映画-Movie Walker > 人物を探す > ナンシー・キャロル

年代別 映画作品( 1927年 ~ 1938年 まで合計31映画作品)

1938年

年ごろ(1938)

  • 1938年公開
  • 出演(Grace 役)

「アヴェ・マリア」に次ぐディアナ・ダービンの第4回主演映画で、「オーケストラの少女」の脚色に参加したF・ヒュー・ハーバートの書卸した原作を、「オーケストラの少女」「アヴェ・マリア」のブルース・マニングが脚色し、「最後のギャング」「大学の人気者」のエドワード・ルドウィグが監督した。撮影はダービンの前3作と同じクジョセフ・ヴァレンタイン、作詞・作曲は「アヴェ・マリア」のハロルドアダムスンとジミー・マクヒューのチームが受け持っている。助演者は「我は海の子」「奥さんは嘘つき」のメルヴィン・ダグラスをはじめ、「腕白時代」「チャムプ」ジャッキー・クーパー、サイレント時代のスターであったアイリーン・リッチ、「店曝しの天使」「小間使(1931)」以来久しぶりのナンシー・キャロル、「素晴らしき求婚」のジョン・ハリデイ、「トム・ソーヤ」のジャッキー・サール、「踊るアメリカ艦隊」の子役ジャニータ・クイッグレー、「新天地」のペギー・スチュワート、「パリの評判女」のチャールズ・コールマン等である。ダービンの前3作と同様に、ジョウバスターナックが制作した。

監督
エドワード・ルドウィグ
出演キャスト
ディアナ・ダービン メルヴィン・ダグラス ジャッキー・クーパー アイリーン・リッチ
1934年

薔薇色遊覧船

  • 1934年公開
  • 出演(Sally_Marsh 役)

「蛍の光」「空中レヴュー時代」のジーン・レイモンド、「鏡の前の接吻」「暗夜行路」のナンシー・キャロル、マスター・オヴ・セレモニースとして有名なジャック・ベニーが主演する映画で、レオン・ゴードンが書き下ろし「フープラ」のジョセフ・モンキュア・マーチが脚色し、「暴走する悪魔」「恐怖の夜」のベンジャミン・ストロフが監督に当たり「ルムバ」「光は野より」のテッド・テズラフが撮影した。助演は英国から招かれた喜劇俳優シドニー・ハワード、「可愛いアンニー」のミッチー・グリーン「妾の弱点」のシド・シルヴァース、「世界大洪水」のシドニー・ブラックマー、「ますらを」のラルフ・モーガン、「恋に賭けるな」のシャーリー・グレイ、サム・ハーディ、パッシー・ケリー、ロバート・エリオット等である。

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
ジーン・レイモンド ナンシー・キャロル ジャック・ベニー シドニー・ハワード
1933年

暗夜行路(1933)

  • 1933年公開
  • 出演(Grace_Clark 役)

「千万ドルの醜聞」「拳骨大売出し」のハリー・ジョー・ブラウン監督作品で、「千万ドルの醜聞」と同じくジーン・タウンとグレアム・ベイカーが共同して原作脚色した。撮影は「絶対の秘密」のミルトン・クラスナー。主演は「爆走する悪魔」「謎の真空管」のエドモンド・ロウと「紐育の仇討」「追いつめられた女」のナンシー・キャロル。共演に「紐育の仇討」のルー・コディ、「千万ドルの醜聞」のロバート・アームストロングおよびウォーレン・ハイマー、「恋愛百科全書」のスーザン・フレミング、「ラスカ」のドロシー・バージェス、ウォルター・ウォーカー、グラント・ミッチェル等。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
エドモンド・ロウ ナンシー・キャロル ルー・コディ ロバート・アームストロング

追いつめられた女

  • 1933年公開
  • 出演(Glende_O'Brien 役)

現代アメリカの10大人気作家の小説(リバーティー・マガジン連載)を映画化したもの。作者はルパート・ヒューズ、ヴィッキ・バウム、ヴィニャ・デルマー、アーヴィン・S・コップ、ガートルード・エイザートン、J・P・マッケヴォイ、ゼーン・グレイ、ウルスラ・パロット、ポーラン・バンクス、ソフィー・カーの10人で、脚色には「戦く幻影」のベイヤード・ヴェイラーが、監督には「デキシー歌舞曲」「死線に立つ」のポール・H・スローンが当たった。出演者は「紐育の仇討」「七月の肌着」のナンシー・キャロル、「お蝶夫人」「七月の肌着」のケーリー・グラントを始め、「大西洋横断」「支配する声」の ジョン・ハリデイ、「お蝶夫人」「明暗二人女」のアーヴィング・ピチェル、「腕の男」 「盗まれた天国」のルイス・カルハーン、「巴里の丑満時」のジャック・ラルー、1932年度ワンパス・ベビー・スターの1人に選ばれたロナ・アンドレ、フランク・シェリダン、 ジョン・デイヴィス・ロッジ、ノーマ・ミッシェル等が助演している。撮影は「暴君ネロ(1932)」「謎の真空管」のカール・ストラッスの担当である。

監督
ポール・H・スローン
出演キャスト
ナンシー・キャロル ケーリー・グラント ジョン・ハリデイ ルイス・カルハーン

粧いの夫人

  • 1933年公開
  • 出演(Maria 役)

「魔の家(1932)」「待ちかねる処女」のジェームズ・ホエールが監督した映画で、「宝石泥棒」のラディスラス・フォドール原作の舞台劇を「カンターの闘牛師」のウィリアム・アンソニー・マクガイアが脚色したもの。撮影には監督に昇進したカール・フロイントが特に当たっている。「暗夜行路」「七月の肌着」のナンシー・キャロル、「千万弗の醜聞」のフランク・モーガン、「地下の雷鳴」「地獄特急」のポール・ルーカスが主演し、「魔の家(1932)」のグロリア・スチュアート、舞台女優のジーン・ディクソン、「六月十三日の夜」のチャールズ・グレイプウィン、ドナルド・クック、ウォルター・ピジョン等が助演している。

監督
ジェームズ・ホエール
出演キャスト
ナンシー・キャロル フランク・モーガン ポール・ルーカス グロリア・スチュアート
1932年

七月の肌着

  • 1932年公開
  • 出演(Ruth_Brock 役)

「お蝶夫人」「ブロンド・ヴィナス」のケーリー・グラントと「紐育の仇討」「私の殺した男」のナンシー・キャロルが主演する映画で、「百万円貰ったら」「ふるさとの唄」のウィリアム・A・サイターが監督に当たった。原作はハーヴェイ・ファーガスンの小説で、「地下の雷鳴」のジョセフィン・ラヴェットと「天国爆撃隊」のジョセフ・モンキュア・マーチが改作し、「光に叛く者」「暁の偵察」のシートン・I・ミラーが脚色している。助演者は「白馬王国」「ふるさとの唄」のランドルフ・スコット「大空の闘士」のリリアン・ボンド、「拳骨大敵」のエドワード・ウッズ、グレイディ・サットン、オスカー・アッフェル等で、キャメラは「白馬大国」「タッチ・ダウン(1931)」のアーサー・L・トッドの兼任である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ケーリー・グラント ナンシー・キャロル ランドルフ・スコット エドワード・ウッズ

紐育の仇討

  • 1932年公開
  • 出演(Lora_Madigan 役)

「夜毎来る女」に次ぐジョージ・ラフトの主演映画で、ジョン・ウィルスタッチの原作小説をトムソン・バーティスが脚色し、「フランケンシュタイン(1931)」「魔人ドラキュラ」のギャレット・フォートと「犯罪王リコ」「フランケンシュタイン(1931)」のフランシス・エドワーズ・ファラゴーが共同脚色し、「女傑」のジェームズ・フラッドが監督に当たり、「今晩愛して頂戴ナ」「極楽特急」のヴィクター・ミルナーが撮影した。助演者は「私の殺した男」「わがまま者」のナンシー・キャロル、「拳骨大売出し」「七万人の目撃者」のデイヴィッド・ランドー、「謎の真空管」「夜の大統領」のノール・フランシス、舞台劇から来たグレゴリー・ラトフ、ウィリアム・ジャニー、ポール・ポルカシ等である。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
ジョージ・ラフト ナンシー・キャロル ロスコー・カーンス グレゴリー・ラトフ

わがまま者

  • 1932年公開
  • 出演(Daisy 役)

「私の殺した男」「小間使(1931)」のナンシー・キャロルと「山猫酒場」「タッチ・ダウン」のリチャード・アーレンとが主演する映画で、マティール・ハウ・ファーナム作の小説「野生の美人」に基づいて、グラディス・アンガーとリリアン・デイとの共同脚色し、「貨物船と女」「時計の殺人」のエドワード・スローマンが監督し、「夜の天使」「貨物船と女」のウィリアム・スタイナーが撮影した。助演者は返り咲きのボーリン・フレデリックを始め、ジョン・ライテル、マーガロ・ギルモア、バーク・クラーク、ドロシー・スティックニー等である。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ナンシー・キャロル リチャード・アーレン ポーリン・フレデリック ジョン・ライテル

私の殺した男

  • 1932年公開
  • 出演(Elsa 役)

「陽気な中尉さん」「モンテカルロ」のエルンスト・ルビッチがトーキーになってから始めて手がけたシリアス・ドラマで原作は「シラノ・ド・ベルジュラック」で有名なエドモン・ロスタンの息モウリス・ロスタンの筆になる舞台劇。それをレジナルト・バークレイが手を加えて改作し更に「陽気な中尉さん」と同様サムソン・ラファエルソンとエルネスト・ヴァイダが協力してシナリオにまとめ上げたもので撮影は「龍の娘」「失われた抱擁」のヴィクター・ミルナーが担任。主なる出演者を挙げれば「侠盗ヴァレンタイン」のライオネル・バリモア、「盗まれた天国」「夜の天使」のナンシー・キャロル、「アメリカの悲劇」「光に叛く者」のフィリップス・ホームズ、「モンテカルロ」のザス・ピッツ、ルイス・カーター、ルシアン・リトルフィールド等である。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
ライオネル・バリモア ナンシー・キャロル フィリップス・ホームス ルイズ・カーター
1931年

小間使(1931)

  • 1931年公開
  • 出演(Nora_Ryan 役)

「盗まれた天国」「夜の天使」に次ぐナンシー・キャロル主演映画で「新聞街の殺人」「恋愛四重奏」のモンタ・ベルが監督し、「姫君と武官」「新聞街の殺人」のカール・フロイントが撮影したもの。原作はグレイス・パーキンスの小説でアデリイド・ヒールブロンが脚色に当たった。助演者は「犯罪都市(1931)」のパット・オブライエン、舞台劇から映画界入りしたジェーン・レイモンド、「陽気な中尉さん」のヒュー・オコネル、「やくざ者(1930)」のジョージ・フォーセット、「女秘書の秘密」で映画初出演した舞台女優のメアリー・ボーランド・「女は真っ平(1931)」のドナルド・ミーク、ナンシー・キャロルの妹テリー・キャロル等。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
ナンシー・キャロル パット・オブライエン ジーン・レイモンド ヒュー・オコネル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ナンシー・キャロル