映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェーン・バクスター

年代別 映画作品( 1934年 ~ 1938年 まで合計4映画作品)

1938年

ウエヤ殺人事件

  • 1938年当年公開
  • 出演(Dorothy 役)

守銭奴な富豪の殺人事件の真犯人を解き明かす法廷ミステリー。監督は「ノン・ストップ紐育」のロバート・スティーヴンソン。出演はクライヴ・ブルック、ジーン・ベイカー。

監督
ロバート・スティーヴンソン
出演キャスト
クライヴ・ブルック ジェーン・バクスター エドワード・リグビー フリック・エイルマー
1935年

透視人間

  • 1935年当年公開
  • 出演(Christine 役)

祖父から遺伝で、透視能力を持つようになった男を描いた、一九三五年度の製作になる風変りな娯楽映画。

監督
モーリス・エルヴィ
出演キャスト
クロード・レインズ フェイ・レイ メアリー・クレア Ben Field
1934年

復活(1934)

  • 1934年当年公開
  • 出演(Missy_Kortchagin 役)

「恋の凱歌」「クリスチナ女王」につぐルーベン・マムーリアンの監督作品で、レオ・トルストイの名著を映画化したもの。脚色には「力と栄光」のプレストン・スタージェス、「雨」のマクスウェル・アンダーソン、「花嫁は泣きました」のレナーデ・プラキンスの3人が協力して参興した。主演者は「女優ナナ」のアンナ・ステンと「明日無き抱擁」「生活の設計」のフレドリック・マーチとの2人で、「恋のページェント」のサム・ジャッフェ、「クレオパトラ(1934)」のC・オーブリー・スミス、英国の舞台女優ジェーン・バクスター、それからジェシー・ラルフ、エセル・グリフィス、グウェンドリン・ローガン、等が助演している。撮影は「ローマ太平記」「仮面の男(1933)」と同じくグレッグ・トーランドの担任。

監督
ルーベン・マムーリアン
出演キャスト
アンナ・ステン フレドリック・マーチ ジェーン・バクスター C・オーブリー・スミス

花咲く頃

  • 1934年当年公開
  • 出演(Vicki 役)

テナー歌手として名高いリヒャルト・タウバーが主演する歌謡映画で、オペレットの『三人の娘の家』を基として「狂乱のモンテカルロ」のフランツ・シュルツが書卸したものをシュルツがイギリス劇作家のジョン・ドリンクウォーター、ロージャー・バーフォード及びG・H・クラッサムと共同脚色し、監督には「魅惑を賭けて」「帰って来た恋人」等を在米時代に作ったポール・L・スタインが当り、撮影はドイツから来たオットー・カントレックがブライアン・ランガレイと共同担任した。助演は「復活」に出演しているジェーン・バクスター、カール・エスモンド、「ユダヤ人ジュス」のポール・グレーツ、アシーン・セイラー、ギブ・マクローリン等の面々である。

監督
ポール・L・スタイン
出演キャスト
リヒャルト・タウバー ジェーン・バクスター カール・エスモンド アシーン・セイラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェーン・バクスター