映画-Movie Walker > 人物を探す > マーシャル・ニーラン

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1934年 まで合計30映画作品)

1926年

マイク

  • 1926年
  • 原作、監督

「ディンティ」「ミニー」「芝居の世の中」等を作ったマーシャル・ニーラン氏の監督作品で、原作も氏自身の手になった。唯だ脚色だけはメオリン・ジャックスン女史をわづらわしている。「滑れケリー」で共演したサリー・オニール嬢とウィリアム・ヘインズ氏、「踊る英雄の」のチャールズ・マレイ氏、「親爺若返る」のフォード・スターリング氏等が重要な役を演じている外、「暴力団(1928)」のサム・ド・グラッス氏、ハンク・マン氏子役のジュニアー・コーラン君、フランキー・ダーロ君、ミュリエル・フランセス・ダナ嬢等も出演している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
サリー・オニール ウィリアム・ヘインズ チャールズ・マレイ フォード・スターリング

芝居の世の中

  • 1926年
  • 原作、監督

「外交」に次いでマーシャル・ニーランが監督製作したものでニーラン自ら原作を執筆しベンジャミン・グレイザーが脚色した。主役は「子の心親知らず」「猫の寝巻」等出演のベティー・ブロンソンで、「猿飛カンター」「当たり狂言」等出演のローレンス・グレイ、「駄法螺大当たり」「桃色の曲者」等出演のフォード・スターリングを始め、ルイズ・ドレッサー、ヘンリー・ウオルソール、レイモンド・ヒッチコック、スチュアート・ホームズ等が共演するほか、エドワード・マーティンデル、フイロ・マツカロー、ジョスリン・リー等も助演している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ベティー・ブロンソン フォード・スターリング ルイズ・ドレッサー ローレンス・グレイ

外交

  • 1926年
  • 監督

ヴィクトリエン・サルドウがサラ・ベルナアルのために作った舞台劇の一をベンジャミン・ブレーザー氏が現代化して脚色し「受難のテス」「スポーツの女神」等と同じくマーシャル・ニーラン氏が監督したもので、主役は前記二映画及び「海の洗礼」等出演のブランシュ・スウィート嬢が演じ、「沙漠颪(1926)」「ある乞食の話」等出演のニール・ハミルトン氏、「西部魂(1926)」「イスラエルの月」等出演のアルレット・マルシャル嬢を始、マット・ムーア氏、アール・ウィリアム氏、グスタフ・フォン・セイフェルティッツ氏、アーサー・エドモンド・カリュー氏、ジュリア・スウェイン・ゴードン嬢、上山草人氏等のオール・スター・キャストである。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ブランシュ・スウィート ニール・ハミルトン アルレット・マルシャル マット・ムーア
1925年

恋愛大拡張

  • 1925年
  • 原作、監督

「芝居の世の中」「桃色女白浪」等と同じくマーシヤル・ニーラン氏監督作品で前者に同じく氏自ら執筆した物語をベンジャーミン・グレイザー氏が脚色したもの。主演者は「第四の戒律」「決死の名騎手」等出演のロバート・エイニユウ氏と「第一曲馬団」「美人懸賞」等出演のヴアイオラ・ダナ嬢で、「美人帝国」「グリード」等出演のザス・ピッツ嬢、チエスター・コンクリン氏、フランク・カリアー氏、マルコム・ウエイト氏等が助演している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ロバート・エイニュー ヴァイオラ・ダナ フランク・カリアー ザス・ピッツ

スポーツの女神

  • 1925年
  • 監督

ジェラルド・ボーモン氏作の小説をチャールズ・E・ウィティカー氏が映画的に改作しトム・ジェラティー氏が執筆した台本によって「受難のテス」「海の洗礼」等主演のブランシュ・スウィート嬢で、「ロモラ」「ステラ・ダラス(1925)」等出演のロナルド・コールマン氏と「奇跡の薔薇」「極光に踊る女」等出演のリュ・コディー氏が共演し、ジョージ・フォーセット氏ハンク・マン氏、ジョセフィン・クロウェル嬢、アーサー・ホイト氏等が助演している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ブランシュ・スウィート ロナルド・コールマン ルー・コディ ジョセフィン・クロウェル
1924年

ドロシー・ヴァーノン

  • 1924年
  • 監督

「武士道華やかなりし頃」を書いたチャールズ・メイジャー氏原作の小説を、ウォルデマー・ヤング氏が脚色し「ミニー」「富に群がる者」等を監督したマーシャル・ニーラン氏が「孤児の生涯」以来久しぶりでメアリー・ピックフォード嬢を監督して作った映画で、ピックフォード嬢の相手は「王様万歳」出演のアラン・フォレスト氏「盲目の妻」「紐育の不夜城」等出演のマーク・マクダーモット氏、「十誡(1923)」「跫音」等出演のエステル・テイラー嬢で、その他にも「ブライト・ショール」出演のアンダース・ランドルフ氏、ピックフォード嬢の妹ロティー嬢、エリザベス女王役者として舞台で有名なクレア・イームス嬢等が共演している。英国エリザベス女王時代のロマンスである。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
メアリー・ピックフォード アンダース・ランドルフ マーク・マクダーモット Mme. Daumery

受難のテス

  • 1924年
  • 監督

イギリスの文豪トーマス・ハーディー原作の「ダーバーヴィルのテス」に基いて、ドロシー・ファーナム女史が脚色し「ミニー」「富に群がる者」等と同じくマーシャール・ニーラン氏が監督したもので、主役は氏の夫人で「パレスの騎士」に出演したフランシュ・スウィート嬢と「真夏の狂乱」「嵐に散る花」等出演のコンラッド・ネーゲル氏である。その他「救いを求むる人々」出演のスチュアート・ホームズ氏やパラマウント映画でお馴染みのジョージ・フォーセット氏等も主要な役を演じている。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ブランシュ・スウィート コンラッド・ネーゲル スチュアート・ホームズ ジョージ・フォーセット
1923年

恋に生きる者

  • 1923年
  • 監督

マデリーン・ルスヴェン女史の原作、ジョセフィン・ラヴェット女史の脚色で「富に群がる者」「ミニー」等と同じくマーシャル・ニーラン氏の監督したもの。主役は「愚か者の楽園」「土曜日の夜」等出演のコンラッド・ネーゲル氏「富に群がる者」「懐中懐かし」等に出演の最近死んだルシル・リクセン嬢で、その他にチャーリーの兄シドニー・チャップリン氏や「ターザン」で有名なエルモ・リンカーン氏等が共演する。シベリアを背景のロマンスである。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル ルシル・リクセン リチャード・トラヴァース キャスリーン・キー
1922年

ミニー

  • 1922年
  • 監督、脚色、原作

主役は「屠殺者(1922)」「異郷の露」等に出演したリートリス・ジョーイで、対手役は「女は真平(1924)」「妖雲渦巻く」等出演のマット・ムーアである。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
リートリス・ジョーイ マット・ムーア George Barnum ジョセフィン・クロウェル

ペンロッド

  • 1922年
  • 監督

「クラレンス」「危険なる処女時代」等の原作者ブース・ターキントンの原作になる少年劇で、マーシャル・ニーランが「豪勇ボッブ」「人生の姿」に続いて製作したもの。主役は「豪勇ボッブ」「鳥人獣人」等出演の雀斑バリー君で、その他クララ・ホートン、マージョリー・ドウ等の美しいところや、ユ社の喜劇でお馴染みのベビー・ペギー・ジェーン、老巧なところでクレア・マクドウェル、タリー・マーシャル等、なかなか立派な役割である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ウェズリー・バリー タリー・マーシャル クレア・マクドウェル マージョリー・ドゥ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マーシャル・ニーラン