映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ランドルフ

年代別 映画作品( 1968年 ~ 1992年 まで合計10映画作品)

1992年

マージョリーの告白

  • 1992年2月15日(土)公開
  • 出演(Harry's_Father 役)

平凡な主婦が不倫を経て新たな人生に目覚めていくハプニングコメディ映画。監督はロブ・ライナーの父で、「天国から落ちた男」のカール・ライナー、製作はデイヴィッド・レスター、ドン・ミラー、リズ・グロッツァー、エグゼクティヴ・プロデューサーはハワード・ウェストとジョージ・シャピロ、脚本はマーサ・ゴールドハーシュ、撮影はレイナルド・ヴィラロボス、音楽はジャック・エリオットが担当。

監督
カール・ライナー
出演キャスト
カースティ・アレイ ビル・プルマン キャリー・フィッシャー ジャミー・ガーツ
1991年

アイアン・メイズ ピッツバーグの幻想

  • 1991年10月10日(木)公開
  • 出演(Peluso 役)

ピッツバーグの製鉄所跡地を舞台に、日米経済摩擦の問題を浮かび上がらせた社会派ミステリー。監督は吉田博昭。彼はロバート・レッドフォード主宰のサンダンス・インスティチュートに招かれた日本人監督で、講師のオリバー・ストーンが彼の才能を評価し、製作を買って出たことからこの作品はできあがった。原作は芥川龍之介の「藪の中」。脚本はティム・メトカーフ。撮影は三枝盛男。音楽はスタンリー・マイヤーズ。編集はボニー・コーラー。美術はトビー・コーベット。出演は、「ホワイトハンター ブラックハート」のジェフ・フェイヒー、「アサシン」のブリジット・フォンダ、「ジュリエット・ゲーム」の村上弘明。

監督
吉田博昭
出演キャスト
ジェフ・フェイヒー ブリジット・フォンダ 村上弘明 J・T・ウォルシュ
1990年

ナショナル・ランプーン クリスマス・バケーション

  • 1990年12月7日(金)公開
  • 出演(Clark._Sr. 役)

クリスマス休暇を過ごす一家に、次々巻き起こる騒動を描いたコメディー。「ナショナル・ランプーン/ホリデーロード4000キロ」「ナショナル・ランプーン/ヨーロピアン・バケーション」(ビデオ発売)に続く、バケーション・シリーズ第3作。エグゼクティヴ・プロデューサーはマッティ・シモンズ、製作はジョン・ヒューズとトム・ジェイコブソン、監督はCF出身でこれがデビューのジェレマイア・S・チェチック、脚本はヒューズ、撮影はトーマス・アッカーマン、音楽はアンジェロ・バダラメンティが担当。出演はチェヴィー・チェイス、ビヴァリー・ダンジェロほか。

監督
ジェレマイア・S・チェチック
出演キャスト
チェヴィ・チェイス ビヴァリー・ダンジェロ ジュリエット・ルイス ジョニー・ガレッキ
1988年

さよなら魔法使い

  • 1988年当年公開
  • 出演(Doc 役)

第2次世界大戦のさ中、田舎の親戚のもとに預けられた頑なな12歳の少年の、心の成長を描くドラマ。製作はフィリップ・ポーセラとトム・タイソン、監督はジェニー・ポーウェン。ジョン・ニコルズの原作を基に、脚本はナンシー・ラーソン、撮影はリチャード・ボーウェン、音楽はミシェル・コロンビエが担当。出演はルーカス・ハース、リー・トンプソンほか。

監督
ジェニー・ボーウェン
出演キャスト
ルーカス・ハース リー・トンプソン ランス・ゲスト ジョン・ランドルフ
1985年

女と男の名誉

  • 1985年9月28日(土)公開
  • 出演(Angelo_Pop_Partanna 役)

マフィアの男が殺し屋の女に恋をしたことからまきおこるトラブルを描く。製作はジョン・フォアマン、監督は「火山のもとで」のジョン・ヒューストン、脚本は原作者リチャード・コンドン(早川書房刊)とジャネット・ローチ、撮影はアンジェイ・バートコウィアク、音楽はアレックス・ノースが担当。出演はジャック・ニコルソン、キャスリーン・ターナーなど。

監督
ジョン・ヒューストン
出演キャスト
ジャック・ニコルソン キャスリーン・ターナー アンジェリカ・ヒューストン ロバート・ロギア
1976年

キングコング(1976)

  • 1976年12月18日(土)公開
  • 出演(Captain_Ross 役)

33年に製作された「キング・コング(1933)」の再映画化。南太平洋の孤島に棲息していたキングコングをめぐるスペクタクル映画。製作は「リップスティック」のディノ・デ・ラウレンティス、製作指揮はフェデリコ・デ・ラウレンティスとクリスチャン・フェリー、監督は「タワーリング・インフェルノ」のジョン・ギラーミン、脚本はロレンゾ・センプル・ジュニア、撮影はリチャード・H・クライン、音楽はジョン・バリー、美術はマリオ・チアリとデール・ヘネシー、特殊効果は「大地震(1974)」のグレン・ロビンソンが各々担当。出演はジェシカ・ラング、ジェフ・ブリッジス、チャールズ・グローディン、ジョン・ランドルフ、ルネ・オーベルジョノワなど。

監督
ジョン・ギラーミン
出演キャスト
ジェシカ・ラング ジェフ・ブリッジス チャールズ・グローディン ジョン・ランドルフ
1974年

セルピコ

  • 1974年7月13日(土)公開
  • 出演(Sidney_Green 役)

ニューヨーク市警察に根強くはびこっている腐敗、汚職にたった1人で挑戦した正義の男“セルピコ”の苦難の物語。製作はマーティン・ブレッグマン、監督はシドニー・ルメット、ピーター・マースの原作をウォルド・ソルトとノーマン・ウェクスラーが脚本化、撮影はアーサー・J・オーニッツ、音楽はミキス・テオドラキスが各々担当。出演はアル・パチーノ、ジョン・ランドルフ、ジャック・キホー、ビフ・マクガイア、バーバラ・イーダ・ヤング、コーネリア・シャープ、トニー・ロバーツ、エド・グローバーなど。

監督
シドニー・ルメット
出演キャスト
アル・パチーノ ジョン・ランドルフ ジャック・キホー ビフ・マクガイア
1971年

ナンバーワン物語

  • 1971年1月29日(金)公開
  • 出演(Coach_jim 役)

体力的、年齢的限界にきたプロ・フットボール選手の栄光と挫折、男の孤独と哀感を鮮烈に描く。製作はウォルター・セルツァー、監督はトム・グリースで、ともに「ウィル・ペニー」のコンビ、脚本はデイヴィッド・モエシンジャー、撮影を「幸せはパリで」のミシェル・ユーゴー、音楽は「チザム」のドミニク・フロンティア、編集をリチャード・ブロックウェイ、衣装をリタ・リッグスがそれぞれ担当。出演は「大洋のかなたに」のチャールトン・ヘストン、「グラン・プリ」のジェシカ・ウォルター、「ひとりぼっちの青春」のブルース・ダーン、新人ダイアナ・マルダー、ジョン・ランドルフなど。イーストマンカラー、スタンダード。1969年作品。

監督
トム・グリース
出演キャスト
チャールトン・ヘストン ジェシカ・ウォルター ブルース・ダーン ダイアナ・マルダー
1970年

セコンド

  • 1970年6月6日(土)公開
  • 出演(Arthur_Hamilton 役)

“第二の人生”という人間の夢を、異様なリアリティの中でとらえた作品。製作は「5月の7日間」のエドワード・ルイス、監督は「さすらいの大空」のジョン・フランケンハイマー。デイヴィッド・イーリーの原作をルイス・ジョン・カルリーノが脚色。撮影は「バラの刺青」のアカデミー賞カメラマン、ジェームズ・ウォン・ホウ、美術はテッド・ハワース、音楽はジェリー・ゴールドスミス、セットはジョン・オースティン、編集はフェリス・ウェブスターがそれぞれ担当。出演は「大いなる男たち」のロック・ハドソン、セローム・ジェンス、ジョン・ランドルフ、「5月の7日間」のリチャード・アンダーソン、「不意打ち」のジェフ・コーリー、「野望の系列」のウィル・ギア、ウェズリー・アディ。他にマレイ・ハミルトン、フランシス・リード、ジョン・ローレンスなど。黒白、スタンダード。1966年作品。

監督
ジョン・フランケンハイマー
出演キャスト
ロック・ハドソン セローム・ジェンス ジョン・ランドルフ リチャード・アンダーソン
1968年

かわいい毒草

  • 1968年10月22日(火)公開
  • 出演(Azenauer 役)

スティーブン・ゲラーの小説『彼女は彼に続けさせた』を「空から赤いバラ」のロレンゾ・センプル・ジュニアが脚色、TV出身の新人で短篇『スケーターデーター』(日本未公開)で61年カンヌ映画祭でグラン・プリを得たノエル・ブラックが監督した異常性格者の物語。撮影は新人デイヴィッド・クエイド、音楽は「殺しの分け前 ポイント・ブランク」のジョニー・マンデルが担当した。出演は「パリは燃えているか」のアンソニー・パーキンス、「テスト・ハネムーン」のチューズデイ・ウェルドほか。製作「スケーターデーター」のマーシャル・バックラーとノエル・ブラックの2人。総製作はローレンス・ターマン。

監督
ノエル・ブラック
出演キャスト
アンソニー・パーキンス チューズデイ・ウェルド ビヴァリー・ガーランド ジョン・ランドルフ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ランドルフ