映画-Movie Walker > 人物を探す > マーシャル・ニーラン

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1934年 まで合計30映画作品)

1934年

マダムと踊子

  • 1934年当年公開
  • 監督、製作

「力と栄光」のコリーン・ムーアが主演する映画で、無声映画時代才物としてその名を知られていたマーシャル・ニーランが監督製作したものである。原作はジョン・エマーソン、アニタ・ルース合作の舞台劇で、改作脚色にはクララ・S・ベランジャーが「キング・コング(1933)」のジェームズ・アシュモア・クリールマンと協力して当り、撮影は「昨日」「蒼白い瞼」のメリット・B・ガースタッドが担任。助演者は「悪魔の富籤」「地獄特急」のアレクサンダー・カークランドを始めとし「夜の看護婦」のチャールズ・ウィニンジャー、「夜の大統領」「ミス・ダイナマイト」のマーガレット・リヴィングストン、「わがまま者」のポーリン・フレデリック、ロバート・ベンチリー、ロス・アレクサンダー、2人組のピアノの曲弾きフレイとブラジオッティー、等である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
コリーン・ムーア チャールズ・ウィニンジャー ポーリン・フレデリック アレクサンダー・カークランド

よたもん稼業

  • 1934年当年公開
  • 監督

「ボクは芸人」「爆弾の頬紅」のリー・トレイシーが「ボクは芸人」「わたしのすべてを」のヘレン・マックを相手に主演する映画。原作は「可愛いマーカちゃん」のデーモン・ラニョンが書き下ろし、「合点!!承知!!」のハワード・J・グリーンが脚色し、「マダムと踊子」のマーシャル・ニーランが監督に当たり、「風の接吻」「花嫁は泣きました」のヘンリー・シャープが撮影した。助演者は「ボレロ」「合点!!承知!!」のウィリアム・フローリー、「女は要らねえ」のミナ・ゴンベル、「かぼちゃ太夫」のベビー・ルロイ、「唄へ!踊れ!(1933)」のキティー・ケリー、「奇傑パンチョ」のヘンリー・B・ウォルソール等の面々である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
リー・トレイシー ヘレン・マック ウィリアム・フローリー ミナ・ゴンベル
1930年

地獄の天使(1930)

  • 1930年当年公開
  • 原作

ルパート・ヒューズの甥で百万長者の相続者たるハワードン・ヒューズが設立したカッド・プロダクション社で製作された映画である「尖端足化粧」「タキシー十三号」の監督者たるマーシャル・ニーランとジョーゼフ・モンキュア・マーチが共同で組み立てたストーリーから「四枚の羽根」「店曝しの天使」のハワード・エスタブルックと「ビッグ・パレード」のハリー・ベーンが脚色し、ヒューズ自身が監督に当たったもので、主なる出演者は「恋の走馬灯」「これぞ天国」のジェームズ・ホール、「青春の夢(1929)」「空中軍団」のベン・ライオン、「鉄青年」のジーン・ハーロウ、「娘乱暴記」「某重大事件」のジョン・ダーロウ、ルシアン・プリヴァル、ジェーン・ウィントン、ウィンダムン・スタンディング・エヴェリン・ホールなどでカメラは「彼女は戦にゆく」「クラック将軍」のガエタノ・ゴーディオ、「空の王者」のエルマー・ダイヤー、ハリー・ヴェリー、バートン・スティーン、ハリー・ゼッヒ、デウイー・リグレーの6人の担任。ちなみにこれはその投資額と撮影日数の長さに於いて米国記録を破れる作品として知られている。

監督
ハワード・ヒューズ
出演キャスト
ベン・ライオン ジェームズ・ホール ジーン・ハーロウ ジョン・ダーロウ
1929年

尖端脚化粧

  • 1929年当年公開
  • 監督

「ストリート・ガール」で端役を勤めて認められたエキストラのジューン・クライド嬢が抜擢されて一躍主役を演ずる映画で、「ハロルド・ティーン」「曲者待った」のアーサー・レイク氏と「躍る曲線美」「最後の先駆者」のサリー・ブレーン嬢が相手役を勤め、「四人の息子(1928)」「巴里酔語」のアルバート・グラン氏「マネキンの夢」「彼女は戦に行く」のエドモンド・バーンズ氏、「巨人」「サブマリン」のドロシー・レヴィア嬢、「ナイト・パレード」のアン・ペニントン嬢等が助演するミュージカル・プレイである。ジョージ・ハル氏の原作により「タキシー十三号」「恋のサーカス」のマーシャル・ニーラン氏が監督し、「ストリート・ガール」「錯覚恋愛」のレオ・トーヴァー氏が撮影したもの。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ジューン・クライド アーサー・レイク サリー・ブレーン Allen Kearns

タキシー十三号

  • 1929年当年公開
  • 監督

「マイク」「桃色女白浪」「芝居の世の中」の監督者マーシャル・ニーラン氏がエフ・ビー・オー社に於いて製作した喜劇で、「怪我騒動」「凸凹サーカスの巻」のチェスター・コンクリン氏が主役を勤める。W・スコット・ダーリング氏が原作並びに脚色した。助演者は「高速度娘」のリー・モーラン氏を始め、エフ・ビー・オー・副社長ウィリアム・ルパロン氏に発見さ荒れた新進のマーサ・スリーパー嬢「喧嘩機関車」「女から女へ」に出演したヒュー・トレヴァー氏、エセル・ウェールス嬢、ジェリー・マイリー氏等である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
チェスター・コンクリン リー・モーラン マーサ・スリーパー エセル・ウェールス
1928年

恋のサーカス(1928・アメリカ)

  • 1928年当年公開
  • 監督

「彼とお姫様」「結婚崇拝」と同じくメアリー・アスター嬢、ロイド・ヒューズ氏共演喜劇で、デキシー・ウイルソン女史の原作を「アンクル・トムス・ケヴィン」のハーヴェイ・シュウ氏が脚色し、「マイク」「恋せよ乙女」のマーシャル・ニーラン氏が監督しデイヴィッド・ケッソン氏が撮影したものである。助演俳優は「レヴュー時代」「高速度娘」のアリス・ホワイト嬢、「熱血ボクシング手」のローフォード・デイヴィッドソン氏等である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
メアリー・アスター ロイド・ヒューズ アリス・ホワイト Howard Truesdale

娘十八コーラス時代

  • 1928年当年公開
  • 監督

「娘十八映画時代」に次ぐビービー・ダニエルス嬢主演喜劇でハーラント・トンプスン氏とグローヴァ・ジョーンス氏とが合作した物語をエセル・ドハーティー女史が脚色し「芝居の世の中」「桃色女白浪」等を同じくマーシャル・ニーラン氏が監督したものである。相手役は「娘十八映画時代」「脚光の影」等主演のニール・ハミルトン氏が勤め、「乙女よ純なれ」のリリアン・タッシュマン嬢を始め、ドリス・ヒル嬢、ジョー・E・ブラウン氏が助演する。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ニール・ハミルトン リリアン・タッシュマン ドリス・ヒル

屋根から来た男

  • 1928年当年公開
  • 監督

「タキシー十三号」「マイク」「桃色女白浪」等と同じくマーシャル・ニーラン氏が監督したもので、ルイス・エー・サレッキー氏の原作を「紅白乱舞」のダブリュウ・スコット・ダーリング氏が脚色した。主役は「相縁奇縁」「恋愛保険」のトム・ムーア氏の西部劇などに出演していたシーナ・オウエン嬢で、アルバート・ロスコー氏チャールズ・メイソン氏等が助演している。カメラは「かぼちゃ野郎」のフィリップ・タニュラ氏が担任している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
トム・ムーア シーナ・オウエン チャールズ・メイソン アルバート・ロスコー
1927年

恋せよ乙女

  • 1927年当年公開
  • 監督

「想い叶えて」「娘新奮両面鏡」に次いで製作されたコリーン・ムーア嬢主演喜劇でハワード・アーヴィング・ヤング氏作の物語に基いてジェラルド・C・ダフィー氏が脚色し、「桃色女白浪」「恋愛大拡張」「芝居の世の中」と同じくマーシャル・ニーラン氏が監督した。助演者は「鉄條網」「喧嘩友達」等に出演したラリー・ケント氏、「男見るべからず」「蠻婚崇拝」等のハラム・クーリー氏、「想い叶えて」のグウェン・リー嬢等である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
コリーン・ムーア ラリー・ケント ハラム・クーリー グウェン・リー

桃色女白浪

  • 1927年当年公開
  • 監督

「粋な殿様」に続いて製作されたコンスタンス・タルマッジ嬢主演喜劇で、ウオーレス・スミス氏が執筆した台本により「芝居の世の中」「受難のテス」等と同じくマーシャル・ニーラン氏が監督した。相手役は「我等の海」「明眸罪あり」等出演のアントニオ・モレノ氏が勤め、「粋な殿様」出演のエドワード・マーテインデル氏を始め、ジユランヌ・ジヨンストン嬢、カーメリタ・ジエラテイ嬢等が共演している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
コンスタンス・タルマッジ アントニオ・モレノ ジュランヌ・ジョンストン エドワード・マーティンデル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マーシャル・ニーラン