映画-Movie Walker > 人物を探す > レネ・ルッソ

年代別 映画作品( 1989年 ~ 2018年 まで合計18映画作品)

2018年

ベスト・バディ

  • 2018年7月29日(日)公開
  • 出演(Suzie 役)

モーガン・フリーマン&トミー・リー・ジョーンズ競演のアクションコメディー。悠々自適な毎日を過ごす楽園リゾートの総支配人デューク。だがある日、謎めいたカウボーイのレオと、本社から来た女性ボス・スージーによって、デュークのその座が脅かされていく。共演は「ナイトクローラー」のレネ・ルッソ。監督は「さよならゲーム」「ハリウッド的殺人事件」のロン・シェルトン。特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018』にて上映。

監督
ロン・シェルトン
出演キャスト
モーガン・フリーマン トミー・リー・ジョーンズ レネ・ルッソ ジョー・パントリアーノ
2015年

マイ・インターン

  • 2015年10月10日(土)公開
  • 出演(フィオナ 役)

ニューヨークのファッション業界を舞台に、オンラインサイトのCEOとして働くキャリアウーマンが、40歳年上のアシスタントとの出会いを機に成長していく姿を描くヒューマンドラマ。アン・ハサウェイがスマートで美しいヒロインを熱演し、女性からの共感を呼ぶ。名優ロバート・デ・ニーロとの初共演にも注目だ。

監督
ナンシー・マイヤーズ
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ アン・ハサウェイ レネ・ルッソ アダム・ディバイン

ナイトクローラー

  • 2015年8月22日(土)公開
  • 出演(Nina Romina 役)

『ブロークバック・マウンテン』のジェイク・ギレンホールが“ナイトクローラー”と呼ばれる報道スクープ専門の映像パパラッチを演じるサスペンス。視聴率のために倫理を踏み外した映像を求めるテレビ局と、次第に常軌を逸していく主人公の姿が描かれる。『ボーン・レガシー』の脚本家、ダン・ギルロイの初監督作となる。

監督
ダン・ギルロイ
出演キャスト
ジェイク・ギレンホール レネ・ルッソ ビル・パクストン リズ・アーメッド
2014年

マイティ・ソー ダーク・ワールド

  • 2014年2月1日(土)公開
  • 出演(フリッガ 役)

神の世界の戦士、ソーの活躍を描き人気を博したアクションの続編。“アベンジャーズ”の戦いの後、再び地球を襲う未曽有の危機に、ソーとその弟ロキが挑む。前作に引き続き、ソー役をクリス・ヘムズワースが演じるほか、ナタリー・ポートマン、浅野忠信ら主要キャストが出演し、『アベンジャーズ2』へとつながる物語が展開する。

監督
アラン・テイラー
出演キャスト
クリス・ヘムズワース ナタリー・ポートマン トム・ヒドルストン アンソニー・ホプキンス
2011年

マイティ・ソー

  • 2011年7月2日(土)公開
  • 出演(フリッガ 役)

『スパイダーマン』『アイアンマン』などで知られるマーベルコミックの人気ヒーローのドラマを、シェイクスピア作品などで知られるケネス・ブラナーが監督し、実写映画化。神の世界に生を受けし最強ながらも傲慢なソーが地球へ追放され、真のヒーローとして成長していくドラマが展開される。ソーの仲間役で浅野忠信が共演。

監督
ケネス・ブラナー
出演キャスト
クリス・ヘムズワース ナタリー・ポートマン トム・ヒドルストン ステラン・スカルスガルド
2006年

トゥー・フォー・ザ・マネー

  • 2006年3月18日(土)公開
  • 製作総指揮、出演(トニー 役)

アル・パチーノ&マシュー・マコノヒー共演の実話を基にしたマネー・ドラマ。スポーツ賭博の世界を舞台に、コンサルタントの男2人が、大金をかけて激突する!

監督
D・J・カルーソ
出演キャスト
アル・パチーノ マシュー・マコノヒー レネ・ルッソ アーマンド・アサンテ
2002年

ショウタイム

  • 2002年11月16日(土)公開
  • 出演(チェイス・レンジー 役)

ロバート・デ・ニーロ&エディ・マーフィという意表を突いた共演によるアクション・コメディ。凸凹刑事コンビの活躍を、ブラックなマスコミ風刺をとおして描き出す痛快作だ。

監督
トム・ダイ
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ エディ・マーフィ レネ・ルッソ フランキー・フェイゾン
1999年

トーマス・クラウン・アフェアー

  • 1999年11月13日(土)公開
  • 出演(Catherine Banning 役)

絵画強盗を道楽にする大富豪と保険会社の敏腕女性調査員の危険な駆け引きを描くサスペンス。スティーヴ・マックイーン、フェイ・ダナウェイ主演で映画化された「華麗なる賭け」のリメイク。監督は「ダイ・ハード1、3」のジョン・マクティアナン。脚本はオリジナルのアラン・R・トラストマンの原案を元に、「ミセス・ダウト」のレスリー・ディクソンと「スフィア」のカート・ウィマーが担当。製作はボー・セントクレアと主演の「ダンテズ・ピーク」のピアース・ブロスナン。撮影は「ディープ・インパクト」(第2班)のトム・プリーストリー。音楽は「ロッキー」シリーズのビル・コンティ。衣裳は元『ヴァニティ・フェア』誌のデザイナーのケイト・ハリントン。共演は「リーサル・ウェポン4」のレネ・ルッソ、オリジナルでヒロインをつとめたフェイ・ダナウェイ(「ジャンヌ・ダルク」)、「サンドラ・ブロックの恋する泥棒」のデニス・レアリー、スーパーモデルのエスター・カニャーダス、「ビッグ・リボウスキ」のベン・ギャザラほか。

監督
ジョン・マクティアナン
出演キャスト
ピアース・ブロスナン レネ・ルッソ デニス・レアリー フランキー・フェイゾン
1998年

リーサル・ウェポン4

  • 1998年8月1日(土)公開
  • 出演(Lorna Cole 役)

L.A.の暴走刑事コンビの活躍を描く人気シリーズの6年ぶりの第4弾。監督はシリーズ産みの親で「マーヴェリック」のリチャード・ドナー。脚本は人気テレビ・シリーズ『NYPDブルー』を手掛け、本作が映画デビュー作となるチャニング・ギブソン。製作はドナーとシリーズ全作を手掛けたジョエル・シルヴァー。製作総指揮は「トゥルー・ロマンス」のスティーブ・ペリーと「アルマゲドン」のジム・ヴァン・ウィク。撮影は「追跡者」のアンジェイ・バートコウィアク。音楽はシリーズ全作を担当している「ロビン・フッド」のマイケル・ケイメン、ロック界のスーパースターのエリック・クラプトン、『ダブル・ビジョン』でグラミー賞に輝いたデイヴィッド・サンボーン。美術は「カラーパープル」のJ・マイケル・リーヴァ。衣裳は「痩せゆく男」のハ・ニューエン。主演はシリーズの顏である「陰謀のセオリー」のメル・ギブソン、「レインメーカー」のダニー・クローヴァー。共演は前作から加わった「身代金」のレネ・ルッソ、「カジノ」のジョー・ペシら常連メンバーに加えて、「身代金」のクリス・ロック、初のハリウッド進出第1作となる「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズのリー・リンチェイが敵役で登場。

監督
リチャード・ドナー
出演キャスト
メル・ギブソン ダニー・グローヴァー ジョー・ペシ レネ・ルッソ
1997年

身代金

  • 1997年2月15日(土)公開
  • 出演(Kate Mullen 役)

一人息子を誘拐した犯人と戦う父親の行動を描いたサスペンス。身代金を巡るアイディア、巧みなストーリー・テリングでサスペンスを醸し出す演出の手腕が見どころ。グレン・フォード主演、アレックス・シーガル監督の「誘拐」(56)を、「アポロ13」のロン・ハワードの監督でリメイク。アレクザンダー・イグノンの原案を基に、「クロッカーズ」のリチャード・プライスが脚本を執筆。製作は「マイ・ルーム」のスコット・ルーディンと「ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合」のほかハワード作品のほとんどを手掛けているブライアン・グレイザー、「恋の闇 愛の光」のB・キプリング・ハゴピアンの共同。製作総指揮のトッド・ハロウェル、音楽のジェームズ・ホーナー、美術のマイケル・コレンブリス、編集のダン・ハンリーとマイク・ヒルは「アポロ13」に続いての参加。撮影は「トリコロール 赤の愛」のピョートル・ソボシンスキ。衣裳は「ザ・ファン」「カジノ」のリタ・ライアック。主演は「リーサル・ウェポン3」以来の共演となる、「ブレイブハート」のメル・ギブソンと「ゲット・ショーティ」のレネ・ルッソ。共演は「アポロ13」のゲイリー・シニーズ、「ブロークン・アロー」のデルロイ・リンド、「I SHOT ANDY WARHOL」のリリ・テイラー、「マッド・ラブ」のリーヴ・シュライバー、ポップス・グループ〈ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック〉のメンバーだったドニー・ウォルバーグ、「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のエヴァン・ハンドラー、俳優ニック・ノルティの実子である子役のブローリー・ノルティ、「クルーレス」のダン・ヘダヤほか。

監督
ロン・ハワード
出演キャスト
メル・ギブソン レネ・ルッソ ブローリー・ノルティ ゲイリー・シニーズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レネ・ルッソ