TOP > 映画監督・俳優を探す > ジョン・ローシュ

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1933年 まで合計20映画作品)

1933年

第三の恋

  • 1933年
  • 出演(Robert_Abbott 役)

「晩餐八時」「地獄の市長」とマッジ・エヴァンス、「ニューヨーク・ハリウッド」「坊やが盗まれた」のアリス・ブラディー、「世界ボクシング王」「林檎の頬」のオットー・クルーガーが共演する映画で、フェイス・ボールドウィン作の小説に基づいて「酔いどれ船」「私重役様よ」と同じくゼルダ・シアースとイヴ・グリーンが共同して脚色にあたり、「暁の暴風」のリチャード・ボレスラスキーが監督し、「ダンス・ティーム」「懐かしの谷」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影を担任した。助演者は「闇の口笛」「真夜中の処女」のユーナ・マーケル、「一日だけの淑女」「晩餐八時」のメイ・ロブソン、「暁の暴風」「晩餐八時」のフィリップス・ホームス、「新世紀」「響け応援歌」のエドワード・ヌージェント、「生活の設計」のイソベル・ジュウエル、「カイロの一夜」のヘッダ・ホッパー、「御冗談でしョ」のフロリン・マッキニー等。

監督
リチャード・ボレスラウスキー
出演キャスト
マッジ・エヴァンス アリス・ブラディ オットー・クルーガー ウナ・マーケル
1932年

拳闘のキャグネー

  • 1932年
  • 出演(Elliott 役)

「群集の喚呼」に次ぐジェームル・キャグネー主演映画で、監督は「腕の男」「タクシー」等キャグネー映画をものしているロイ・デル・ルースが当たった。ジェラルド・ポーモンが書卸したストーリーをウィルソン・ミズナーと「男子入用」「支配する声」のロバート・ロードが脚色している。カメラは「シンガポール航路」「夜の大統領」のロバート・カール。助演者は「ほほえみの街」「狼火」主演のマリアン・ニクソンを始め、「母」「ブロンド・ビィナス」のディッキー・ムーア、「ルンペン紳士」「群集の喚呼」のガイ・キッビー、「空の花嫁」のヴァージニア・プルース、「腕白大将」のクラレンス・ミューズ等である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー マリアン・ニクソン ガイ・キッビー クラレンス・ミューズ

活動屋往来

  • 1932年
  • 出演(Gregory_Gordonn 役)

「象狩り二人行脚」「流行スコッチ縞」と同様ジョージ・シドニー、チャーリー・マレーの共演喜劇。ハワード・J・グリーンの脚本によって「無冠の帝王」「キスメット(1930)」のジョン・フランシス・ディロンが監督し、「東は西」「猫は這い寄る」のジェリー・ブッシュが撮影したもので、助演者は「女学生の日記」のノーマン・フォスター、「尖端脚化粧」のジューン・クライド、エマ・ダン、エスター・ハワード、アイリン・パーシー等々。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
ジョージ・シドニー チャーリー・マレイ ジューン・クライド ノーマン・フォスター
1931年

当世女大学

  • 1931年
  • 出演(Maurice_Ferriere 役)

「三人の女」と同じくハンス・クレーリー氏が書き卸した台本により「三人の女」「禁断の楽園」等と同じくエルンスト・ルビッチ氏が監督したもので。「三人の女」「結婚哲学」等出演のマリー・プレヴォー嬢と「結婚哲学」「恋の舞台姿」等出演のモント・ブルー氏が主演し、「十番目の女」等出演のジョン・ローシュ氏「3人の女」等出演のウィラード・ルイス氏及び「酒!酒!」等出演のクララ・ボウ嬢等が共演している。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
マリー・プレヴォー モント・ブルー ジョン・ローシュ クララ・ボウ
1930年

モンテカルロ

  • 1930年
  • 出演(Paul 役)

「ラヴ・パレイド」「山の王者」と同じくエルンスト・ルビッチが監督したオペレッタ映画で、ハンス・ミューラー原作の小説「青き海岸」をもとにし、それにブース・ターキントン、エヴェリン・グリーンリーフ・サザーランド合作の「ムッシュウ・ポーケール」の一節を付加して「ラヴ・パレイド」「レビューのパリっ子」などの脚本をものしたエルネスト・ヴァイダが映画的に脚色したもの。歌詞及び作曲執筆にあたったのは、レオ・ロビン、リチャード・A・ホワイティング、W・フランク・ハーリングの3人で、ヴィンセント・ローレンスがヴァイダを助けて台詞の幾つかを書き、「アイスクリーム艦隊」「ラヴ・パレイド」のヴィクター・ミルナーが撮影を担任している。主役を演ずるのは「巴里(1929)」に出演した英国ミュージカル・プレイの人気俳優ジャック・ブキャナン及び「ラヴ・パレイド」「放浪の王者(1930)」「極楽島満員」のジャネット・マクドナルドで、ほかに「ブルドッグ・ドラモンド」「摩天楼の巨人」のクロード・アリスター、「アルプスの悲劇」「悪魔の日曜日」のザス・ピッツ、「ラヴ・パレイド」「悪漢の唄」のライオネル・ベルモア、「ドノヴァン」のジョン・ローシュ、テイラー・ブルック、アルバート・コンティ、ヘレン・ガーデン、ドナルド・ノヴィス、デイヴィッド・パーシー、エリック・ベイその他が助演している。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
ジャック・ブキャナン ジャネット・マクドナルド ザス・ピッツ タイラー・ブルック

第一の恋

  • 1930年
  • 出演(Sheridan 役)

ロバート・ミルトンとドロシー・ケアーンス合作のストーリーからホレース・ジャクスンが脚色し、「三面記事の女」「他言は御無用」のポール・L・スタインが監督し、「脱走兵」「波乗り越えて」のジョン・J・メスコールが撮影したもので、「泥人形」「スパイ(1930)」のコンスタンス・ベネット、「戦争と貞操」「最後の人」のケネス・マッケンナが主演する。助演者は「がらくた宝島」「近代恋愛帖」のバジル・ラスボーン、「恋のからくり」のリタ・ラ・ロイ、ルイス・ジョン・バーテルズ、ジョン・ローシュ、ザス・ピッツ、ヘレン・ジョンソンなどである。

監督
ポール・L・スタイン
出演キャスト
コンスタンス・ベネット ケネス・マッケンナ ベイジル・ラスボーン リタ・ラ・ロイ
1929年

ドノヴァン

  • 1929年
  • 出演(Jack_Donovan 役)

オウェン・デヴィス氏作の同名の舞台劇を映画化したものでドロシー・ホウェル女史の脚色により「サブマリン」「陽気な踊子」と同じくフランク・キャプラ氏が監督した。主役は「サブマリン」「軍法会議(1928)」のジャック・ホルト氏と「サブマリン」「タイグレス」のドロシー・レヴィア嬢とであるが、そのほか「雨製造者」「漂泊い人」のウィリアム・コリアー・ジュニアー氏、「熱砂の舞」のアグネス・エイアース嬢、を始めとしてジョン・ローシュ氏、フレッド・ケルシー氏、ヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢、エドワード・ハーン氏、ウィーラー・オークマン氏、等が出演している。発声版の方はオール・トーキーとなっている。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ジャック・ホルト ドロシー・レヴィア ウィリアム・コリアー・ジュニア ジョン・ローシュ
1927年

アンクル・トムス・ケヴィン

  • 1927年
  • 出演(St.Clare 役)

ハリエット・ビーチャー・ストウ女史の世界に名高い小説「アンクル・トムス・ケヴィン」の映画化。ハリー・ポラードが映画向きに一度書き直したものを基に、ハーヴェイ・シュウとA・P・ヤンガーが撮影台本を作り、「加州目指して」「鵜の目鷹の目」と同じくポラードが監督。一昔前のアメリカ映画の花形として人気者だったマーガリータ・フィッシャーが、久々に復帰してエリザに扮し、トムにはジェームズ・B・ロウが抜擢された。共演に「ある男の過去」のアーサー・エドモンド・カリュー、「君が為め命捧げん」のジョージ・シーグマン、映画初出演のヴァージニア・グレイ。その他ユーラリー・ジェンセン、ルシアン・リトルフィールド、モナ・レイ、ジャック・モワー、ジョン・ローシュ、ディック・サザーランドが総出演する。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
マーガリータ・フィッシャー アーサー・エドモンド・カリュー ジョージ・シーグマン ジェームズ・B・ロウ
1926年

ドン・ファン(1926)

  • 1926年
  • 出演(Leandro 役)

バイロン卿の詩及び南欧諸国に流布しているドン・ファン伝記に基づいてベス・メレディス女史が映画脚本を執筆し、「女性の敵」「風薫る島」等と同じくアラン・クロスランド氏が監督した特作品で、主役は「海の野獣」「我れ若し王者なりせば」等主演のジョン・バリモア氏が演じ、「ドン・Q」「最後の栄冠」等出演のメアリー・アスター嬢、「ニウ・ヨーク」「マンハッタン狂乱」等出演のエステル・テイラー嬢、「悲恋舞曲」「南北珍勇腕比べ」等出演のモンタギユ・ラヴ氏が主要なる役を勤め、故ウィラード・ルイス氏、フィリス・ヘイヴァー嬢、ヘレン・コステロ嬢、マーナ・ローイ嬢、ワーナー・オランド氏等が助演している。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ジョン・バリモア His Father メアリー・アスター エステル・テイラー

突飛大将恋の初陣

  • 1926年
  • 出演(Capt._Fraser 役)

アール・ディア・ビッガース氏作の小説をエドワード・T・ロウ・ジュニア氏が脚色し、「男は度胸」「鉄拳建旅行」等と同じくロイ・デル・ルース氏が監督したもので、主役は「鉄拳旅行」「快走百万哩」等主演のモント・ブルー氏が演じ、対手役は「美人食客」「我こそは大王なり」等出演のドロシー・デヴォーア嬢が勤めている。助演者はジョン・ローシュ氏、ヘイニー・コンクリン氏、ヘレン・ダンバー嬢、カール・ストックデール氏等の腕利きの俳優である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
モント・ブルー ドロシー・デヴォーア ジョン・ローシュ ヘイニー・コンクリン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジョン・ローシュ

ムービーウォーカー 上へ戻る