映画-Movie Walker > 人物を探す > ホルスト・フランク

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1972年 まで合計13映画作品)

1972年

わたしは目撃者

  • 1972年10月28日(土)
  • 出演(Dr. Braun 役)

謎の連続殺人事件と少女誘拐事件を追う新聞記者の姿を描くサスペンス編。製作はサルバトーレ・アルジェント、監督・原案・脚本はダリオ・アルジェント、撮影はエンリコ・メンチェール、音楽はエンニオ・モリコーネが担当。出演はジェームス・フランシスカス、カール・マルデン、カトリーヌ・スパーク、ピエール・パオロ・カポーニ、ホルスト・フランク、ラダ・ラシモフなど。日本語版監修は岡枝慎二。イーストマンカラー、クロモスコープ。一九七一年作品。

監督
ダリオ・アルジェント
出演キャスト
ジェームズ・フランシスカス カール・マルデン カトリーヌ・スパーク ピエル・パオロ・カッポーニ
1971年

皆殺しのジャンゴ

  • 1971年6月12日(土)
  • 出演(David 役)

無二の親友に裏切られた男が、凄まじい復讐心に燃え皆殺しを誓う。監督はフェルディナンド・バルディ、脚本は「ガンマン無頼」のフランコ・ロゼッティとフェルディナンド・バルディが共同執筆。撮影はエンツォ・バルボーニ、音楽はジャンフランコ・レヴェルベリが各々担当。出演はテレンス・ヒル、ホルスト・フランク、ジョージ・イーストマン、バーバラ・サイモン、ホセ・トレスなど。

監督
フェルディナンド・バルディ
出演キャスト
テレンス・ヒル ホルスト・フランク ジョージ・イーストマン バーバラ・サイモン
1969年

マルキ・ド・サドのジュスティーヌ

  • 1969年10月
  • 出演(De Bressac 役)

禁断の作家マルキ・ド・サドの原作『ジュスティーヌ、または美徳の不幸』の映画化。ジュスティーヌには「イタリア式 愛のテクニック」で初登場のロミナ・パワー、サディズム教の教主には「ゲバラ!」のジャック・パランス、サドには「群盗荒野を裂く」のクラウス・キンスキーが、扮している。共演は「ボディガード」のシルヴァ・コシナ、「キャサリン大帝」のエイキム・タミロフ、ローズマリー・デクスター、マーセデス・マッケンブリッジ、マリア・ローム等。監督は西独のジェス・フランコ。脚色はピーター・ウェルベック、撮影はマヌエル・メリノ、音楽はブルーノ・ニコライが担当。製作はハリー・アラン・タワーズ。

監督
ジェス・フランコ
出演キャスト
ロミナ・パワー ジャック・パランス クラウス・キンスキー シルヴァ・コシナ
1968年

カラカス12時5分前

  • 1968年8月24日(土)
  • 出演(Dr. Soarez 役)

カール・ハインツ・フォーゲルマンの脚本を、マルチェロ・バルディが監督したアクションもの。撮影はロルフ・ケステル、音楽は、ピエロ・ウミリアーニが担当している。出演はジョルジョ・アルディソン、「河は呼んでる」のパスカル・オードレ、クリスタ・リンダー、ハラルト・ライプニッツなど。カラー、ウルトラスコープ。

監督
マルチェロ・バルディ
出演キャスト
ジョルジョ・アルディソン パスカル・オードレ クリスタ・リンダー ルチアナ・アンジェリッロ

殺人プロデューサー

  • 1968年5月25日(土)
  • 出演(Fedelico 役)

アルベルト・カントフの脚本をミシェル・ドラックが監督したアクションもの。撮影はアンドレアス・ヴァインディング、音楽はウォード・スウィングルが担当している。出演は、「男と女(1966)」のジャン・ルイ・トランティニャン、「傷心」のマリー・ジョゼ・ナット、ホルスト・フランク、ヘルムート・ランゲなど。イーストマンカラー、フランスコープ。

監督
ミシェル・ドラック
出演キャスト
マリー・ジョゼ・ナット ジャン=ルイ・トランティニャン ホルスト・フランク ヘルムナート・ランゲ
1966年

FBI秒読み3…2…1

  • 1966年12月17日(土)
  • 出演(Larry_Link 役)

グスタフ・H・リュッペの原作をロルフ・ツェートバウアーとヘルベルト・シュトラーベルが共同で脚色し、ハラルド・フィリップが製作・監督した。撮影はヘルムート・ミーベス、音楽はピーター・トーマスが担当。出演はジョージ・ネイダー、ハインツ・バイス、リチャード・マンチ、ホルスト・フランクほか。

監督
ハラルド・フィリップ
出演キャスト
ジョージ・ネイダー ハインツ・バイス リチャード・マンチ ドミニク・ウィルムス

ブルーライト作戦

  • 1966年12月24日(土)
  • 出演(Luber 役)

ラリー・コーエンのオリジナル・シナリオを、「生きる情熱」のウォルター・グローマンが監督したスパイ・アクション。撮影は「ギロチンの二人」のサム・リーヴィットとドイツ出身のクルト・グリゴライト、音楽はマレン・ドアと「目かくし」のラロ・シフリンが担当した。出演は新人ロバート・グーレ、「ある微笑」のクリスチーヌ・カレル、エバ・プフルーク、ホルスト・フランクほか。製作はバック・ホートン。

監督
ウォルター・グローマン
出演キャスト
ロバート・グーレ クリスチーヌ・カレル ドナルド・ハロン ホルスト・フランク
1961年

恋人たちの森

  • 1961年3月9日(木)
  • 出演(Von Stauffen 役)

フランスの劇作家フランソワ・ド・キュレールの戯曲『非情の地』(23)の映画化。脚色は「空と海の間に」のジャック・レミー、作家のルネ・アルディの共同。(台詞は劇作家のアルベール・ユッソン)「青い女馬」のクロード・オータン・ララが監督した。撮影はジャック・ナトー、音楽はルネ・クロエレック。出演は「狂った夜」のローラン・テルズィエフ、新人エリカ・レンベルグのほか、フランソワーズ・ロゼー、ゲルト・フレーベ、ホルスト・フランクら。製作レイ・ヴァンチュラ。

監督
クロード・オータン・ララ
出演キャスト
ローラン・テルズィエフ エリカ・レンベルグ フランソワーズ・ロゼー ホルスト・フランク
1964年

裏切り(1959)

  • 1964年6月17日(水)
  • 出演(Willy Schneider 役)

イゴール・センツルグの原作を「撃墜王 アフリカの星」のヘルベルト・ライネッカーが脚色、同作品のアルフレッド・ワイデンマンが演出した恐怖犯罪ドラマ。撮影は「放課後の犯罪」のクルト・ハッセ、音楽は「迷路」のハンス・マルティン・マイエフスキーが担当した。主演は「シベールの日曜日」のハーディ・クリューガー、「青い波紋」のマルティン・ヘルト、「撃墜王 アフリカの星」のホルスト・フランク、ほかにイングリッド・ファン・ベルゲン、マリオ・アドルフなど。

監督
アルフレッド・ワイデンマン
出演キャスト
ハーディ・クリューガー マルティン・ヘルト マリオ・アドルフ ホルスト・フランク
1962年

潜水艦浮上せず

  • 1962年6月23日(土)
  • 出演(Young Husband 役)

実戦記録をもとに新進監督のシルヴィオ・アマーディオとルチアーノ・ヴィンセンツォーニが原案をつくり、ジーノ・デ・サンティス、カルロ・ロマーノ、シルヴィオ・アマーディオの三人が脚本化、アマーディオが監督した潜水艦映画。撮影は「青春群像」のルチアーノ・トラザッティ、音楽はブルーノ・カンフォーラ。出演は「カルタゴ」のマッシモ・ジロッティ、「眼には眼を」のフォルコ・ルリなど。

監督
シルヴィオ・アマーディオ
出演キャスト
マッシモ・ジロッティ フォルコ・ルリ ジャン・マルク・ボリー アルベルト・ルーポ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ホルスト・フランク