としても名声あるサッシャ・ギトリー氏作の舞台劇に基づきドロシー・ファーナム女史が脚色し、「ボー・ブラムメル」「恋の逢瀬」等と同じくハリー・ボーモン氏が監督したものである。主役は「父を呼ぶ声」「結婚哲学」等と同じくモント・ブルー氏とマリー・プレヴォー嬢でウィラード・ルイス氏、カールトン・ミラー氏、ウィニフレド・ブライスン嬢、ブランドン・ハースト氏等が助演している。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
モント・ブルー マリー・プレヴォー ウィラード・ルイス ピエール・ジャンドロン

輝く一路

  • 1924年公開
  • 出演(Mrs._Ward_Trenton 役)

メレディス・ニコルソン氏作の小説をセイダ・コウアン女史とハワード・ヒギン氏とが脚色し、「愛の大雪嶺」「大分水嶺」等と同じくレジナルド・バーカー氏が監督したもので、「夜の女」「殴られる彼奴」等出演のノーマ・シアラー嬢、「荒み行く女性」等出演のジェームズ・カークウッド氏。「惑溺の十字路」等出演のアドルフ・マンジュウ氏、「迷路の乙女」等出演のメイ・ブッシュ嬢を始め、ヴェラ・レイノルズ嬢、ロバート・エイニュー氏、ロバート・フレイザー氏、ジョージ・フォーセット氏、ルース・ストンハウス嬢、ウィニフレッド・ブライソン嬢等のそうそうたる連中が競演している。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ノーマ・シアラー ジェームズ・カークウッド アドルフ・マンジュウ メイ・ブッシュ

焼き餅禁物

  • 1924年公開
  • 出演(Alma_Lane 役)

「巴里は懲りごり」「恋盗人」に続くヴァイオラ・ダナ嬢主演映画で、セイダ・コウアン女史とハワード・ヒギン氏の原作及び脚色になり、「乙女は恋しぬ」「恋の一太刀」等と同じくハリー・ボーモン氏の監督したもの。対手役は「ドロシー・ヴァーノン」「恋の一太刀」「乙女は恋しぬ」等出演のアラン・フォレスト氏である。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
ヴァイオラ・ダナ ジョー・バターウォース アラン・フォレスト ウィニフレッド・ブライソン

離婚禁制

  • 1924年公開
  • 出演(Inez_Lamont 役)

「紐育の寵児」に続くベイビー・ペギー・モンゴメリーのジウエル映画で、バーナード・マッコンヴィルの原作、ロイス・ゼルナーとフォード・ビーブの脚色、ジェス・ロビンスが監督をした。ペギーの対手には「肉に飢えたる野獣」「キスメット(1920)」等出演のエリノア・フェアー、「野に咲く花」等出演のロバート・エリス、「天地砕けよ」「ノートルダムのせむし男(1923)」等出演のウィニフレッド・ブライソンが出演する。破れようとする両親の仲を幼児が仲直りさせるという家庭劇である。

監督
ジェス・ロビンス
出演キャスト
ベイビー・ペギー・モンゴメリー ロバート・エリス エリノア・フェアー ウィニフレッド・ブライソン

ノートルダムの傴僂男(1923)

  • 1924年10月3日公開
  • 出演(Fleur_De_Lys 役)

ヴィクトル・ユーゴー作の『ノートルダム・ド・パリ』を改作映画化したもので、パラマウントの「姿なき男」などを監督したウォーレス・ウォースリーが製作したものである。ユーゴーの描き出した、耳が聞こえず隻眼でしかもこの世のものとは思われぬ怪奇醜悪な容貌を持っているノートルダム寺院の鐘楼守カジモドと呼ばれる傴僂男には、そうした特異の役柄を最も得意とするロン・チャニーが扮し、この他「我が恋せし乙女」出演のパッシー・ルス・ミラー、「メアリー・ゴー・ラウンド」出演のケリー、「焼け爛れし翼」「男子怒れば」等出演のアーネスト・トーレンス、その他レイモンド・ハットン、タリー・マーシャル、グラディス・ブロックウェルなど、粒揃いの俳優を集めている。ユーゴーの原作とはだいぶ異なっているがアメリカ製作映画としては免れ得ざるところというべく兎に角セットといい、規模といい、また内容といい、期待するに足るべき大作品である。

監督
ウォーレス・ウォースリー
出演キャスト
ロン・チャニー アーネスト・トーレンス パッシー・ルス・ミラー ノーマン・ケリー
1923年

歓楽地獄(1923)

  • 1923年公開
  • 出演(Geraldine_De_Lacey 役)

ブランシュ・アプライト女史原作の小説「満足の谷」に基づき、A・P・ヤンガー氏が脚色し、「狂乱の荒鷲」に続く、レジナルド・バーカー氏監督作品である。主役は「謎の良人」「パリの暗影」等出演のハントリー・ゴートン氏、「狂乱の荒鷲」のメアリー・アルデン嬢、「奔流恋を乗せて」「縺れ行く情火」等のノーマ・シアラー嬢等である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ハントリー・ゴードン メアリー・アルデン ノーマ・シアラー ウィリアム・コリアー・ジュニア

強敵一蹴

  • 1923年公開
  • 出演(Olga_Platonova 役)

ジョージ・バー・マッカッチョン氏原作の同名の小説から脚色したもので監督はチャールース・レイ氏のパラマウント時代の作品を監督したジェローム・ストーム氏である。主役は新進のジョン・ギルバート氏で、ルース・クルフォード嬢が相手役に出演する。

監督
ジェローム・ストーム
出演キャスト
ジョン・ギルバート ルース・クリフォード フランク・レイ ミッキー・ムーア

スザンナ

  • 1923年公開
  • 出演(Dolores his daughter 役)

「モリー・オー」に次いで製作されたメイベル・ノーマンド嬢の主演マック・セネット映画で、ユナイテッド・アーティスツ社の姉妹会社アライド製作発売会社から発売されたもので。リントン・ウェルス氏の小説家ら脚色されたものでF・リチャード・ジョーンズ氏の監督に成ったものである。ジョージ・ニコルズ氏、レオン・バリー氏等も出演している。

監督
F・リチャード・ジョーンズ
出演キャスト
メイベル・ノーマンド ジョージ・ニコルズ ウォルター・マッグレイル Evelyn Sherman

天地砕けよ

  • 1923年公開
  • 出演(Lullaby_Lou 役)

ジョン・ブラックウッドの原作をレイモンド・L・シュロックが脚色し、クララ・キモボール・ヤングの作品を数多く監督したハリー・ガースンが監督の任に当たったもので、主役には久しぶりのジャック・ウォーレン・ケリガンが扮し「血に燃ゆる空」「生霊の踊」等出演のアンナ・Q・ニルソンが対手役。その他トム・サンチ、エドモンド・バーンズ、ウィンター・ホール等が共演する。猛烈な大海嘯の場面が凄惨な情景を見せる。

監督
ハリー・ガースン
出演キャスト
ジャック・ウォーレン・ケリガン アンナ・Q・ニルソン ウィンター・ホール トム・サンチ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィニフレッド・ブライソン