TOP > 人物を探す > クルト・ハッセ

年代別 映画作品( 1966年 ~ 1965年 まで合計7映画作品)

1966年

戦場はどこだ!

  • 1966年
  • 撮影

ロバート・ショウの原作をシルヴィア・ラインハルトが脚色ドイツのゴットフリード・ラインハルトが製作・監督した戦争コメディ。撮影はクルト・ハッセ、音楽はハロルド・バーンズが担当した。出演はアレック・ギネス、マイケル・コナーズ、ロバート・レッドフォードほか。

監督
ゴットフリード・ラインハルト
出演キャスト
アレック・ギネス マイケル・コナーズ ロバート・レッドフォード Anita Hoefer
1962年

非情の町

  • 1962年1月27日(土)
  • 撮影

「橋」の原作者マンフレッド・グレゴールの小説「宣告」の映画化である。米軍駐留下の西独の小さな町で起った婦女暴行事件を中心に、軍側と町側の対立をえぐった異色のドラマである。脚色はシルヴィア・ラインハルトとジョージ・ハーデラックの共同になり、監督・製作は「反逆者」のゴットフリート・ラインハルト。撮影はクルト・ハッセ。音楽はディミトリ・ティオムキンである。出演するのはカーク・ダグラス、クリスティン・カウフマン、E・G・マーシャル、ロバート・ブレークなど。

監督
ゴットフリード・ラインハルト
出演キャスト
カーク・ダグラス クリスティーネ・カウフマン E・G・マーシャル ロバート・ブレーク
1964年

裏切り(1959)

  • 1964年6月17日(水)
  • 撮影

イゴール・センツルグの原作を「撃墜王 アフリカの星」のヘルベルト・ライネッカーが脚色、同作品のアルフレッド・ワイデンマンが演出した恐怖犯罪ドラマ。撮影は「放課後の犯罪」のクルト・ハッセ、音楽は「迷路」のハンス・マルティン・マイエフスキーが担当した。主演は「シベールの日曜日」のハーディ・クリューガー、「青い波紋」のマルティン・ヘルト、「撃墜王 アフリカの星」のホルスト・フランク、ほかにイングリッド・ファン・ベルゲン、マリオ・アドルフなど。

監督
アルフレッド・ワイデンマン
出演キャスト
ハーディ・クリューガー マルティン・ヘルト マリオ・アドルフ ホルスト・フランク
1963年

教室を出たら大人

  • 1963年10月11日(金)
  • 撮影

ワルター・エバートの小説をハラルト・G・ペターソンがシナリオ化、「めざめ(1958)」のアルフレッド・フォーラーが監督した青春もの。撮影も「めざめ(1958)」のクルト・ハッセ、出演者は「朝な夕なに」のクリスチャン・ヴォルフ、「めざめ」のコルニー・コリンズ、「史上最大の作戦」のペーター・ファン・アイク、ハンス・ニールセンなど。

監督
アルフレッド・フォーラー
出演キャスト
ピーター・ヴァン・アイク クリスチャン・ヴォルフ ハイジ・ブリュール コルニー・コリンズ

雨の夜の銃声

  • 1963年3月24日(日)
  • 撮影

東西二つに分割されたドイツに住む二人の男女の恋が巨大な対立の犠牲になって死んでゆくまでを描く社会悲劇。「最後の橋」のヘルムート・コイトナーが自らの脚本を演出、撮影は「めざめ(1958)」のクルト・ハッセ、音楽は殆どのコイトナー作品や「女(1959)」を手がけたベルンハルト・アイヒホルン。出演者は「初恋物語」のエリック・シューマン、同じくゲオルク・トマラ、「ワン・ツー・スリー」のホルスト・ブッフホルツなど。製作は「初恋物語」のゲオルク・リヒター。ブッフホルツはドイツ連邦映画賞を受賞。

監督
ヘルムート・コイトナー
出演キャスト
エリック・シューマン エヴァ・コットハウス ホルスト・ブッフホルツ ゲオルク・トマラ
1959年

めざめ(1958)

  • 1959年5月15日(金)
  • 撮影

新しいハイティーンスター、コルニー・コリンズを主演させたドイツ映画。問題をはらんだ思春期女子高校生の生態が描かれる。監督はこれが処女作のアルフレッド・フォーラー。脚本はハラルト・G・ペターソンが書き、撮影をクルト・ハッセが担当している。音楽はマルティン・ベッチャー。他に出演するのは、国際スター、ペーター・ファン・アイク、ドリス・キルヒナー、アーデルハイト・ゼーク、「制服の処女(1958)」のザビーネ・シニエン、ハンス・ニールセン、ヨルク・ホルマー等。他にハイティーンスターが多数出演する。篇中のモダン・ジャズ演奏はヨハネス・レディスケ四重奏団。製作ヘルバード・ゼンネワルト。

監督
アルフレッド・フォーラー
出演キャスト
ピーター・ヴァン・アイク コルニー・コリンズ ドリス・キルヒナー アーデルハイト・ゼーク
1965年

大勝利

  • 1965年6月16日(水)
  • 撮影

ミヒャエル・モーアの原作を「ジャングルの魔女」のエルンスト・フォン・ザロモンが脚色、「〇八/一五」のパウル・マイが監督した戦時挿話。撮影はクルト・ハッセ、音楽はノルバート・シュルツェが担当した。出演は「怪人マブゼの挑戦」のゲルト・フレーベ、「武器の報酬」のヘルムート・シュミット、「〇八/一五」のペーター・カルステン、インゲボルク・シェーナー、クラウスユルゲン・ヴィソウなど。

監督
パウル・マイ
出演キャスト
ゲルト・フレーベ ヘルムート・シュミット ペーター・カルステン ジークフリート・ロビッツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > クルト・ハッセ