TOP > 映画監督・俳優を探す > チャールズ・ミルズ

年代別 映画作品( 1996年 ~ 1992年 まで合計3映画作品)

1996年

ボディ・カウント ヤバい奴ら

  • 1996年
  • 撮影

銀行を襲った犯罪者が仲間割れをしていく様を描いたサスペンス。監督はロバート・パットン=スペルイル。脚本はセオドア・ウィッチャー。撮影はチャールズ・マイルス。音楽はカート・ソベル。出演は「死の接吻」のデイヴィッド・カルーソ、「スポーン」のジョン・レグイザモ、「ミッション:インポッシブル」のヴィング・レイムス、「メン・イン・ブラック」のリンダ・フィオレンティノほか。

監督
ロバート・パットン・スペルイル
出演キャスト
デイヴィット・カルーソ リンダ・フィオレンティーノ ジョン・レグイザモ ヴィング・レイムス
1992年

ボーイズ’ン・ザ・フッド

  • 1992年2月8日(土)
  • 撮影

異なる人生を歩み始める3人の黒人青年を中心にロスの犯罪多発地帯サウス・セントラルの実態を描く問題作。映画公開中に発砲事件が発生し話題を呼んだ本作は、衝撃的な黒人社会の現実が率直に描かれている。監督・脚本はUSC大学映画学科出身の23歳の新鋭ジョン・シングルトン、製作は「ミザリー」のスティーヴ・ニコレイデス、撮影はチャールズ・ミルズ、音楽はグラミー賞受賞のベーシスト、スタンリー・クラークが担当。第4回東京国際映画祭特別招待作品。

監督
ジョン・シングルトン
出演キャスト
キューバ・グッディング・Jr アイス・キューブ モーリス・チェスナット ローレンス・フィッシュバーン
1965年

バワリー25時

  • 1965年2月5日(金)
  • 音楽

マーク・サフリンのシナリオをライオネル・ロゴーシンが製作・監督したバワリーの1日を撮るドキュメンタリー・ドラマ。撮影はリチャード・バグリー、音楽はチャールズ・ミルズが担当した。出演はすべて実際のバワリーの住人でレイ・サリヤー、ゴーマン・ヘンドリックス、フランク・マシューズらすべて素人である。なお56年のベネチア映画祭記録映画グランプリ、イギリス・アカデミー最優秀記録映画賞をそれぞれ受賞している。

監督
ライオネル・ロゴーシン
出演キャスト
レイ・サリヤー ゴーマン・ヘンドリックス フランク・マシューズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > チャールズ・ミルズ

ムービーウォーカー 上へ戻る