TOP > 映画監督・俳優を探す > Laura Lavarnie

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1930年 まで合計5映画作品)

1930年

悪魔の日曜日

  • 1930年
  • 出演(Madame_Bernstein 役)

「スウィーティー」「ハニー」に次ぐナンシー・キャロル嬢主演映 画で、「アンナ・カレニナ」「巴里(1926)」及び未輸入の「侵入者」の監督として名を挙げたエドモンド・グールディング氏が原作脚色監督したもので、「摩天楼の巨人」「勇者ならでは」のハリー・フィッシュベック氏が撮影した。助演者は「勇者ならでは」「レヴュー結婚」のフィリップス・ホームス氏、「海の王者」「デパート娘大学」のホバート・ボスウォース氏、「大地の果てまで」「青春狂想曲」のジェームズ・カークウッド氏、「愛の訪れ」「ストリート・ガール」のネッド・スパークス氏、「若き翼」「半分天国」のポール・ルーカス氏、ザス・ピッツ嬢、モーガン・ファーレイ氏、ジェッド・プラウティー氏、等である。

監督
エドモンド・グールディング
出演キャスト
ナンシー・キャロル フィリップス・ホームス ジェームズ・カークウッド ホバート・ボスウォース
1926年

ベルス(1926)

  • 1926年
  • 出演(A_Fortune_Teller 役)

エルクマン、シャトリアン合作の有名な舞台劇を映画化したもので、「千客万来」「プルシャの暴君」等と同じくジェームズ・ヤング氏が脚色監督した。主役は「アメリカ」「闇を衝く影」等出演のライオネル・バリモア氏で、「真紅の光線」等出演のローラ・トッド嬢、「雀」等出演のグスタフ・フェン・セイフェティツ氏、エディ・フィリップ氏、オット・レデラー氏等が助演している。

監督
ジェームズ・ヤング
出演キャスト
ライオネル・バリモア Caroline Frances Cokke グスタフ・フォン・セイファーティッツ ロリマー・ジョンストン
1922年

我子恋しさ

  • 1922年
  • 出演(Mrs._Tryan 役)

カレン・ランディス氏主演のゴールドウィン映画で「懐かしの我家」同様メアリーアルデン嬢が氏の母親に扮している。アリス・デュアー・ミラー女史の原作をジュリエン・ジョセフソン氏が脚色しパウル・ベルン氏が監督している。シルヴィア・ブリーマー嬢ハラム・クーリー氏等共演

監督
パウル・ベルン
出演キャスト
カレン・ランディス シルヴィア・ブリーマー メアリー・アルデン ハラム・クーリー

生命を弄ぶ男

  • 1922年
  • 出演(Martha_Douglas 役)

ハンプトン・デル・ルースが原作及び監督をしたアメリカン・リリージング社の映画で、「アダムズ・リブ」「魂は帰り行く」その他で近頃売り出しのミルトン・シルスや性格俳優のヘンリー・B・ウォルソール、「恐怖の一夜」「新三銃士」等出演のアルタ・アレン、「ロジタ(1923)」「結婚とは」等出演のアイリーン・リッチ等という良い役割である。

監督
ハンプトン・デル・ルース
出演キャスト
アルタ・アレン ミルトン・シルス ヘンリー・B・ウォルソール タリー・マーシャル
1921年

運命の皮肉

  • 1921年
  • 出演(Gracie_Moore 役)

リタ・ウィーマンの原作を、ベス・メレディスが脚色し、「濁流」「不滅の情火」等と同じくフランク・ロイドが監督した。主役は「嵐の国のテス(1922)」等出演のグロリア・ホープ、今はパラマウントのスターになっているジャック・ホルト、「ペンロッド」「危険信号」等出演のジョン・ハロンの3人である。題名の「凄い顔の喜劇役者」とは人生を指したものであろう。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ジャック・ホルト グロリア・ホープ ジョセフ・J・ダウリング ジョン・ハロン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > Laura Lavarnie

ムービーウォーカー 上へ戻る