映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・メンケン

年代別 映画作品( 1991年 ~ 2017年 まで合計16映画作品)

2017年

美女と野獣

絶大な人気を誇るディズニーのアニメ作品をエマ・ワトソン主演で実写映画化したラブストーリー。呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、彼の前に現れた娘の運命を描く。『ドリームガールズ』のビル・コンドン監督が、壮大な世界観を見事に映像化し、アニメ版同様に歌あり、踊りありのミュージカル調の物語に仕立てている。

監督
ビル・コンドン
出演キャスト
エマ・ワトソン ダン・スティーヴンス ルーク・エヴァンス ジョシュ・・ギャッド
2016年

ソーセージ・パーティー

  • 2016年11月4日(金)公開
  • 音楽

ソーセージやパンなど食材たちが、待ち受ける過酷な運命と戦う姿を過激かつ下品な笑いと共に描き、話題を呼んだ大人向けのコメディ。コメディを得意とするセス・ローゲンが主人公フランクの声に加え、脚本を手がけ、『マダガスマル3』のコンラッド・ヴァーノンと『きかんしゃトーマス』のグレッグ・ティアナンが監督を務める。

監督
コンラッド・ヴァーノン グレッグ・ティアナン
出演キャスト
セス・ローゲン クリステン・ウィグ ジョナ・ヒル ビル・ヘイダー
2012年

白雪姫と鏡の女王

  • 2012年9月14日(金)公開
  • 音楽、作曲

ジュリア・ロバーツが意地悪な継母の女王に扮し、白雪姫とバトルを繰り広げるコミカルなファンタジー。人気歌手フィル・コリンズの娘リリー・コリンズがタフで前向きな白雪姫を演じる。『ザ・セル』の映像派ターセム・シンによる色彩豊かな映像はもちろん、本作が遺作となった石岡瑛子によるアートな衣装にも注目だ。

監督
ターセム・シン・ダンドワール
出演キャスト
ジュリア・ロバーツ リリー・コリンズ アーミー・ハマー ネイサン・レイン
2011年

塔の上のラプンツェル

  • 2011年3月12日(土)公開
  • 音楽

グリム童話の髪長姫をモチーフにした、ディズニー発の新たなヒロインが登場。お尋ね者の大泥棒との出会いから、見知らぬ世界へと足を踏み出していくヒロインの冒険が繰り広げられるアドベンチャー。世渡り上手な泥棒と、世間を知らなすぎる主人公が次から次へとおかしな騒動を巻き起こすさまを、ディズニー伝統の手法を用いて描く。

監督
バイロン・ハワード ネイサン・グレノ
出演キャスト
マンディ・ムーア ザカリー・リーヴァイ ドナ・マーフィ ブラッド・ギャレット
2010年

美女と野獣 ディズニー デジタル 3D

  • 2010年10月9日(土)公開
  • 音楽

1991年に公開されたディズニーの名作アニメが19年の時を経て3D化。美女と醜い野獣との純粋な愛を描き、当時、アニメーション映画として初めてアカデミー賞最優秀作品賞にノミネートされ大ヒットを記録した。最新技術により、美女と野獣が愛を誓うかのように踊るダンスシーンのほか、可愛らしくてユニークなキャラクターたちが復活。

監督
ゲイリー・トルースデール カーク・ワイズ
出演キャスト
ペイジ・オハラ ロビー・ベンソン リチャード・ホワイト レックス・エヴァーハート
2008年

魔法にかけられて

  • 2008年3月14日(金)公開
  • 音楽、作曲、作詞

アニメと実写映像を融合した、ディズニー製作のファンタジー。プリンセス、王子、魔女など、アニメの世界のキャラクターが、現実のニューヨークに現れ、大騒動を繰り広げる。

監督
ケヴィン・リマ
出演キャスト
エイミー・アダムス パトリック・デンプシー ジェームズ・マースデン ティモシー・スポール
2006年

シャギー・ドッグ

  • 2006年10月7日(土)公開
  • 音楽

ウォルト・ディズニーによる不朽の名作を現代に置き換えて映画化したティム・アレン主演のコメディ。イヌに変身してしまった法律家が、元の姿に戻るために悪戦苦闘する!

監督
ブライアン・ロビンス
出演キャスト
ティム・アレン クリスティン・デイヴィス ジーナ・グレイ スペンサー・ブレスリン
2005年

NOEL(ノエル)

  • 2005年12月10日(土)公開
  • 音楽

光り輝くクリスマス・イブのNYを舞台に、年齢も境遇も異なる男女6人のささやかな幸福をつづる群像劇。スーザン・サランドン、ペネロペ・クルスら豪華キャストが集結。

監督
チャズ・パルミンテリ
出演キャスト
スーザン・サランドン ペネロペ・クルス ポール・ウォーカー アラン・アーキン
2002年

美女と野獣 ラージ・スクリーン・フォーマット版

  • 2002年1月1日(火)公開
  • 作曲、作詞

魔法によって恐ろしい姿に変えられてしまった醜い野獣と、美しい娘とのラブストーリー。1991年に公開されたオリジナル版を、約10倍の面積をもつジャイアント・スクリーン用に新たに仕上げた。監督はゲイリー・トズルースデイルとカーク・ワイズの共同。2人は本作のオリジナル版の後、「ノートルダムの鐘」、「アトランティス/失われた帝国」も共同で監督している。製作総指揮・作詞は「アラジン」のハワード・アシュマン。製作は「ライオン・キング」のドン・ハーン。作曲・作詞は「アラジン」のアラン・メンケン。

監督
ゲイリー・トゥルースデイル カーク・ワイズ
出演キャスト
ペイジ・オハラ ロビー・ベンソン リチャード・ホワイト レックス・エヴァーハート
1997年

ヘラクレス(1997)

  • 1997年7月26日(土)公開
  • 音楽

ギリシャ神話の英雄ヘラクレスの知られざる青年期の恋と冒険の旅を描いた、ディズニーの長編アニメ第35作。監督・脚本・製作は「リトル・マーメイド」「アラジン」のコンビ、ジョン・マスカーとロン・クレメンツ。製作は、彼らと「ライオン・キング」のアリス・デューイ。脚本はマスカー、クレメンツ、ボブ・ショウ、ドナルド・マッケンリー、アイリーン・ミッチの共同。オリジナル・スコアと挿入歌の作曲を「アラジン」「ノートルダムの鐘」のアラン・メンケンが手掛け、作詞はブロードウェイの人気作詞家デイヴィッド・ジッペルが担当し、全6曲のナンバーを提供。プロダクション・デザインは「ピンク・フロイド/ザ・ウォール」のジェラルド・スカーフェ、美術監督はアンディ・ガスキル、CGI監修はロジャー・グールド。スーパーバイジング・アニメーターは「ライオン・キング」のアンドレアス・デジャ(ヘラクレス)、「ポカホンタス」のケン・ダンカン(メグ)、エリック・ゴールドバーグ(ピロクテテス)、ニック・ラニエリ(ハデス)。声の出演は「メンフィス・ベル」のテイト・ドノヴァン、舞台『美女と野獣』でトニー賞にノミネートされたスーザン・イーガン、「ニクソン」のジェームズ・ウッズ、「SPACE JAM」のダニー・デヴィート、「キルトに綴る愛」のリップ・トーン、ナレーターに「トゥルーライズ」のチャールトン・ヘストンらが参加。日本語吹替版も同時公開され、“TOKIO”の松岡昌弘、工藤静香、嶋田久作、ナレーターの森繁久彌ら多彩な面々が吹き替えに参加。オリジナル版ではマイケル・ボルトンの歌う主題歌『When a Man Love』のカバー曲を藤井フミヤが歌った。

監督
ジョン・マスカー ロン・クレメンツ
出演キャスト
テイト・ドノヴァン ジョシュ・キートン スーザン・イーガン ダニー・デヴィート

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・メンケン

ムービーウォーカー 上へ戻る