映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ベイクウェル

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1956年 まで合計29映画作品)

1956年

デイビー・クロケット 鹿皮服の男

  • 1956年12月28日(金)公開
  • 出演(Major Tobias Norton 役)

西部開拓の英雄デイビー・クロケットの一代記。トム・ブラックバーンの脚本から「荒原の女」のノーマン・フォスターが監督、チャールズ・P・ボイルが撮影、ジョージ・ブランスが音楽を夫々担当した。出演は、この作品で一躍人気者となったTV出身のフェス・パーカー、「夜の人々(1954)」のバディー・エブセン、他にハンス・コンリード、ヘレン・スタンリーなど。ビル・ウォルシュ製作になるウォルト・ディズニー・プロ最初の西部劇。

監督
ノーマン・フォスター
出演キャスト
フェス・パーカー バディー・エブセン ベイジル・ルイスディール ハンス・コンリード
1949年

妖花

  • 1949年11月公開
  • 出演(Ensigh 役)

「天使」「砂塵」のマレーネ・ディートリッヒが主演する1940年作品。「運命の饗宴」のラディスラス・フォドール及びラスロ・ヴァドナイの原作を「少年の町」のジョン・ミーハンとハリー・テュゲンドが協力脚色し「パーキントン夫人」のテイ・ガーネットが監督し「ギルダ」のルドルフ・マテが撮影した。相手役は「怒涛の果て」「拳銃無宿」のジョン・ウェインで、助演は舞台出のブロデリック・クロフォード「わが家の楽園」のミッシャ・オーア「ママの思い出」のオスカー・ホモルカ「恐ろしき結婚」アルバート・デッカー「幽霊と未亡人」のアンナ・リー・ギルバード等である。

監督
ティー・ガーネット
出演キャスト
マルレーネ・ディートリッヒ ジョン・ウェイン ブローデリック・クロウフォード ミッシャ・オウア

独身者と女学生

  • 1949年6月公開
  • 出演(Winters 役)

「毒薬と老婦」「フィラデルフィア物語」のケーリー・グラント、「我等の生涯の最良の年」「影なき男の影」のマーナ・ローイ、「接吻売ります」「恋の十日間」のシャーリー・テンプルが主演する喜劇で、ドアリ・シャーリー製作の1947年作品。脚本はシドニー・シェルダンが書きおろしたもので、これによって彼は1947年度のアカデミー制作脚本賞を得ている。監督は1940年に脚本家から監督となった、アーヴィング・レイスで、撮影は「ラッキー・パートナー」のロバート・デ・グラスである。助演者は「結婚五年目(パーム・ビーチ・ストーリー)」のルディ・ヴァリー、「二重生活」のレイ・コリンズ、「ラッキー・パートナー」のハリー・ダヴェンボート、新顔のジョニー・サンズその他である。

監督
アーヴィング・レイス
出演キャスト
ケーリー・グラント マーナ・ローイ シャーリー・テンプル ルディ・ヴァリー
1937年

偽装の女

  • 1937年当年公開
  • 出演(Lt._Spicer 役)

「男装」「女性の反逆」に次ぐキャサリン・ヘップバーン主演映画で、「豪華一代娘」「空駆ける恋」のフランショオ・トーンが相手役を勤める。原作はジェームズ・M・バリー作の戯曲で、「艦隊を追って」のアラン・スコットと「男装」のモーティマー・オフナーが協力脚色し、「乙女よ嘆くな」「有頂天時代」のジョージ・スティーヴンスが監督に当たり「女性の反逆」「乙女よ嘆くな」のロバート・デ・グラスが撮影した。助演者は「恋の歌」のエリック・ブローア、舞台女優として名あるフェイ・ベインター、コーラ・ウィザースプーン、エステル・ウィンウッド等である。

監督
ジョージ・スティーヴンス
出演キャスト
キャサリン・ヘップバーン フランチョット・トーン エリック・ブローア フェイ・ベインター

吠えろ密林

  • 1937年当年公開
  • 出演(Tom_Banning 役)

「マルガ(1934)」「パンジャ」の製作者たるフランク・バックが主演する猛獣活劇で、ジョージ・ローズナー、シャーマン・ロウ、ハリー・ホイト、ジョージ・M・メルフォード4名が脚本を書き下ろし、活劇専門のジョージ・メルフォードとハリー・フレイザーが共同監督したもの。助演者は「ロマンス乾杯」のレジナルド・デニー、「不思議の国のアリス(1933)」のシャーロット・ヘンリー、「狂乱のマンダレー」のエスター・ラルストン、槍の名手サッシャ・ジーメル、「三角の月」のウィリアム・ブレイクウェル等である。撮影はエドワード・リンデンが担当した。

監督
ジョージ・M・メルフォード ハリー・フレイザー
出演キャスト
フランク・バック サッシャ・ジーメル レジナルド・デニー エスター・ロールストン
1936年

沿岸警備船

  • 1936年当年公開
  • 出演(Lieutenant_Mays 役)

「南方の騎士」「紅唇罪あり」のジョン・ウェインが主演する映画で、ドレル・マクゴワンとスチュアート・マクゴワンの原作をジョージ・ワグナーが脚色し、フランク・ストレイヤーが監督にあたり、アーチー・スタウトが撮影した。助演には「快速突破隊」のナン・グレイ、「三角の月」のウィリアム・ベイクウェル、「丘の一本松」のファジー・ナイト、ラッセル・ヒックス、等である。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
ジョン・ウェイン ナン・グレイ ウィリアム・ベイクウェル ファジー・ナイト
1935年

驀進快走王

  • 1935年当年公開
  • 出演(Billy_Dawson 役)

「空中スピード大王」「豪勇キッド」のティム・マッコイが主演する活劇で、「修羅王ジョーンズ」「男性の王者」の監督者ランバート・ヒルヤーが書き下ろした脚本により「空中スピード大王」のオットー・ブラワーが監督し、トム・ミックス西部劇の撮影者だったダニエル・B・クラークが撮影した。助演は「曠野に叫ぶ(1930)」「娘乱暴記」のスー・キャロル、「空中スピード大王」のウィリアム・ベイクウェル、ワード・ボンド、フランシス、マクドナルド等である。

監督
オットー・ブラワー
出演キャスト
ティム・マッコイ スー・キャロル ウィリアム・ベイクウェル ワード・ボンド
1934年

金に憑かれて

  • 1934年当年公開
  • 出演(Donny 役)

「一日だけの淑女」「晩餐八時」のメイ・ロブソンが「若草物語(1933)」「南国の河唄」のジーン・パーカー、「クリスチナ女王」「明日の太陽」のルイス・ストーンと共演する映画でダドリー・ニコルズとラマー・トロッティが共同で書き下ろした物語を「酔いどれ船」「第三の恋」と同じくゼルダ・シアースとイヴ・グリーマンが共同脚色し、「豚売り出す」「サラリーマン」のチャールズ・F・ライズナーが監督に当たり「私重役様よ」「アフリカは笑ふ」のレナード・スミスが撮影した。助演者は「三角の月」のウィリアム・ベイクウェル、「爆弾の頬紅」のメアリー・フォーブス、レジナルド・メイスン、子役タッド・アレクサンダー、ウォルターウォーカー等である。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
メイ・ロブソン ジーン・パーカー ルイス・ストーン メアリー・フォーブス

空中スピード大王

  • 1934年当年公開
  • 出演(Jerry 役)

「テキサスの旋風」「豪勇キッド」のティム・マッコイが主演する映画で、ホレース・マッコイが原作脚色し、「死線突破」「熱血撮影隊」のオットー・ブラワーが監督に当たり「駄法螺男爵」のアル・シーグラーが撮影したもの。助演者は「ポーリンの冒険」のエヴァリン・ナップ、「三角の月」のウィリアム・ベイクウェル、フーパー・アッチリー、ヴィンセント・シャーマン等である。

監督
オットー・ブラワー
出演キャスト
ティム・マッコイ エヴァリン・ナップ ウィリアム・ベイクウェル ヴィンセント・シャーマン
1933年

幸運の悪魔

  • 1933年当年公開
  • 出演(Slugger 役)

「怒号する天地(1932)」「米国撃滅艦隊」のビル・ボイドが主演する映画で、ケイシー・ロビンソンとボッブ・ローズが書き下ろした原作を、「武装ラグビー」のベン・マークソンとアグネス・クリスティン・ジョンストンが共同脚色し、俳優だったラルフ・インスが監督に当たり、「山荘の殺人」「独立守備隊」のJ・ロイ・ハントが撮影したもの。助演者は「雨」「暴風の処女」のウィリアム・ガーガン、「キング・コング(1933)」「青春罪あり」のブルース・キャボット、新人ドロシー・ウィルソン、「シマロン(1931)」のロスコー・エイツ、「南海の劫火(1932)」のクレイトン・チェニー、「三角の月」のウィリアム・ベイクウェル、その他である。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
ビル・ボイド ドロシー・ウィルソン ウィリアム・ガーガン ブルース・キャボット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ベイクウェル