映画-Movie Walker > 人物を探す > リード・ハウス

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1953年 まで合計13映画作品)

1953年

ネバダ決死隊

  • 1953年4月20日(月)公開
  • 出演(Hank_Fletcher 役)

「海賊船長」のハリー・ジョー・ブラウンと「拳銃45」に出演したランドルフ・スコットが共同製作したテクニカラー西部活劇1952年作品。脚本と監督は新進ロイ・ハギンズ、撮影は「廃墟の守備隊」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽監督はミッシャ・バカライニコフである。製作者のスコットが主演し、「大地は怒る」のドナ・リード、「リオ・グランデの砦」のクロード・ジャーマン・ジュニア、「探偵物語」のフランク・フェイレン、「永遠のアンバー」のグレン・ランガン、リチャード・デニング、リー・マーヴィンらが助演する。

監督
ロイ・ハギンス
出演キャスト
ランドルフ・スコット ドナ・リード クロード・ジャーマン・ジュニア フランク・フェイレン
1951年

覆面二挺拳銃

  • 1951年12月11日(火)公開
  • 出演(Lon 役)

マックス及びアーサーのアレクサンダー兄弟が製作した1939年度西部活劇で、ウィリアム・ライヴリーが脚本を書き下ろし、ハリー・フレイザーが監督した。撮影はウィリアム・ハイヤーズ、音楽はリュウ・ポーター。主演はかつてF・N社で鳴らしたケン・メイナード、相手役はドロシー・ショートで。傍役に往年のスター、リード・ハウスが顔を見せる。

監督
ハリー・フレイザー
出演キャスト
ケン・メイナード ドロシー・ショート ハリー・ハーヴェイ Ted Adams
1932年

七万人の目撃者

  • 1932年当年公開
  • 出演(Southard 役)

R・K・O・パテから数本の映画を発表しているプロデューサーのチャールズ・R・ロジャースがパラマウントと提携して製作した映画でコートランド・フィツシモンズの筆になる小説家ら「魔人ドラキュラ」「フランケンシュタイン(1931)」のギャレット・フォートが映画劇に改作し、P・J・ウルフソン及びブレン・リヴキン両人が台詞を付加したものを前記プロデューサー付きの監督ラルフ・マーフィーが演出した作品である。主なる出演者は「私の殺した男」のフィリップス・ホームス、「春ひらく(1931)」「太平洋爆撃隊」のドロシー・ジョーダン、「君とひととき」「今晩愛して頂戴ナ」のチャーリー・ラッグルウス、「秘密の6」「ビリー・ザ・キッド」のジョン・マック・ブラウン、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド、「間諜X27」のルウ・コディー、「ロイドの活動狂」のケネス・トムソン、デイヴィッド・ランドウ、ウォルター・ハイアース、リード・ハウスでカメラは「ダグラスの世界一周」「偽りのマドンナ」のヘンリー・シャープが担当している。

監督
ラルフ・マーフィー
出演キャスト
フィリップス・ホームス ドロシー・ジョーダン チャールズ・ラグルズ ジョン・マック・ブラウン
1931年

太平洋爆撃隊

  • 1931年当年公開
  • 出演(Lieutenant_Fisher 役)

「大飛行艦隊」「大飛行船」と同じくアメリカ海軍少佐フランク・ウィードが書卸したストーリーを、ハーヴェイ・ゲイツとマルコム・スチュアート・ボイランが共同脚色し、「秘密の6」「大飛行艦隊」のジョージ・ヒルが監督し、「秘密の6」「惨劇の波止場」のハロルド・ウェンストロムが撮影したものである。主役は「チャンプ(1931)」「秘密の6」のウォーレス・ビアリーと「秘密の6」「暗黒街に踊る」のクラーク・ゲーブルで、「ニューヨークの歩道」「燃ゆる海原」のクリフ・エドワーズ、「印度の寵児」のコンラッド・ネーゲル、「假染の唇」のマージョリー・ラムボー、「ゴルフ狂時代」のドロシー・ジョーダン、「暴露戦術」のマリイ・ブレヴォー等が助演している。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー クラーク・ゲーブル コンラッド・ネーゲル ドロシー・ジョーダン
1929年

闇に踊る(1929)

  • 1929年当年公開
  • 出演(Harry_Frazer 役)

「獄中日記」「セレナーデ」等のリナ・バスケット嬢が主演した映画で、ウィリアム・ダドリー・ペリー氏の原作をピーター・ミルン氏が脚色し、新進のレイ・テイラー氏が監督したもの。俳優としては主演者の他に「嵐の翼」「乱暴ロージー」のリード・ハウス氏、「モダーン・ラブ」のクロフォード・ケント氏、「思い出」のグスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、フローラ・フィンチ嬢、クラリッサ・セルウィン夫人が出演している。

監督
レイ・テイラー
出演キャスト
リナ・バスケット リード・ハウス クロフォード・ケント グスタフ・フォン・セイファーティッツ
1928年

シンギング・フール

  • 1928年当年公開
  • 出演(John_Perry 役)

米国で最も人気のある歌い手アル・ジョルソン氏の第2回主演映画で、レスリー・バロウズ氏作の舞台劇を「空中サーカス」「指紋名探偵」のシー・グレアム・ベイカー氏が脚色「珍雄凱旋」「指紋名探偵」のロイド・ベイコン氏が監督したものである。ジョルソン氏を助けて「哀調の小道」「錯覚恋愛」のジョセフィン・ダン嬢、「ベン・ハー(1926)」「猫の寝巻」のベティー・ブロンソン嬢。「乱暴ロージー」のリード・ハウズ氏、「ブロード・ウェイ」のアーサー・ハウスマン氏、エドワード・マーティンデル氏、ヘレン・リンチ嬢及び少年名優のデーヴィー・リー君が出演している。撮影は「ニューヨーク狂想曲」「マノン・レスコオ」のバイロン・ハスキン氏が担当したパート・トーキーである。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
アル・ジョルソン ジョセフィン・ダン ペティー・ブロンソン アーサー・ハウスマン

曲馬天国

  • 1928年当年公開
  • 出演(Butch_Harper 役)

「姿は偽らず」「魔の家(1928)」「脚光の影」等と同じくエスター・ラルストンの主演する映画で、ジョージ・マンカー・ウォッタース氏の原作の映画化である。「乱暴ロージー」「人間力」と同じくルイズ・ロング女史が脚色し、「鳥なき里のお姫様」「上海目指して」の監督者ルーサー・リード氏が監督の任に当たった。ラルストン嬢の相手役は「乱暴ロージー」出演のリード・ハウス氏と「ブラッド・シップ」「支那の鸚鵡」のホバート・ボスウォース氏の二人で、そのほか「コーラス・ガール」のアラン・ロスコー氏や、トム・マガイヤー氏、ジョージ・フレンチ氏、メアリー・アルデン嬢等が助演する。

監督
ルーサー・リード
出演キャスト
エスター・ロールストン リード・ハウス ホバート・ボスウォース トム・マガイヤー
1927年

乱暴ローシー

  • 1927年当年公開
  • 出演(Joe_Hennessey 役)

「あれ」「離婚時代」に続いて製作されたクララ・ボウ嬢主演映画で、ナナリー・ジョンソン氏作の雑誌小説をマックス・マーシン氏が加筆し、ルイズ・ロング女史とエセル・ドハテイー女史とが脚色し、「恋慕やつれ」「女房いぬ間に」と同じくフランク・ストレイヤー氏が監督したもの。ボウ嬢の相手役は「鉄蹄万里」「嵐の翼」等出演のリード・ハウス氏で、アーサー・ハウスマン氏、ドリス・ヒル嬢、ダグラス・ギルモア氏等が助演している。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
クララ・ボウ リード・ハウス アーサー・ハウスマン ドリス・ヒル
1926年

お洒落豪傑

  • 1926年当年公開
  • 出演(Bob_Downa 役)

「爆発男児」「鉄蹄万里」等と同じくリード・ハウス氏主演活劇で同じくハリー・J・ブラウン氏が監督製作したもの。相手役はドロシー・ドワン嬢とブルース・ゴードン氏でヘンリー・バロウズ氏、ジョセフ・ジェラード氏、デイヴィッド・カービー氏等が助演する。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
リード・ハウス ドロシー・ドゥワン Richard Graves ヘンリー・バロウズ

名犬雷鳴

  • 1926年当年公開
  • 出演(Allen_Gregory 役)

名犬サンダー主演映画でローレンス・W・ペドローズ氏作の物語をドロシー・ヨースト女史とL・G・リグビー氏とが脚色し、「破竹の勢」「大自然の雄叫び」等と同じくジョン・G・ブライストーン氏が監督したものである。助演俳優は「鉄蹄万里」「木つ葉野郎」等出演のヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢、「燥発男児」「鉄蹄万里」等出演のリード・ハウス氏、「音なき警報」「海の洗礼」等出演のウィリアム・ラッセル氏及びハンク・マン氏である。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ヴァージニア・ブラウン・フェアー リード・ハウス ウィリアム・ラッセル ハンク・マン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リード・ハウス