映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィーラー・オークマン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1938年 まで合計30映画作品)

1938年

火星地球を攻撃す

  • 1938年公開
  • 出演(Tarnak 役)

連続映画「フラッシュ・ゴードンの火星旅行」を再編集してフィーチァアとしたもので、「超人対火星人」と同じくラリー・バスター・クラブとジーン・ロジャースが主演する。同じくアレックス・レイモンド作の新聞漫画に取材してレイ・トランプとノーマン・S・ホールが脚本を執筆し、「猛獣国横断」「世界航空戦」の共同監督フォード・ビーブがロバート・ヒルと協力監督し、ジェリー・アッシュが撮影した。助演者は「東への道」のチルス・ミドルトン、「地獄街」のビートリス・ロバーツ、フランク・シャノン、ドナルド・カー、リチャード・アレクサンダー等である。

監督
フォード・ビーブ ロバート・ヒル
出演キャスト
ラリー・バスター・クラブ ジーン・ロジャース チャールズ・ミドルトン フランク・シャノン
1936年

ジャングルに踊る怪物

  • 1936年公開
  • 出演(Durkin 役)

「ロスト・ジャングル」「ビッグ・ケージ」のクライド・ビーティーが主演する映画で、15編30巻の連続映画を短縮してフィーチャアとしたものである。原作はマスコット連続映画に経験あるジョン・ラスメルが書き、バーネー・サレッキー及びテッド・パーソンスと協力して脚色し、「神馬レックスの復讐」に参与したリーブス・イースンがジョセフ・ケインと協力監督にあたり、「神馬レックスの復讐」のウィリアム・ノーブルスがエドカー・ライオンスと共同撮影した。助演者はダンサーだったエレーン・シェパード、少年俳優マヌエル・キング、「チャンドウの復讐」のルシアン・プリヴァル、「ロスト・ジャングル」のウィーラー・オークマン、エドモンド・コッブその他の面々である。

監督
リーヴス・イースン ジョセフ・ケイン
出演キャスト
クライド・ビーティー マヌエル・キング エレン・シェパード ルシアン・プリヴァル
1935年

さらば海軍兵学校

  • 1935年公開
  • 出演(Commander_Lawson 役)

スティヴン・モアハウス・エヴリィの短編から「ぼくは恋人」「ベンガルの槍騎兵」のグローヴァー・ジョーンズ、ウィリアム・スレイヴンス・マクナットの2人組が潤色し脚色は「盲目の飛行士」「名を失える男」のデール・ヴァン・エヴァリーとフランク・クレイヴンが共同し、「可愛いマーカちゃん」「わたし貴婦人よ」のアレクサンダー・ホールが監督、撮影は「ルムバ」「パリは夜もすがら」のテッド・テズラフである。出演俳優は「ベンガルの槍騎兵」「無電非常線」のサー・ガイ・スタンディング、「ベンガルの槍騎兵」のリチャード・クロムウェル、「三角の月」のトム・ブラウン、「ガラスの鍵」のロザリンド・キース、ジョン・ハワード等である。

監督
アレクサンダー・ホール
出演キャスト
サー・ガイ・スタンディング ロザリンド・キース トム・ブラウン リチャード・クロムウェル
1933年

国境飛行隊

  • 1933年公開
  • 出演(George 役)

「兄貴は世界一」と同じくD・ロス・レダーマンが監督したもので、トムソン・バーティスの原作を「兄貴は世界一」のチャールズ・R・コンドンが脚色している。主演者は「二十四時間」「タッチダウン」のレジス・トゥーミー「私重役様よ」「摩天楼の狼」のアニタ・ペイジで「兄貴は世界一」のロバート・エリス及びウィーラー・オークマン、新人バーバラ・バロンデス、「天国爆撃隊」のジョージ・クーパー等が助演する。カメラは「米国の暴露」「ナイトクラブの女」のエディー・テヅラフの担任。

監督
D・ロス・レダーマン
出演キャスト
レジス・トゥーミー アニタ・ペイジ ロバート・エリス バーバラ・バロンデス

銃弾の挑戦

  • 1933年公開
  • 出演(Abbott 役)

「巨盗団全滅」「夕陽の総攻撃」のティム・マッコイが主演する映画で、ホレース・マッコイの書卸し、「ダイナマイト(1937)」のフィリップ・E・ローゼンの監督によるもの。助演者は「ピストルと音楽」のシャーリー・グレイを始め、ヘンリー・ワズワース、オスカー・アッフェル、ウィーラー・オークマン等。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ティム・マッコイ シャーリー・グレイ ヘンリー・ワズワース オスカー・アッフェル
1932年

兄貴は世界一

  • 1932年公開
  • 出演(Stenner 役)

「街の風景」「シマロン(1931)」のウィリアム・コリアー・ジュニアが主演する映画で、「正邪の兄弟(1930)」のチャールズ・R・コンドンが原作脚色し、西部劇監督として経験多いD・ロス・レダーマンが監督に当たったもの。助演者は「進め女性軍」のジョーン・マーシュ、「僕らの天下」のジョージー・アーネスト、「アメリカの暴露」のフランク・シュリダン、「狂乱のアメリカ」のロバート・エリス、「彼女の用心棒」のファジィ・ナイト、ウィーラー・オークマン等で、キャメラは「戦時特派員」のベン・クラインの担当。

監督
D・ロス・レダーマン
出演キャスト
ウィリアム・コリアー・ジュニア ジョーン・マーシュ ジョージー・アーネスト フランク・シェリダン

空中飛行便の秘密

  • 1932年公開
  • 出演(Judson_Ward(The_Blak_Hawk) 役)

エラ・オノールのストーリーをベイジル・ディッキー、ジョージ・プリンプトン、ージ・モーガンの三人が脚色した連続映画で監督は「冒険島」のレイ・テイラー、撮影者はジョン・ヒックソン。主たる出演者は新進のジェームズ・フレイヴィン、「親父は若い」「街のをんな」のルシル・ブラウン、「高速度尖端娘」のホイーキラー・オークマン、フランク・ハグニー、ネルソン・マクドウェル、ブルウス・ミッチェル、アル・プレ、等である。

監督
レイ・テイラー
出演キャスト
ジェームズ・フレイヴィン ルシル・ブラウン ウィーラー・オークマン フランク・ハグニー

孤軍奮闘

  • 1932年公開
  • 出演(Major_Jenkins 役)

「猛火の決闘」と同じくD・ロス・レダーマンが監督したティム・マッコイ主演西部劇で、「荒馬スモーキィ」のスチュアート・アンソニーが原作脚色したもの。撮影は「激浪」のベンジャミン・H・クライン担当。助演者はルアナ・ウォルタース、子役ウォーリー・オルブライト、ウィーラー・オークマン、ウェード・ボトラー、レイフ・マッキー等である。

監督
D・ロス・レダーマン
出演キャスト
ティム・マッコイ ルアナ・ウォルタース ウォーリー・オルブライト ウィーラー・オークマン

テキサスの旋風

  • 1932年公開
  • 出演(Utah_Becker 役)

「警官車十七号」のティム・マッコイが主演する映画で、ウィリアム・コールト・マクドナルドの原作をランドール・H・フェイが脚色し、「兄貴は世界一」「国境飛行隊」のD・ロス・レダーマンが監督し、ベンジャミン・H・クラインが撮影した。助演俳優は「競馬天国」のシャーリー・グレイを始めウィーラー・オークマン、ジョン・ウェイン、ウォーレス・マクドナルド、其他である。

監督
D・ロス・レダーマン
出演キャスト
ティム・マッコイ シャーリー・グレイ ウィーラー・オークマン ジョン・ウェイン
1931年

ギャングの娘

  • 1931年公開
  • 出演(Moreland 役)

「フランケンシュタイン(1931)」「ウォタルウ橋」主演のメイ・クラークが主演する映画で、ウィニフレッド・ヴァン、デューザーが書卸した物語を「奇跡の処女(1931)」「大飛行船」のジョー・スワーリングが脚色して台詞を附し、「海底二千尺」のロイ・ウィリアム・ニールが監督し、「ラスト・パレイド」「アリゾナ(1931)」のテッド・テズラフが撮影した。助演者は「地獄の天使(1930)」「女傑」のジェームズ・ホール「希望の星」のマリー・プレヴォー、「ラスト・パレイド」のロバート・エリスその他である。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
メイ・クラーク ジェームズ・ホール マリー・プレヴォー ロバート・エリス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィーラー・オークマン