TOP > 映画監督・俳優を探す > フランク・ビール

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1933年 まで合計12映画作品)

1933年

ラッキイ・ドッグ

  • 1933年
  • 出演(Mr._Rogers 役)

「僕の武勇伝」「都会の世紀末」出演のチャールズ・チック・セールが老役でなしに出演する映画で、「ニューヨークの歩道」のザイオン・マイヤースが原作監督した。脚本はローランド・アッシャーが書き、「突貫赤ん坊」「活動屋往来」のジェローム・アッシュが撮影した。助演者はトム・オブライエン、ハリー・ホールマン等である。

監督
ザイオン・マイヤース
出演キャスト
チャールズ・チック・セール トム・オブライエン ハリー・ホールマン フランク・ビール
1931年

シマロン(1931)

  • 1931年
  • 出演(Louis_Venable 役)

「母」「ショウボーイ」の原作者エドナ・ファーバーの名作小説をトーキー化したもので「地獄の天使(1930)」「キスメット(1930)」のハワード・エスタブルックが脚色して台詞をつけ、「ストリート・ガール」「海魔」のウェズリー・ラッグルズが監督し、「七つの鍵」「愛の医者」のリチャード・ディックスが主演している。助演者は舞台女優だったアイリーン・ダンを始め「国際盗賊ホテル」「リリオム」のエステル・テイラー、「花嫁選手権」「妾は貴方のものなのよ」の小ウィリアム・コリナー、「怪物団」「チャンプ(1931)」のロスコー・エイツ、「特集社会面」「ギャングを追う女」のジョージ・E・ストーン、「市街」「明暗二人女」のスタンリー・フィールズ、「王様ごっこ」のエドナ・メイ・オリヴァー他である。カメラはパ社時代からディックス映画をクランクしたエドワード・クロンジェガーの担任である。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
リチャード・ディックス アイリーン・ダン エステル・テイラー ナンス・オニール
1927年

乱射の巷

  • 1927年
  • 出演(Bert_Summers 役)

「蛮勇ミックス」と同じくルイス・サイラー氏が監督し、トム・ミックス氏が主演する西部活劇である。西部物の大家ゼーン・グレイ氏の小説を映画化したもので、「ネバダ男」「アリゾナの快男児」と同じくジョン・ストーン氏が脚色している。ミックス氏の相手役は、「デパート娘大学」その他出演のカーメリタ・ジェラティ嬢で、そのほかロバート・プロウアー氏、ジェリー・マッデン君、リー・シャムウェイ氏、ウィリアム・ディヴィットソン氏、等が助演している。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
トム・ミックス ロバート・ブロウアー カーメリタ・ジェラティ ジェリー・マッデン

珍案特許美顔術

  • 1927年
  • 出演(Jesper_Thornby 役)

「大暴れギブソン」「高原王」等と同じくフート・ギブソン氏主演西部劇で、ピーター・ピー・カイン氏が書き卸した物語をチャールズ・エー・ローグ氏が加筆し、アーサー・スタッター氏が脚色し、右記2映画と同じくリーヴス・イースン氏が監督したもの。ギブソン氏の相手女優は新進のサリー・ランド嬢で、エドワード・コクソン氏、オテイス・ハーラン氏、フランク・ピール氏等が共演している。

監督
リーヴス・イースン
出演キャスト
フート・ギブスン サリー・ランド オーティス・ハーラン エドワード・コクソン
1926年

飛鳥の如く

  • 1926年
  • 出演(Wallace_Roberts 役)

ウィリアム・マクレオド・レイン氏作の小説をマキシーン・アルトン女史とアディール・ダフィントン女史とが映画劇用に書き改めたものをチャールズ・ダーントン氏が脚色し「殴り廻る男」「虎穴の壮漢」等と同じくロイ・ウィリアム・ニール氏が監督した西部活劇で、主役は前記二映画及び「傍若無人(1925)」主演のバック・ジョーンズ氏が演じ相手役は「傍若無人(1925)」と同じくフローレンス・グルバート嬢が勤め、マリオン・ハアラン嬢、ジェーイ・ハント氏、ウィリアム・E・ローレンス氏、フランク・ビール氏及びハリー・ウッド氏が助演している。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
バック・ジョーンズ フローレンス・ギルバート フランク・ビール マリオン・ハーラン

ディキシーの商人

  • 1926年
  • 出演(Whitcomb 役)

バリー・ベネフィールド氏作の小説に基づいてケネス・B・クラーク氏が脚色し「なまけ者」「秘密」「死に行く我が子」等と同じくフランク・ボーザー氏が監督したもので、「3悪人」「電光」等出演のJ・フェーレル・マクドナルド氏、「サンディー」「電光」等出演のマッヂ・ベラミー嬢、「地下鉄サディー」「甘い親爺」等出演のジャック・マルホール氏等が主演し、クレア・マクドエェル嬢、エドワード・マーティンデル氏、エヴェリン・アーデン嬢等が助演している。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
J・ファーレル・マクドナルド マッジ・ベラミー ジャック・マルホール クレア・マクドウェル
1925年

昇天の意気

  • 1925年
  • 出演(Mr._Swain 役)

マックス・ブランド氏作の小説を映画化したもので、「侠勇ドン・ジュアン」「痛快男児」等と同じくジョン・G・ブライストーン氏が監督したトム・ミックス氏主演映画で、対手役は「紅の大空」「恋の鉄条網」等出演のクララ・ボウ嬢が勤め、シリル・チャドウィック氏、ジュディ・キング嬢、トム・ウィルソン氏、ポール・パンザー氏等が助演している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
トム・ミックス Buster Gardner シリル・チャドウィック クララ・ボウ
1924年

大旋風騎手

  • 1924年
  • 出演(John_Howard 役)

「ファスト・メイル」「驚天動地」と同じくリンカーン・J・カーター氏原作になる舞台劇である。監督は「驀進列車」のトーマス・バッキンガム氏で、主役はレイアートの「電光ロマンス」主演のリード・ハウス氏。相手役として「男の誓」「男子の本領」等出演のアルマ・ベネット嬢「砂漠の星影」等出演のエヴェリン・ブレント嬢が出演している。高層建築上の大格闘と猛烈な自動車競走が山場になっている大活劇である。

監督
トーマス・バッキンガム
出演キャスト
リード・ハウス アルマ・ベネット ウィリアム・ノートン・ベイリー Margaret McWade
1923年

天下の名物男

  • 1923年
  • 出演(John_Steele 役)

エドワード・モーランの原作を、「勇気凛々」等と同じくジョン・G・ブライストーンが監督し、トム・ミックスが主演したもので、対手は「乱射乱撃」の時と同じくビリー・ダヴである。ミックス一流の喜活劇で愉快なもの。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
トム・ミックス ジョセフ・ジェラード ビリー・ダヴ L・C・シャムウェイ
1922年

名誉の問題

  • 1922年
  • 出演(Stephen_Douglas 役)

ルース・クロスの原作をジョセフィンカークが脚色し、「氷原の血煙」「激浪の一船」と同じくエドウィン・カリューが監督した映画で、主役は「運命の人形」「激浪の一船」等主演のアニタ・スチュアートで、対手役は「女ならでは」出演のエドワード・ハーンである。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
アニタ・スチュアート エドワード・ハーン アーサー・スチュアート・ハル ウォルト・ホイットマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > フランク・ビール

ムービーウォーカー 上へ戻る