映画-Movie Walker > 人物を探す > ルイス・ストーン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1954年 まで合計71映画作品)

1931年

巴里の魔人

  • 1931年当年公開
  • 出演(Costaud 役)

フランスの有名な探偵小説家ガストン・ルルウの原作から「海魔」「月光の曲」のベス・メレディスが撮影台本を組み立て、「月光の曲」のエドウィン・ジャスタス・メイヤー、「結婚双紙」のジョン・ミーハンの二人が台詞を附し、「滅びゆく凱歌」「夜襲」のジョン・S・ロバートソンがメガフォンをとったもので主なる出演者は「海行かば(1930)」「運命の兄弟」のジョン・ギルバート、「ゴルフと女房」「海行かば(1930)」のリーラ・ハイアムス、「街のをんな」「インスピレーション」のルイス・ストーン、「あけぼの」「サアド・アラアム 警笛間を衝く」のジーン・ハーショルト、「近代エロ双紙」のナタリー・ムーアヘッド、アイアン・キース、C・オープレイ・スミス、アルフレッド・ヒックマン等でカメラは「月光の曲」「ニュー・ムーン」のオリヴァー・T・マーシュが担任である。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
ジョン・ギルバート リーラ・ハイアムス ルイス・ストーン ジーン・ハーショルト

秘密の6

  • 1931年当年公開
  • 出演(Newton 役)

「ビッグ・ハウス」「惨劇の波止場」と同じくフランセス・マリオンが脚本を書き下ろし、ジョージ、ヒルが監督、ウォレス・ビアリーが主演する映画で、カメラも同じくハロルド・ウェンストロムが担当した。「不死鳥」のリゥイス・ストーン。「ビリー・ザ・キッド」のジョン・マック・ブラウン、「民衆の敵」「地獄の天使(1930)」のジーン・ハーロウ、「惨劇の波止場」のマージョリー・ランボー、「キック・イン」のポール、ハースト、「素晴らしき嘘」のラルフ・ベラミー、「無冠の帝王」のクラーク・ゲーブルその他が共演する。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ルイス・ストーン ジョン・マック・ブラウン ジーン・ハーロウ

街の令嬢

  • 1931年当年公開
  • 出演(Graham 役)

ケイト・マクローリンの筆になるストオリイを「盗まれた接吻」「女に賭けるな」のリン・スターリングが脚色し、台詞を付し、俳優たるしケネス・マッケンナと舞台装置として知られたウィリアム・キャメロン・メンジースの両人が監督にあたった映画で「肉と霊」のエリッサ・ランディ、「近代エロ双紙」「ビッグ・ハウス」のルイス・ストーンが主演し「夜霧の女」のポール・ガヴァナー、ジョン・ギャリック、フレデリック・カーその他が助演する。カメラは「ビッグ・トレイル」「再生の港」のアーサー・エディソンが担当。

監督
ケネス・マッケンナ ウィリアム・キャメロン・メンジース
出演キャスト
エリッサ・ランディ ルイス・ストーン ポール・カヴァナー ジョン・ガーリック

マデロンの悲劇

  • 1931年当年公開
  • 出演(Carlo_Boretti 役)

エドワード・ノブロック原作舞台劇『子守唄』から「暴露戦術」「国際盗賊ホテル」のチャールズ・マックアーサーが脚色し、台詞を附しエドガー・セルウィンが監督にあたり、「パリの魔人」「ニュー・ムーン」のオリヴァー・T・マーシュが撮影を担当した映画。主なる出演者はニューヨークの舞台女優として名あるヘレン・ヘイズ、「秘密の6」のルイス・ストーン、「仮染の唇」のニール・ハミルトン、ロバート・ヤング、ィロフィ・エワーヅ、ジャン・ジャーショルト、マリー・プレヴォー、カレン・モーリーなどである。

監督
エドガー・セルウィン
出演キャスト
ヘレン・ヘイズ ルイス・ストーン ニール・ハミルトン ロバート・ヤング
1930年

ロマンス(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Cornelius_Van_Tuyl 役)

「インスピレーション」「船出の朝」と同じくグレタ・ガルボの主演映画である。エドワード・シェルダンの筆になる舞台劇から「海魔」「月光の曲」のベス・メレディス、エドウィン・ジャスタス・メイヤーが協力して撮影台本を作り上げ、台詞を書き、「インスピレーション」「アンナ・クリスティ」のクラレンス・ブラウンが監督し、「緑の処女地」「仮染の唇」のウィリアム・ダニエルスがクランクしたもので助演者として「街の令嬢」「インスピレーション」のルイス・ストーン、「緑の処女地」のギャヴィン・ゴードン、「スポーツ王国」のエリオット・ニュージェント、フローレンス・レイク、クララ・ブランディックその他がつき合っている。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
グレタ・ガルボ ルイス・ストーン ギャヴィン・ゴードン エリオット・ニュージェント

オフィスワイフ

  • 1930年当年公開
  • 出演(Lawrence_Fellows 役)

「海の巨人(1930)」「シンギング・フール」をものしたロイド・ベーコン作の小説にもとづいて「ショウ・ボート(1929)」「嵐に咲く花」のチャールズ・ケニヨンが脚色して台詞をつけたもの。主演者は「大親分」「恋の大分水嶺」のドロシー・マッケールと「不死鳥」「恋多き女」のリュイス・ルイス・ストーンで、「アパートの殺人」「ハヴァナから来た女」のナタリー・ムーアヘッド、「悪魔の日曜日」のホバート・ボスウォース、「命を賭ける男(1930)」のブルックス・ヴェネディクト、ウォルター・メリル、ジョーン・ブロンデル等が助演している。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ドロシー・マッケール ルイス・ストーン ホバート・ボスウォース ブランシュ・フレデリシ

ビッグ・ハウス

  • 1930年当年公開
  • 出演(Warden 役)

「愛すればこそ(1929)」「アリバイ」のチェスター・モリス、「人生の乞食」「支那街の夜」のウォーレス・ビアリー、「マダムX」のルイス・ストーン、「キートンのエキストラ」のロバート・モントゴメリー、「キートンの結婚狂」のリーラ・ハイアムス「海魔」のジョージ・マリオン、J.C.ヌジェントの共演映画。「アンナ・カレニナ」「風」のフランセス・マリオンの原作台詞に基づき、「コサック(1928)」「大飛行艦隊」のジョージ・ヒルが監督し、ハロルド・ウェンストロムが撮影した。助演者は、カール・デーン、デウィット・ジェニングスその他である。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
チェスター・モリス ウォーレス・ビアリー ルイス・ストーン ロバート・モンゴメリー
1929年

不死鳥(1929)

  • 1929年当年公開
  • 出演(Stephan_romholt 役)

「恋多き女」「エロチック艦隊」と同じくクラレンス・ブラウン監督作品で、「肉体と悪魔」の原作者ヘルマン・ズーデルマン作の小説「ステファン・トロムホルトの妻」に基づいて「恋多き女」「海魔」のベス・メレディスが脚色及び台詞を担任し、「エロチック艦隊」「黎明の剣士」のメリット・ガースタッドが撮影を担当している。主役は「マダムX」「恋多き女」のルイス・ストーン、映画初出演の舞台女優ペギー・ウッド、「侠盗ヴァレンタイン」「仮面の男(1929)」のリーラ・ハイアムスで、ハリー・マイヤース、サラ・パッデン、ウォーリー・オールブライトジュニア等が助演している。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ルイス・ストーン ペギー・ウッド リーラ・ハイアムス ハリー・マイヤース

マダムX

  • 1929年当年公開
  • 出演(Floliot 役)

かつて1920年にポーリン・フレデリックがゴールドウィン社で主演したことのあるアレクサンドル・ビッソン原作の有名なる同名戯曲を再び映画化したもので、俳優より監督に転じたライオネル・バリモアが第1回の作品である。ウィラード・マックが台詞を執筆し、「俺は水兵」のアーサー・リードが撮影を担任。主役は「サラアと其の子」「笑う女」にも出演した舞台出のルース・チャッタートンが特に招かれて演じ、「野性の蘭」「恋多き女」のルイス・ストーン、「海の狼(1930)」のレイモンド・ハケット、「疑惑の渦」のホームズ・ハーバート、ユージェニー・ベッセラー、ウルリッヒ・ハウプトとの他が助演している。

監督
ライオネル・バリモア
出演キャスト
ルイス・ストーン ルース・チャッタートン レイモンド・ハケット ホームズ・ハーバート

野生の蘭

  • 1929年当年公開
  • 出演(John_Sterling 役)

「肉体の悪魔」「イバニエズの激流」のグレタ・ガルボ嬢の主演映画で、ジョン・コールトン氏の原作を「我等の海」「スカラムーシュ」のウィリス・ゴールドベック氏が改作し「思い出」「山の王者」のハンス・クレーリー氏と「英雄時代」「キートンのカメラマン」のリチャード・スカイヤー氏とが台本を執筆し、「クォリティ街」「粋な殿様」のシドニー・A・フランクリン氏が監督し、「世界に告ぐ」「肉体と悪魔」のウィリアムス・ダニエルス氏が撮影した。助演者は「情熱の砂漠」「踊子気質」のルイス・ストーン氏と「ソレルとその子」のニルス・アスター氏である。

監督
シドニー・A・フランクリン
出演キャスト
グレタ・ガルボ ルイス・ストーン ニルス・アスター
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルイス・ストーン