映画-Movie Walker > 人物を探す > ゲイリー・ロス

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2018年 まで合計7映画作品)

2018年

オーシャンズ8

  • 2018年8月10日(金)公開
  • 監督、脚本

ジョージ・クルーニーら豪華キャストが犯罪のプロに扮した人気シリーズ『オーシャンズ』の流れを汲む、女性だけの犯罪のプロフェッショナル・チームの活躍を描くクライム・サスペンス。スゴ腕のチーム8人が“ファッション界のアカデミー賞”と呼ばれるメットガラで、セレブたちからお宝を横取りしようと奮闘する。

監督
ゲイリー・ロス
出演キャスト
サンドラ・ブロック ケイト・ブランシェット ヘレナ・ボナム・カーター サラ・ポールソン
2017年

ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男

  • 2017年2月4日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

19世紀のアメリカで、リンカーン大統領よりも早く奴隷解放を実現するなど、真の自由を求めて戦った実在の人物、ニュートン・ナイトをマシュー・マコノヒーが演じる歴史ドラマ。南北戦争に疑問を抱き、500人の奴隷と農民たちを率いて100万人の南部軍に反旗を翻す姿が描かれる。監督は『シービスケット』のゲイリー・ロス。

監督
ゲイリー・ロス
出演キャスト
マシュー・マコノヒー ググ・ンバーター=ロー マハーシャラ・アリ ケリー・ラッセル
2004年

シービスケット

  • 2004年1月24日(土)公開
  • 監督、脚色

伝説の名馬“シービスケット”を巡る実話を映画化した感動のドラマ。大恐慌時代の米国を舞台に、シービスケットと3人の男たちの希望と勇気を繊細なタッチで描き上げる。

監督
ゲイリー・ロス
出演キャスト
トビー・マグワイア ジェフ・ブリッジス クリス・クーパー エリザベス・バンクス
1999年

カラー・オブ・ハート

  • 1999年5月22日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

往年の人気テレビドラマの中に入り込んでしまった現代っ子高校生兄妹が、その世界に異変をもたらしていく様を描いたファンタジー。白黒の世界に生きるドラマの町の人々が主人公らの感化を受けてカラーに色づいていく様が、デジタル加工を駆使した凝ったヴィジュアル・エフェクトで表現されるというユニークな映像処理が見どころ。監督は「ビッグ」「デーヴ」の脚本家であるゲーリー・ロスで、本作が監督デビューとなる。製作はロスと「アウト・オブ・サイト」の監督スティーヴン・ソダーバーグ、「バスキア」のジョン・キリツク、ロバート・J・デガス。製作総指揮はマイケル・デ・ルーカ、メアリー・ペアレント。撮影はジョン・リンドレイ。音楽は「バグズ・ライフ」のランディ・ニューマン。音楽監修はボニー・グリーンバーグ。エンド・クレジットの主題歌はフィオナ・アップルによるビートルズの名曲のカヴァー『アクロス・ザ・ユニバース』。美術は「L.A.コンフィデンシャル」のジニーン・オプウォール。編集はウィリアム・ゴールデンバーグ。衣裳は「ビッグ」「ディック・トレイシー」のジュディアナ・マコフスキー。視覚効果監督は「ガタカ」のクリス・ワッツ。色彩効果デザイナーはマイケル・サザード。出演は「アイス・ストーム」のトビー・マグァイア、「SFW」のリース・ウィザースプーン、「フェイス/オフ」「アイス・ストーム」のジョアン・アレン、「ブギーナイツ」のウィリアム・H・メイシー、「トゥー・デイズ」のジェフ・ダニエルズ、「スリング・ブレイド」のJ・T・ウォルシュ(本作完成後に死去し、献辞が捧げられている)、「25年目のキス」のメアリー・シェルトン、「秘密兵器リンペツト」のヴェテラン俳優ドン・ノッツほか。

監督
ゲイリー・ロス
出演キャスト
デイヴィッド・ローゼンブルーム トビー・マグワイア リース・ウィザースプーン ジョアン・アレン
1993年

デーヴ

  • 1993年8月14日(土)公開
  • 脚本

大統領とそっくりな容姿を持つ男が、心ならずも大統領の影武者を演じ続ける羽目になる姿を描くハート・ウォーミング・コメディ。監督・製作は「キンダガートン・コップ」のアイヴァン・ライトマン、共同製作は「ラジオ・フライヤー」のローレン・シューラー=ドナー、エグゼクティヴ・プロデューサーは「ベートーベン」の製作チーム、ジョーは「ベートーベン」の製作チーム、ジョー・メジャックとマイケル・C・グロス、脚本は「ビッグ」のゲイリー・ロス、撮影は「天使にラブ・ソングを」のアダム・グリーンバーグ、音楽は「フォーリング・ダウン」のジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。主演は「わが街」のケヴィン・クライン、「エイリアン3」のシガニー・ウィーヴァー。他に「ボディ」のフランク・ランジェラ、「チャーリー」のケヴィン・ダン、「イントルーダー 怒りの翼」のヴィング・レイムス、「スニーカーズ」のベン・キングスレイ、「ベートーベン」のチャールズ・グローディンらが共演。また、実在の米国国会議員たらやワシントンのマスコミのメンバーが大挙して特別出演している。

監督
アイヴァン・ライトマン
出演キャスト
ケヴィン・クライン シガニー・ウィーヴァー フランク・ランジェラ ケヴィン・ダン

ミスター・ベースボール

  • 1993年2月6日(土)公開
  • 脚本

日本の球団にトレードされた米大リーガーの活躍を描くヒューマン・コメディ。中日ドラゴンズの協力で、野球の場面は日本各地のプロ野球チームのホーム・グラウンドで撮影された。ナゴヤ球場では、10万人以上の名古屋市民がエキストラとして参加している。監督・製作は「ロシア・ハウス」のフレッド・スケピシ、共同製作は「ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録」のダグ・クレイボーン、ロバート・ニューマイヤー、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・ケイオ、ジェフリー・シルヴァー、近藤晋。セオ・ペレティアとジョン・ジュンカーマンの原案を基に、ゲイリー・ロス、ケヴィン・ウェイト、モンテ・メリックが脚本を執筆。撮影はイアン・ベイカー、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。主演は「コロンブス」のトム・セレック、「ブラック・レイン」の高倉健。レオン・リー、亜仁丸・レスリーら、日本で活躍した元大リーガーが特別出演している。

監督
フレッド・スケピシ
出演キャスト
トム・セレック 高倉健 高梨亜矢 デニス・ヘイスバート
1988年

ビッグ(1988)

  • 1988年7月30日(土)公開
  • 脚本

早く大人になりたいという夢を持つ12歳の少年が、突然35歳の大人に変身して巻き起こる騒動を描く。製作はジェームズ・L・ブルックスとロバート・グリーンハット、監督は「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のペニー・マーシャル、脚本はアン・スピルバーグ、撮影は「ブラッド・シンプル」のバリー・ソネンフェルド、音楽は「消えたセクシー・ショット」のハワード・ショアが担当。出演は「ドラグネット 正義一直線」のトム・ハンクス、「きのうの夜は…」のエリザベス・パーキンス、「サンタリア 魔界怨霊」のロバート・ロッジアほか。

監督
ペニー・マーシャル
出演キャスト
トム・ハンクス エリザベス・パーキンス ロバート・ロギア ジョン・ハード

関連ニュース

『ハンガー・ゲーム』のヒロインがスポンサーへアピールするポイントは?
『ハンガー・ゲーム』のヒロインがスポンサーへアピールするポイントは?(2012年9月27日)

スーザン・コリンズのベストセラーをゲイリー・ロス監督×ジェニファー・ローレンス主演で映画化した『ハンガー・ゲーム』(9月28日公開)。ストーリーの軸になる、国民…

話題騒然の『ハンガー・ゲーム』撮影地に観光客が殺到! 早速オーナーが家を売却へ
話題騒然の『ハンガー・ゲーム』撮影地に観光客が殺到! 早速オーナーが家を売却へ(2012年4月14日)

3月23日から全米公開されている『ハンガー・ゲーム』(日本今秋公開)は、昨年から「今年公開の作品の中で最も期待されている作品」として注目を集めていたが、公開17…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ゲイリー・ロス