映画-Movie Walker > 人物を探す > ゲイル・アン・ハード

年代別 映画作品( 1985年 ~ 2013年 まで合計23映画作品)

2009年

ターミネーター4

  • 2009年6月13日(土)
  • キャラクター創造・原案

人類と機械との壮絶な戦いを描く人気SFアクションの新3部作の第1章。従来の人型以外にもバイク型や巨大なものなど、様々なタイプのターミネーターが人類に襲いかかる。

監督
マックG
出演キャスト
クリスチャン・ベール サム・ワーシントン アントン・イェルチン ムーン・ブラッドグッド

パニッシャー:ウォー・ゾーン

  • 2009年4月18日(土)
  • 製作

1970年代から続く人気アメコミが原作のバイオレンス・アクション。法で裁けぬ犯罪者を成敗する男パニッシャーが、NYの犯罪組織を束ねる巨悪にたった1人で立ち向かう!

監督
レクシー・アレクサンダー
出演キャスト
レイ・スティーヴンソン ドミニク・ウェスト ジュリー・ベンツ コリン・サーモン
2008年

インクレディブル・ハルク

  • 2008年8月1日(金)
  • 製作

エドワード・ノートンを主演に迎え、人気アメコミを新たに実写化したアクション。感情の爆発を機に緑色の巨人ハルクに変身する科学者と、彼を軍事利用しようとする軍が壮絶バトルを展開!

監督
ルイ・レテリエ
出演キャスト
エドワード・ノートン リヴ・タイラー ティム・ロス ティム・ブレイク・ネルソン
2006年

イーオン・フラックス

  • 2006年3月11日(土)
  • プロデューサー

シャーリーズ・セロンが体当たりのアクションで魅せるSFアクション。近未来を舞台に、独裁者暗殺に挑む美人エージェントの孤独な戦いをスタイリッシュに活写する。

監督
カリン・クサマ
出演キャスト
シャーリーズ・セロン マートン・ソーカス ジョニー・リー・ミラー ソフィー・オコネド
2004年

パニッシャー

  • 2004年11月13日(土)
  • 製作

超人ではなく、生身の人間を主人公にしたアメコミの人気作を実写映画化。法で裁けない悪人を成敗する、“パニッシャー”となった男の壮絶な闘いを描く。

監督
ジョナサン・ヘンスレー
出演キャスト
トム・ジェーン ジョン・トラヴォルタ ウィル・パットン ロイ・シャイダー
2003年

ハルク

  • 2003年8月2日(土)
  • 製作

「スパイダーマン」などで知られるマーベルコミックの人気作を「グリーン・デスティニー」の名匠アン・リー監督が映画化。数奇な運命を背負った男の苦悩を描くアクションだ。

監督
アン・リー
出演キャスト
エリック・バナ ジェニファー・コネリー サム・エリオット ジョシュ・ルーカス

ターミネーター3

  • 2003年7月12日(土)
  • エクゼクティブ・プロデューサー

アーノルド・シュワルツェネッガーが最強マシーン、ターミネーターに扮する人気シリーズの最新作が登場。人類滅亡の危機をめぐり、新型ターミネーターも出現し、新たな戦いが繰り広げられる。

監督
ジョナサン・モストウ
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー ニック・スタール クレア・デインズ クリスタナ・ローケン
1999年

ヴァイラス

  • 1999年5月29日(土)
  • 製作

宇宙から飛来した電磁波生命体と衛星探査船の乗組員の対決を描いたSFアクション。監督はジェームズ・キャメロン作品の「アビス」「トゥルーライズ」などで視覚効果を担当したジョン・ブルーノで、彼の監督デビュー作。SFXはデジタル・エフェクトを「スターシップ・トゥルーパーズ」のフィル・ティペットが担当。脚本はチャック・ファラー(「バーブ・ワイヤー ブロンド美女戦記」「ジャッカル」の脚本担当)の同名コミックを元に、ファラーと「スピーシーズ 種の起源」のデニス・フェルドマンが担当。製作は「アルマゲドン」のゲイル・アン・ハード。製作総指揮はファラー、「バーブ・ワイヤー」のマイク・リチャードソンと「パーフェクト・カップル」のゲーリー・レヴィンソンとマーク・ゴードン。撮影はデイヴィッド・エグビィ。音楽は「アベンジャーズ」のジョエル・マクニーリー。美術はメイリン・チェン。編集はスコット・スミス。出演は「トゥルーライズ」のジェイミー・リー・カーティス、「フェティッシュ」のウィリアム・ボールドウィン、「トゥームストーン」のジョアンナ・パクラ、「悪魔を憐れむ歌」のドナルド・サザーランドほか。

監督
ジョン・ブルーノ
出演キャスト
ジェイミー・リー・カーティス ウィリアム・ボールドウィン ドナルド・サザーランド ジョアナ・パクラ
1998年

アルマゲドン

  • 1998年12月12日(土)
  • 製作

小惑星の接近で滅亡の危機に瀕した地球を救うべく宇宙に旅立つ男たちの死闘を描いたヒューマン・アドベンチャー。監督は「ザ・ロック」のマイケル・ベイ。脚本は「ダイ・ハード3」のジョナサン・ヘンスレーとロバート・ロイ・プールの原案を基に、ヘンスレーと「心の旅」のJ・J・エイブラムズが執筆。製作はベイと「コン・エアー」のジェリー・ブラッカイマー、「ターミネーター」のゲイル・アン・ハード。製作総指揮はヘンズレー、チャド・オーマン、ジム・ヴァン・ウィック。撮影は「ザ・ロック」のジョン・シュワルツマン。音楽は「イレイザー」のトレヴァー・ラビン。美術は「エイリアン3」のマイケル・ホワイト。SFX 監修は「アポロ13」のパット・マックラング。出演は「マーキュリー・ライジング」のブルース・ウィリス、「すべてをあなたに」のリヴ・タイラー、「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のベン・アフレック、「ビッグ・リボウスキ」のスティーヴ・ブシェーミとピーター・ストーメア、「ザ・ウィナー」のビリー・ボブ・ソーントン、「コピーキャット」のウィル・パットンほか。

監督
マイケル・ベイ
出演キャスト
ブルース・ウィリス ビリー・ボブ・ソーントン リヴ・タイラー ベン・アフレック
1997年

レリック

  • 1997年5月31日(土)
  • 製作

未知の寄生生命体から生まれた怪物が人類を襲うパニック・ホラー。ダグラス・プレストンとリンカーン・チャイルドの同名小説(邦訳・扶桑社ミステリー文庫)を、「ゲッタウェイ」(94)のエイミー・ホールデン・ジョーンズ、「STAR TREK:ファースト・コンタクト」のジョン・ラッフォ、「ゆりかごを揺らす手」のアマンダ・シルヴァー、ロック・ジャッファの共同で脚色。最新の特殊技術で古典的なモンスター・ホラーを現代に再生させた監督は、「サドン・デス」のピーター・ハイアムズ。今回も撮影監督を兼任し、漆黒の闇を生かしたキャメラワークで恐怖を煽る。製作は「ダンテズ・ピーク」「ゴースト&ダークネス」のゲイル・アン・ハードと「コンゴ」のサム・マーサー、製作総指揮は「12モンキーズ」のゲイリー・レヴィンソンと「ブロークン・アロー」のマーク・ゴードン。音楽のジョン・デブニー、美術のフィリップ・ハリソン、編集のスティーヴン・ケンパー、衣裳のダン・レスターは「タイムコップ」「サドン・デス」でも監督と組んだ常連スタッフ。クリーチャー・エフェクトは「コンゴ」のスタン・ウィンストン、視覚効果監修はグレゴリー・L・マクマーリーが担当し、視覚効果はVIFX社が担当。主演は「カリートの道」のペネロープ・アン・ミラーと「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のトム・サイズモア。共演は「プレタポルテ」のリンダ・ハント、「ショーシャンクの空に」のジェームズ・ホイットモア、「ニュー・エイジ」のオードラ・リンドレイ、「バット21」のクレイトン・ローナー、「ホット★ショット2」のチー・ムオイ・ローほか。

監督
ピーター・ハイアムズ
出演キャスト
ペネロープ・アン・ミラー トム・サイズモア リンダ・ハント ジェームズ・ホイットモア

関連ニュース

『アリータ:バトル・エンジェル』のアリータは、これまでのキャメロン作品のヒロインとはちょっと違う
『アリータ』の映画化を実現させたジェームズ・キャメロンは、公私共に強い女性が好み!? 2019年2月18日 16:30

ジェームズ・キャメロンが製作・脚本を務め、木城ゆきとのSFコミック「銃夢」を原作に、自らの運命に立ち向かうサイボーグのヒロインの活躍を描く『アリータ:バトル・エンジェル』(2月22日公開)。これまで、革新的な映像で次々と…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ゲイル・アン・ハード