TOP > 映画監督・俳優を探す > ルイス・ストーン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1954年 まで合計71映画作品)

1934年

わたし純なのよ

  • 1934年
  • 出演(Frank_Cousins 役)

「爆弾の微笑み」「春の火遊び」のジーン・ハーロウが「ベンガルの槍騎兵」「爆弾の微笑み」のフランチョット・トーンと「宝島(1934)」「かたみの傑作」のライオネル・バリモアを相手に主演する映画で、「春の火遊び」「真夜中の処女」の原作者アニタ・ルースがジョン・エマーソンと共同して原作脚色し、監督には「奇傑パンチョ」「旅客機の怪盗」のジャック・コンウェイが当たり、「宝島(1934)」「台風」のレイ・ジューンが撮影した。助演者は「宝島(1934)」「クリスチナ女王」のルイス・ストーンを始め「虹の都へ」のパッシー・ケリー、「ローマ太平記」のアラン・モーブレイ、「死の本塁打」のナット・ベンドルドン、その他である。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ジーン・ハーロウ フランチョット・トーン ライオネル・バリモア ルイス・ストーン

宝島(1934)

  • 1934年
  • 出演(Captain_Smollett 役)

これまでも映画化されたことのあるロバート・ルイ・スティーヴンソンの名作小説のトーキー化で、「エスキモー(1934)」「世界拳闘王」のジョン・リー・メインが脚色に、「爆弾の頬紅」「ホワイト・シスター(1933)」のヴィクター・フレミングが監督に、「舗道の雨」「秘密」のレイ・ジューン及び「ターザンの復讐」「エスキモー」のクライド・デ・ヴィナが撮影に、それぞれ当たった。主演者は「奇傑パンチョ」「バワリイ」のウォーレス・ビアリーと「僕はカウボーイ」「バワリイ」のジャッキー・クーパーで、「かたみの傑作」「心の緑野」のライオネル・バリモアを始め、「世界拳闘王」「林檎の頬」のオットー・クルーガー、「クリスチナ女王」のルイス・ストーン、英国劇団から来たナイジェル・ブルース、「豚児売り出す」のチャールズ・チック・セール、「妾は天使じゃない」のドロシー・ピーターソン等が助演している。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ジャッキー・クーパー ライオネル・バリモア オットー・クルーガー

殺人魔X

  • 1934年
  • 出演(Conner 役)

「舗道の雨」「夜間飛行」のロバート・モンゴメリーが主演する映画で、「肉弾鬼中隊(1934)」の原作者フィリップ・マクドナルド作の探偵小説を作者自ら潤色し、「春の火遊び」のハワード・エメット・ロジャースが脚色し「時計は踊る」「男子戦はざるべからず」のエドガー・セルウィンが監督に当り、「夜間飛行」「ダンシング・レディ」のオリヴァ・マーシュが撮影した。助演者は「旅客機の怪盗」のエリザベス・アラン、「クリスチナ女王」のルイス・ストーン、「人生の高度計」のラルフ・フォーブス「若草物語(1933)」のヘンリー・スティーブンソン、「ターザンの復讐」のフォーレスター・ハーヴェイ、レナード・ムーディー、アレック・B・フランシス等である。

監督
エドガー・セルウィン
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー エリザベス・アラン ルイス・ストーン ラルフ・フォーブス

金に憑かれて

  • 1934年
  • 出演(Purton 役)

「一日だけの淑女」「晩餐八時」のメイ・ロブソンが「若草物語(1933)」「南国の河唄」のジーン・パーカー、「クリスチナ女王」「明日の太陽」のルイス・ストーンと共演する映画でダドリー・ニコルズとラマー・トロッティが共同で書き下ろした物語を「酔いどれ船」「第三の恋」と同じくゼルダ・シアースとイヴ・グリーマンが共同脚色し、「豚売り出す」「サラリーマン」のチャールズ・F・ライズナーが監督に当たり「私重役様よ」「アフリカは笑ふ」のレナード・スミスが撮影した。助演者は「三角の月」のウィリアム・ベイクウェル、「爆弾の頬紅」のメアリー・フォーブス、レジナルド・メイスン、子役タッド・アレクサンダー、ウォルターウォーカー等である。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
メイ・ロブソン ジーン・パーカー ルイス・ストーン メアリー・フォーブス
1933年

ホワイト・シスター(1933)

  • 1933年
  • 出演(Prince_Chiaromonte 役)

「戦場よさらば」「マデロンの悲劇」のヘレン・ヘイズと「自由の魂」「スザン・レノックス」のクラーク・ゲーブルが主演する映画で、F・マリオン・クロフォード作の小説とそれに基づくウォルター・ハケット作の舞台劇に拠って「心を汚されし女」のドナルド・オグデン・スチュアートが脚色し、「紅塵」「ダグラスの世界一周」のヴィクター・フレミングが監督に当たり、「お気に召すまま(1932)」「摩天楼の狼」のウィリアム・ダニエルスが撮影した。助演者は「男子戦わざる可らず」「散り行く花」のルイス・ストーン、「戦慄街」のエドワード・アーノルド、「男子戦わざる可らず」のメイ・ロブソン、「散り行く花」のルイズ・クロッサ・ヘイル、アラン・エドワーズ等である。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ヘレン・ヘイズ クラーク・ゲーブル ルイス・ストーン ルイズ・クロッサー・ヘイル

男子戦わざる可らず

  • 1933年
  • 出演(Edward_Seward 役)

「マデロンの悲劇」「摩天楼の狼」のエドガー・セルウィンが監督した映画で、レジノルド・ローレンスとS・K・ローレン合作の舞台劇を「キューバの恋唄」「摩天楼の狼」のC・ガードナー・サリヴァンが脚色した。主演者は英国劇壇から招かれたダイアナ・ウィンヤードで、「明暗二人女」のフィリィップス・ホームス、「マデロンの悲劇」のルイス・ストーンが相手役を勤め、「キートンの歌劇王」のルース・セルウィン、メイ・ロブソン、「マデロンの悲劇」のロバート・ヤング、「今宵ひととき」のロバート・グリーグ、等が助演している。撮影は「ラジオは笑う」「百米恋愛自由型」のジョージ・フォルシーの担当。

監督
エドガー・セルウィン
出演キャスト
ダイアナ・ウィンヤード ルイス・ストーン フィリップス・ホームス メイ・ロブソン

失踪者三万人

  • 1933年
  • 出演(Captain_Webb 役)

「戦線の嵐」「笑う巨人」のロイ・デル・ルースが監督した映画で、ジョン・H・エイヤースとキャロル・バード共作の小説に基づいて「恐怖の甲板」の原作者ロバート・プレスネルが脚本を執筆した。出演者は「暁の耕地」「落下傘」のベティ・デイヴィス、「狂乱のアメリカ」「犯罪都市(1931)」のパット・オブライエン、「僕の自叙伝」「グランド・ホテル」のリュイス・ストーン、「肉の蝋人形(1933)」「仮面の米国」のグレンダ・ファレル、アレン・ジェンキンス、ルース・ドネリー、ヒュー・ハーバート、アラン・ダインハート等で、撮影は「戦線の嵐」「暁の耕地」のナーネイ・マクギル。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ベティ・デイヴィス ルイス・ストーン パット・オブライエン グレンダ・ファレル

クリスチナ女王

  • 1933年
  • 出演(Oxenstierna 役)

「グランド・ホテル」「お気に召すまま(1932)」に続いてグレタ・ガルボが主演する大作品で「今晩愛して頂戴ナ」「恋の凱歌」のルーベン・マムーリアンが招かれて監督に当った。原作はザルカ・フィアテルとマーガレット・P・レヴィノの二人が書卸したオリジナル・ストーリーで、フィアテルが「明日の太陽」のH・M・ハーウッドと共に脚本を作り、「裏切る唇」のS・N・ベールマンが台詞づけ、「晩餐八時」「南風」のウィリアム・ダニエルが撮影を担任した。助演者の主なるものは「奥様御寵愛」「巴里の魔人」のジョン・ギルバートを始めとし「暴君ネロ(1932)」のアイアン・キース、「男子戦わざる可からず」「失踪者三万人」のルュイス・ストーン、「爆弾の頬紅」のC・オーブリー・スミス、「青春の頬杖」のエリザベス・ヤング、レジナルド・オーウェン、デイヴィッド・トーレンス、グスタフ・フォン・セイファーティッツ、等である。

監督
ルーベン・マムーリアン
出演キャスト
グレタ・ガルボ ジョン・ギルバート アイアン・キース ルイス・ストーン

明日の太陽

  • 1933年
  • 出演(Gabriel_Service 役)

「散り行く花」「令嬢殺人事件」のクラレンス・ブラウンが監督した映画で、「グランド・ホテル」「戦く幻影」のライオネル・バリモアと「僕の自叙伝」「散り行く花」のリュイス・ストーンが共演するもの。C・L・アンソニイ原作の舞台劇に基づいて「笑う罪人」「巴里の魔人」のベス・メレディスがH・M・ハーウッドと共同して脚本を書き、「雨」「散り行く花」のオリヴァー・マーシュが撮影した。助演者は「婦人に御給仕」のベニタ・ヒューム折びエリザベス・アラン、「蒼白いまぶた」のフリップス・ホームス及びダグラス・ウォルトン・ドリス・ロイド、ハリウェル・ホップス等。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ライオネル・バリモア ルイス・ストーン ベニタ・ヒューム エリザベス・アラン
1932年

令嬢殺人事件

  • 1932年
  • 出演(Mr._Haney 役)

「蜃気楼の女」「暗黒街に踊る」のジョーン・クローフォードが「燃ゆる海原」「夫婦戦線」のロバート・モンゴメリーを相手役として主演する映画で、監督には「愛に叛く者」「蜃気楼の女」のクラレンス・ブラウンが当たった。マリー・ベロック・ローンズ女史作の小説を「スザン・レノックス」「男性の血潮」のワンダ・タショックが改作し、「自由の魂」「仮染の唇」のジョン・ミーハンが脚色して台詞をつけた。助演者は「船出の朝」「海魔」のニルス・アスター、「マデロンの悲劇」「マタ・ハリ」のルイス・ストーン、「百万円貰ったら」「女傑」のメイ・ロブソン、「ロイドの活動狂」「帰って来た恋人」のルイズ・クロッサー・ヘイル等で、キャメラは「マデロンの悲劇」「蜃気楼の女」のオリヴァー・T・マーシュが担当している。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ジョーン・クロフォード ロバート・モンゴメリー ニルス・アスター ルイス・ストーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ルイス・ストーン

ムービーウォーカー 上へ戻る