TOP > 映画監督・俳優を探す > ハリス・ユーリン

年代別 映画作品( 1972年 ~ 2013年 まで合計25映画作品)

2013年

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命

  • 2013年5月25日(土)
  • 出演(アル・クロス 役)

数々の映画祭で評判を呼んだ『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランス監督とライアン・ゴズリングが再びタッグを組んで放つクライムドラマ。妻子を養うために強盗をするバイクレーサーと野心的な警官の物語が、子どもの世代にもわたって描かれる。警官役には、『世界にひとつのプレイブック』のブラッドリー・クーパー。

監督
デレク・シアンフランス
出演キャスト
ライアン・ゴズリング ブラッドリー・クーパー エヴァ・メンデス レイ・リオッタ
2007年

毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト

  • 2007年5月26日(土)
  • 出演(デビッド・ネメロフ 役)

ニコール・キッドマンが実在の写真家ダイアン・アーバスに扮した官能的なドラマ。貞淑な女性がみだらな欲望に目覚めていくさまを、幻想的なムードの映像で描き出す。

監督
スティーヴン・シャインバーグ
出演キャスト
ニコール・キッドマン ロバート・ダウニー・Jr. タイ・バレル ハリス・ユーリン

ライフ・イズ・ベースボール

  • 2007年4月28日(土)
  • 出演(ピタ・レドモンド 役)

1986年のNYを舞台にした、しゃれた味わいの悲喜劇。トラブル続きの中年男の人生が、彼の溺愛する野球チームの運命とシンクロしていくユニークな物語だ。

監督
マイケル・ホフマン
出演キャスト
マイケル・キートン ロバート・ダウニー・Jr. キャサリン・オハラ グリフィン・ダン
2004年

卒業の朝

  • 2004年3月27日(土)
  • 出演(Senator Bell 役)

実力派俳優ケビン・クライン主演による学園ドラマ。熱意に燃える高潔な教師がひとりの問題児との確執の果てに挫折を味わい、後年の生徒との再会を経て人生を振り返る姿を感動的に描く。

監督
マイケル・ホフマン
出演キャスト
ケヴィン・クライン エミール・ハーシュ エンベス・デイヴィッツ ロブ・モロウ
2003年

アメリカン・アウトロー

  • 2003年6月28日(土)
  • 出演(Thaddeus Rains President Rock Northern Rail Road 役)

アメリカ、西部開拓時代の英雄的なギャング、ジェシー・ジェームズと仲間の活躍を描いたウエスタン・アクション。虐げられた農民のために、権力に立ち向かう主人公の姿が痛快。

監督
レス・メイフィールド
出演キャスト
コリン・ファレル スコット・カーン アリ・ラーター ガブリエル・マクト
2001年

トレーニング デイ

  • 2001年10月20日(土)
  • 出演(Doug Rosselli 役)

2大実力派デンゼル・ワシントン&イーサン・ホーク共演による衝撃のクライム・サスペンス。都会の犯罪最前線で、ベテラン&新米刑事コンビの24時間を追うスリリングな衝撃作だ。

監督
アントワン・フークア
出演キャスト
デンゼル・ワシントン イーサン・ホーク スコット・グレン エヴァ・メンデス

ラッシュアワー2

  • 2001年9月22日(土)
  • 出演(Agent Sterling 役)

ジャッキー・チェン&クリス・タッカー主演によるサスペンス・アクションの第2弾。香港警察の警部リーとLA市警のカーター刑事がアジア、アメリカをまたにかけて謎の爆破事件に立ち向かう。

監督
ブレット・ラトナー
出演キャスト
ジャッキー・チェン クリス・タッカー チャン・ツィイー ジョン・ローン

ミリオンダラー・ホテル

  • 2001年4月28日(土)
  • 出演(Stanley Goldkiss 役)

鬼才ヴィム・ヴェンダース監督による、ファンタスティックな恋愛ドラマ。愛する人の心に触れようとする青年の、不器用な感情をとらえた寓話的な物語がせつない。

監督
ヴィム・ヴェンダース
出演キャスト
ジェレミー・デイヴィス ミラ・ジョヴォヴィッチ メル・ギブソン ジミー・スミッツ
2000年

ザ・ハリケーン

  • 2000年6月24日(土)
  • 出演(Leon Friedman 役)

 カーター役のD・ワシントンがアカデミー賞主演男優賞候補に。少年との交流による閉ざされた心の解放を説得力たっぷりに演じ演技派としての力量を見せつける。

監督
ノーマン・ジュイソン
出演キャスト
デンゼル・ワシントン ヴィセラス・レオン・シャノン デボラ=カーラ・アンガー リーヴ・シュレイバー
1998年

ビーン

  • 1998年3月21日(土)
  • 出演(George Grierson 役)

国を越えた人気を博して国際エミー賞など数々の賞に輝いたTVコメディ・シリーズ「ミスター・ビーン」の劇場版。日本でもNHKが不定期で深夜に放送したにもかかわらず口コミで噂が広まり高視聴率を記録して一大ブームとなった。監督はCMや喜劇舞台の演出でも知られる「彼女がステキな理由〈ワケ〉」のメル・スミス。製作はTVシリーズも手掛けピーター・ベネット・ジョーンズ、「ファーゴ」のティム・ビーヴァンとエリック・フェルナー。脚本は「フォー・ウェディング」のリチャード・カーティス(製作総指揮も)と劇場及びTVの脚本で活躍するロビン・ドリスコール。撮影は「バッド・フェロー」のフランシス・ケニー。音楽は主にTVで活躍するハワード・グッドオール。美術は「ファースト・ワイフ・クラブ」のピーター・ラーキン。編集は「ネバー・エンディング・ストーリー2」のクリストファー・ブランデン。「フォー・ウェディング」のローワン・アトキンソンがTV版同様タイトルロールを演じる。共演は「レスリー・ニールセンのドラキュラ」のピーター・マクニコル、「ジュニア」のパメラ・リード、「マッド・ドッグス」のバート・レイノルズほか。

監督
メル・スミス
出演キャスト
ローワン・アトキンソン ピーター・マクニコル パメラ・リード トリシア・ヴェッセイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ハリス・ユーリン

ムービーウォーカー 上へ戻る