映画-Movie Walker > 人物を探す > ケネス・ウェルシュ

年代別 映画作品( 1985年 ~ 2018年 まで合計13映画作品)

2018年

ザ・ヴォイド

  • 2018年1月13日(土)公開
  • 出演(Dr. Richard Powell 役)

「マンボーグ」のジェレミー・ギレスピーとスティーヴン・コスタンスキによるハイブリッド・ホラー。保安官ダニエルは深夜のパトロール中、血まみれの男を追って人里離れた病院にたどりつく。そこで患者と病院関係者が人間でないものに変身するのを目撃する。出演は、「コンフィデンスマン ある詐欺師の男」のアーロン・プール、「サバイバル・オブ・ザ・デッド」のキャスリーン・マンロー、ケネス・ウェルシュ、「スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団」のエレン・ウォン、「ザ・ブルード 怒りのメタファー」のアート・ヒンデル。未体験ゾーンの映画たち2018にて上映。

監督
ジェレミー・ギレスピー スティーヴン・コスタンスキ
出演キャスト
アーロン・プール キャスリーン・マンロー ケネス・ウェルシュ エレン・ウォン
2010年

サバイバル・オブ・ザ・デッド

  • 2010年6月12日(土)公開
  • 出演(パトリック・オフリン 役)

数々のゾンビ映画で知られるホラー映画界の巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督によるアクション・ホラー。甦った死者が人々を襲う恐怖の島を舞台に壮絶なサバイバル劇が展開する。

監督
ジョージ・A・ロメロ
出演キャスト
アラン・ヴァン・スプラング ケネス・ウェルシュ キャスリーン・マンロー デヴォン・ボスティック
2008年

シルク(2007)

  • 2008年1月19日(土)公開
  • 出演(ジョンクール町長 役)

シルクを探し求めたフランス人青年が、日本の少女にひかれる壮大な愛のドラマ。主人公の妻を演じるキーラ・ナイトレイ、日本の養蚕家に扮した役所広司ら国際派スターが集結。

監督
フランソワ・ジラール
出演キャスト
マイケル・ピット キーラ・ナイトレイ アルフレッド・モリーナ 役所広司
2006年

エミリー・ローズ

  • 2006年3月11日(土)公開
  • 出演(ミュラー博士 役)

アメリカで実際に行なわれた、前代未聞の悪魔ばらい裁判の事件を基にした異色作。悪魔ばらいの結果、19歳の女子大生を死なせてしまった神父をめぐる法廷ドラマが展開する。

監督
スコット・デリクソン
出演キャスト
ローラ・リニー トム・ウィルキンソン キャンベル・スコット コルム・フィオール
2005年

フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い

  • 2005年11月19日(土)公開
  • 出演(Robert Bradford 役)

全米初登場第1位を記録したマーク・ウォールバーグ主演のアクション。育ての母親を暗殺された人種の違う4人兄弟の復讐と、事件に潜む陰謀を、男気たっぷりに描出。

監督
ジョン・シングルトン
出演キャスト
マーク・ウォルバーグ タイリース・ギブソン アンドレ・ベンジャミン ギャレット・ヘドラント
2004年

デイ・アフター・トゥモロー

  • 2004年6月5日(土)公開
  • 出演(Vice President Becker 役)

「インデペンデンス・デイ」のローランド・エメリッヒ監督最新作。地球規模で発生した異常気象の脅威と極限状況下で展開する人間模様を、壮大なスケールで描くパニック大作。

監督
ローランド・エメリッヒ
出演キャスト
デニス・クエイド ジェイク・ギレンホール エミィ・ロッサム ダッシュ・ミホク
1998年

デッドサイレンス(1996)

  • 1998年1月17日(土)公開
  • 出演(Lenny Budd 役)

聾唖の女性たちを人質にとった凶悪犯とヴェテランFBI捜査官の駆け引きを描いたサスペンス。ジェフリー・ディーヴァーの小説『静寂の叫び』(邦訳・早川文庫)の映画化で、監督には「トイ・ソルジャー」のダニエル・ペトリ・Jr.、脚本は「今そこにある危機」のドナルド・スチュワートがあたった。撮影はトーマス・バースティン。音楽はジョナサン・ゴールドスミス。出演は「マーヴェリック」のジェームズ・ガーナー、「あなたが聞こえない」のマーリー・マトリン、「わかれ路」のロリータ・ダヴィドヴィッチほか。テレビ映画として製作されたが、日本では劇場公開された。

監督
ダニエル・ペトリー・ジュニア
出演キャスト
ジェームズ・ガーナー マーリー・マトリン ロリータ・ダヴィドヴィッチ キム・コーツ
1996年

死の愛撫

  • 1996年11月2日(土)公開
  • 出演(Angus 役)

貧困と死が常の炭鉱の町で生きる娘の数奇な半生をたどり、彼女が愛する男を失った時にとった異常な行動を描いたシリアス・ドラマ。シェルドン・カリーの短編小説『The Grace Bay Miner’s Museum』(本邦未訳)を、ドキュメンタリー畑出身のモート・ランセンの監督で映画化。アイリッシュ色豊かな音楽はミラン・キムリッカが担当。主演は「誘惑のアフロディーテ」のヘレナ・ボナム=カーター。共演は「パワー・オブ・ワン」のスコットランド人俳優クライヴ・ラッセル、「キルトに綴る愛」のケイト・ネリガン、「レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い」のケネス・ウェルシュほか。

監督
モート・ランセン
出演キャスト
ヘレナ・ボナム・カーター ケイト・ネリガン クライヴ・ラッセル クレイグ・オレジニク

栄光と狂気

  • 1996年8月24日(土)公開
  • 出演(Harry Parker 役)

モスクワ・オリンピックのボイコットに泣いたボート競技のアメリカ代表選手たちが、4年後のロサンゼルスを目標に栄光への凄まじい執念を見せる姿を、実話を基に描いたヒューマン・ドラマ。海外マーケットへの進出を積極的に推し進める「RAMPO」の奥山和由がエグゼクティヴ・プロデューサーをつとめ、“Team Okuyama”として日=米=カナダ合作で製作。監督は「トラブルシューター」の原田眞人で、「ペインテッド・デザート」に続く英語圏映画となる。製作は「Keiko」のクロード・ガニオンとユリ・ヨシムラ・ガニオンの夫婦コンビ。原作はピューリッツァー賞作家デイヴィッド・ハルバースタムのスポーツ・ノンフィクションで、これを原田とウィル・エイトケンが脚色。撮影はシルヴェイン・ブロールト、美術はパトリシア・クリスティがそれぞれつとめ、原田作品には欠かせない存在の川崎真弘が音楽を担当している。主演はモントリオールの舞台で活躍する新人コリン・ファーガソン。共演に「トーク・レディオ」のレスリー・ホープ、「レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い」のケネス・ウェルシュ、「花嫁のパパ」のピーター・マーニック、「ハスラー2」のヘレン・シェイヴァーら。日本からは「美味しんぼ」の羽田美智子がトレーナー役で出演している。

監督
原田眞人
出演キャスト
コリン・ファーガソン レスリー・ホープ ヘレン・シェイヴァー ケネス・ウェルシュ

陰謀

  • 1996年7月公開
  • 出演(Captain Ross 役)

科学者の父が遺した重要書類を殺し屋に狙われた青年の逃避行を描くサスペンス。監督は「モノリス」のジョン・イヤーズ、製作はジョン・ダニルキウとバーネット・ベイン、エグゼクティヴ・プロデューサーはレオ・デイヴィッド、脚本はロイ・サローズ、撮影はピーター・バンソン、音楽はスティーヴ・エドワーズ、美術はデイヴィッド・デイヴィス、編集はアマンダ・L・カーポールがそれぞれ担当。出演は「バッフィ ザ・バンパイア・キラー」のアンドリュー・ロワリー、「栄光と狂気」のレスリー・ホープ、「12モンキーズ」のクリストファー・プラマーほか。

監督
ジョン・イヤーズ
出演キャスト
アンドリュー・ロワリー ジェラント・ウィン・デイヴィス レスリー・ホープ ケネス・ウェルシュ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ケネス・ウェルシュ