TOP > 人物を探す > リチャード・ラグラヴェネーズ

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2016年 まで合計13映画作品)

2016年

不屈の男 アンブロークン

  • 2016年2月6日(土)
  • 脚本

ベルリンオリンピックに出場したアスリート、ルイ・ザンペリーニの壮絶な半生を描く、アンジェリーナ・ジョリー監督による人間ドラマ。日本軍の捕虜となり、収容所で虐待を受けながらも不屈の精神で耐え抜く主人公には『名もなき塀の中の王』のジャック・オコンネル。また、日本人士官をミュージシャンのMIYABIが演じる。

監督
アンジェリーナ・ジョリー
出演キャスト
ジャック・オコンネル ドーナル・グリーソン MIYAVI ギャレット・ヘドランド
2015年

ラスト5イヤーズ

  • 2015年4月25日(土)
  • 監督、脚本、製作

2001年に『タイム』誌が選ぶベストショー10に選ばれ、オフ・ブロードウェイで大ヒットしたミュージカル『ラスト・ファイブ・イヤーズ』を、「P.S.アイラヴユー」のリチャード・ラグラヴェネーズ監督が映画化。キャリアに悩む女優の卵と若くして成功した小説家という一組のカップルのすれ違う思いを描いたミュージカル仕立てのラブ・ストーリー。二人が共に過ごした5年間を女性側からは別れから出会いに向けてさかのぼり、男性側からは出会いから別れに向けて綴り、愛の喜びと悲しみを浮き立たせる。主演はともにブロードウェイ出身である「マイレージ・マイライフ」のアナ・ケンドリックと「ジョイフル♪ノイズ」のジェレミー・ジョーダン。

監督
リチャード・ラグラヴェネーズ
出演キャスト
アナ・ケンドリック ジェレミー・ジョーダン ナタリー・ネップ タマラ・ミンツ
2013年

ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者

  • 2013年11月30日(土)
  • 監督、脚本

カミ・ガルシアとマーガレット・ストールによる全米ベストセラー小説を映画化したダークファンタジー。魔法使いの少女と彼女に恋した青年が運命に立ち向かう姿を描く。監督は、「P.S.アイラヴユー」のリチャード・ラグラヴェネーズ。出演は、「ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界」のアリス・イングラート。

監督
リチャード・ラグラヴェネーズ
出演キャスト
オールデン・エアエンライク アリス・イングラート エマ・トンプソン ジェレミー・アイアンズ

恋するリベラーチェ

  • 2013年11月1日(金)
  • 脚本

50〜70年代にかけて、ラスベガスのショーなどで活躍し、“世界が恋したピアニスト”と呼ばれた実在のエンターテイナー、リベラーチェ。彼とその愛人スコット・ソーソンとの出会い、同性愛者としての苦悩を描くラブストーリー。マイケル・ダグラスがきらびやかなピアニストに、マット・デイモンがその愛人に扮したビジュアルにも注目。

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
出演キャスト
マイケル・ダグラス マット・デイモン ダン・エイクロイド スコット・バクラ
2012年

恋人たちのパレード

  • 2012年2月25日(土)
  • 脚本

1930年代のサーカスを舞台に、美男美女の悲恋を華麗な映像で描いた正統派ラブストーリー。『トワイライト』シリーズの美形ヴァンパイア役で人気沸騰のロバート・パティンソンと、『キューティ・ブロンド』のリース・ウィザースプーンが共演。曲芸をする象と主人公との絆、ミステリー・タッチの展開が見応えたっぷりだ。

監督
フランシス・ローレンス
出演キャスト
リース・ウィザースプーン ロバート・パティンソン クリストフ・ヴァルツ ハル・ホルブルック
2008年

P.S.アイラヴユー

  • 2008年10月18日(土)
  • 監督、脚本

若手作家セシリア・アハーンが21歳の時に発表した純愛小説を、人気スター共演で映画化。亡き夫からの手紙に励まされ、生きる希望を取り戻していく女性の姿を描く感動ドラマだ。

監督
リチャード・ラグラヴェネーズ
出演キャスト
ヒラリー・スワンク ジェラルド・バトラー リサ・クドロー ハリー・コニック・ジュニア
2007年

フリーダム・ライターズ

  • 2007年7月21日(土)
  • 監督、脚本

2度のアカデミー賞主演女優賞に輝く、ヒラリー・スワンク主演のドラマ。すさんだ生活を送る高校生たちに“書かせること”で希望を与える女性教師の奮闘を感動的に紡ぎ出す。

監督
リチャード・ラグラヴェネーズ
出演キャスト
ヒラリー・スワンク パトリック・デンプシー スコット・グレン イメルダ・スタウントン

パリ、ジュテーム

  • 2007年3月3日(土)
  • 監督、脚本

全編パリで撮影された、パリの街が主役のラブ・ストーリー。ヌーヴェルヴァーグ全盛の65年、エリック・ロメールやジャン=リュック・ゴダールなど6人の監督がそれぞれの視点でパリを描いた「パリところどころ」の現代版ともいえる、新たなパリ映画。監督にはコーエン兄弟、ガス・ヴァン・サント、アルフォンソ・キュアロン、ウォルター・サレス、イサベル・コイシェ、諏訪敦彦、オリヴィエ・アサヤス、シルヴァン・ショメ、ジェラール・ドパルデューなど、出演者にはナタリー・ポートマン、イライジャ・ウッド、スティーヴ・ブシェミ、ジュリエット・ビノシュ、リュディヴィーヌ・サニエ、ジーナ・ローランズなど。

監督
ブリュノ・ポダリデス ジーナ・ローランズ ジェラール・ドパルデュー トム・ティクヴァ
出演キャスト
フロランス・ミュレール ブリュノ・ポダリデス ジーナ・ローランズ ベン・ギャザラ
1998年

モンタナの風に抱かれて

  • 1998年10月17日(土)
  • 脚本

雄大なモンタナの大自然を舞台に、傷ついた少女と馬の癒しと再生、男と女の切ない愛の交わりを、美しい映像で綴っていくドラマ。監督・製作・主演はハリウッドを代表する名優ロバート・レッドフォード。「クイズ・ショウ」に続き、これが監督第5作目となる。共同製作はパトリック・マーキー。製作総指揮はレイチェル・フェファー。脚本は「ポストマン」のエリック・ロスと、「フィッシャー・キング」「マディソン郡の橋」のリチャード・ラグラヴェニーズ。原作はニコラス・エヴァンスのベストセラー小説。撮影はオリヴァー・ストーン作品で知られるロバート・リチャードソン。音楽は「ショーシャンクの空に」のトーマス・ニューマン。美術はジョン・ハットマン。編集はトム・ロルフ。衣裳はジュディ・L・ラスキン。共演は「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、「ホーム・アローン3」のスカーレット・ヨハンソン、「スノーホワイト」のサム・ニール、「バードケージ」のダイアン・ウィースト、「大いなる遺産」のクリス・クーパーほか。98年キネマ旬報ベスト・テン第9位。

監督
ロバート・レッドフォード
出演キャスト
ロバート・レッドフォード クリスティン・スコット・トーマス サム・ニール ダイアン・ウィースト
1997年

マンハッタン・ラプソディ

  • 1997年10月18日(土)
  • 原案、脚本

美醜にこだわり、セックスに惑わされる、現代の悩める恋人たちの姿をユーモラスに描いたロマンチック・コメディ。ニューヨークの実景をたっぶり取り入れた美しい映像と、豪華俳優陣の共演が見どころ。アンドレ・カイヤット監督のフランス映画「両面の鏡」(58)を下敷きに、「マディソン郡の橋」のリチャード・ラグラヴェニーズが原案・脚本を書き、「サウス・キャロライナ/愛と追憶の彼方」のバーブラ・ストライサンドが監督・製作・主演でリメイク。製作はストライサンドと「ヒート」のアーノン・ミルチャン、製作総指揮はシス・コーマン。撮影は「クイック&デッド」のダンテ・スピノッティと「グッドマン・イン・アフリカ」のアンジェイ・バートコウィアック。音楽は「ファニー・レディ」以来のストライサンドと名コンビのマーヴィン・ハムリッシュ、美術はトム・ジョン、編集はジェフ・ワーナー、衣裳は「ファースト・ワイフ・クラブ」のテオーニ・V・アルドリッジ。共演は「白い嵐」のジェフ・ブリッジス、「プレタポルテ」のローレン・バコール、「ダンテズ・ピーク」のピアース・ブロスナン、「逃亡者」(90)のミミ・ロジャースほか。

監督
バーブラ・ストライサンド
出演キャスト
バーブラ・ストライサンド ジェフ・ブリッジス ローレン・バコール ミミ・ロジャース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > リチャード・ラグラヴェネーズ