映画-Movie Walker > 人物を探す > イヴォンヌ・フルノー

年代別 映画作品( 1953年 ~ 1968年 まで合計11映画作品)

1968年

殺意

  • 1968年11月13日(水)公開
  • 出演(Christine 役)

ウィリアム・ベンジャミンのオリジナル・ストーリーを、クロード・ブリュレとデレック・プルースが脚色、「ジャガーの眼」のクロード・シャブロルが監督したサスペンス・ドラマ。撮影はジャン・ラビエ、音楽はピエール・ジャンセンが担当した。出演は「かわいい毒草」のアンソニー・パーキンス、「ペルーの鳥」のモーリス・ロネ、「甘い生活」のイヴォンヌ・フルノー、シャブロル夫人のステファーヌ・オードランほか。製作はレイモン・エジェとジャック・ナトー。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
クロード・シャブロル
出演キャスト
アンソニー・パーキンス モーリス・ロネ イヴォンヌ・フルノー ステファーヌ・オードラン
1965年

反撥

  • 1965年8月18日(水)公開
  • 出演(Helen 役)

ジェラール・ブラッシュの協力を得て「水の中のナイフ」のロマン・ポランスキーがシナリオを執筆、自ら監督した心理ドラマ。撮影は「博士の異常な愛情」のギルバート・テイラー、音楽はチコ・ハミルトンが担当した。出演は、「シェルブールの雨傘」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「女ともだち(1956)」のイヴォンヌ・フルノー、他にイアン・ヘンドリー、ジョン・フレーザー、バトリック・ワイマークほか。

監督
ロマン・ポランスキー
出演キャスト
カトリーヌ・ドヌーヴ イヴォンヌ・フルノー イアン・ヘンドリー ジョン・フレーザー
1964年

女ともだち(1956)

  • 1964年1月25日(土)公開
  • 出演(Momina 役)

チェーザレ・パバーゼの小説『孤独な女たちの中に』をスーゾ・チェッキ・ダミーコ、アルバ・デ・チェスペデスと共同して「夜」のミケランジェロ・アントニオーニがシナリオを書き、監督した。撮影はジャンニ・ディ・ヴェナンツォ、音楽はジョヴァンニ・フスコ。出演者はエレオノーラ・ロッシ・ドラゴ、ヴァレンティナ・コルテーゼ、イヴォンヌ・フルノー、マドレーヌ・フィッシャー、アンナ・マリア・パンカーニ、ガブリエレ・フェルゼッティ、フランコ・ファブリッツィ、エットレ・マンニ等。ベニス映画祭・銀獅子賞、イタリア映画祭銀リボン監督賞、撮影賞、助演女優賞(ヴァレンティナ・コルテーゼ)などを受賞している。

監督
ミケランジェロ・アントニオーニ
出演キャスト
エレオノーラ・ロッシ・ドラゴ ガブリエレ・フェルゼッティ ヴァレンティナ・コルテーゼ イヴォンヌ・フルノー
1962年

巌窟王(1962)

  • 1962年9月1日(土)公開
  • 出演(Mercedes 役)

おなじみアレクサンドル・デュマ原作の映画化。「快傑キャピタン」のジャン・アランが脚色、「青い牝馬」のコンビ、クロード・オータン・ララが監督、ジャック・ナトーが撮影。音楽は「肉体の悪魔(1947)」のルネ・クロエレック。出演は「カンカン」のルイ・ジュールダンに「甘い生活」のイヴォンヌ・フルノー、ほかにピエール・モンディ、ジャン・クロード・ミシェルなど。製作はジャン・ジャック・ヴィタル、ルネ・モディアノ。イーストマンカラー・ディアリスコープ。

監督
クロード・オータン・ララ
出演キャスト
ルイ・ジュールダン イヴォンヌ・フルノー ピエール・モンディ フランコ・シルヴァ
1960年

甘い生活

  • 1960年9月20日(火)公開
  • 出演(Emma 役)

「崖」のフェデリコ・フェリーニ監督作。退廃したローマ上流社会が描かれている。フェリーニとトゥリオ・ピネリ、エンニオ・フライアーノが共同で書いた原案を、この三人にブルネロ・ロンディが加わった四人が共同脚色した。撮影は「青春群像」のオテロ・マルテリ、音楽は「戦争と平和」のニーノ・ロータが担当。出演するのは「掟(1959)」のマルチェロ・マストロヤンニ、「ローマの旗の下に」のアニタ・エクバーグ、「恋人たち」のアラン・キュニー、「今晩おひま?」のアヌーク・エーメら。製作ジュゼッペ・アマート。一九六〇年カンヌ映画祭でグランプリを受賞した。

監督
フェデリコ・フェリーニ
出演キャスト
マルチェロ・マストロヤンニ アニタ・エクバーグ アヌーク・エーメ レックス・バーカー
1959年

ミイラの幽霊

  • 1959年8月1日(土)公開
  • 出演(Isobel 役)、出演(Ananka 役)

「フランケンシュタインの逆襲」「吸血鬼ドラキュラ」の監督テレンス・フィッシャーと脚本ジミー・サングスター、主演のピーター・カッシング、クリストファー・リーのチームが作った怪奇映画。撮影はジャック・アシャー。音楽を担当したのはジョン・ホリングスワース。他の出演者はイヴォンヌ・フルノー、フェリックス・エイルマー等、レイモンド・ハントレー。製作マイケル・カレラス。

監督
テレンス・フィッシャー
出演キャスト
ピーター・カッシング クリストファー・リー イヴォンヌ・フルノー エディ・バーン
1957年

リスボン

  • 1957年1月29日(火)公開
  • 出演(Maria_Moddalena_Masanet 役)

「白昼の対決」に続き米の俳優レイ・ミランドが自演、自監督した第2作。製作も彼自身の担当である。「地獄の埠頭」のマーティン・ラッキンのオリジナル・ストーリーを「白昼の対決」のジョン・タッカー・バトルが脚色した活劇篇。撮影は「烙印なき男」のジャック・マータ、音楽は「回転木馬」のネルソン・リドル。主演は「夢去りぬ」のレイ・ミランド、「長い灰色の線」のモーリン・オハラ、「汽車を見送る男」のクロード・レインズ、「覆面の騎士」のイヴォンヌ・フュルノオ。

監督
レイ・ミランド
出演キャスト
レイ・ミランド モーリーン・オハラ クロード・レインズ イヴォンヌ・フルノー
1956年

覆面の騎士

  • 1956年2月24日(金)公開
  • 出演(Marie 役)

13世紀における、英仏100年戦争を背景にした時代活劇。ダニエル・ウルマンのストーリーと脚本から、「真紅の女」のヘンリー・レヴィンが監督した。撮影は「豪族の砦」のガイ・グリーン、作曲はセドリック・ソープ・デイヴィ。主な出演者は「剣侠と美女」のエロール・フリン、「命を賭けて」のジョアン・ドルー、「台風圏」のピーター・フィンチ、マイケル・ホーダーン、ルパート・デイヴィスなど。

監督
ヘンリー・レビン
出演キャスト
エロール・フリン ジョアン・ドルー ピーター・フィンチ マイケル・ホーダーン
1954年

バラントレイ卿

  • 1954年2月公開
  • 出演(Jessie_Brown 役)

「宝島(1950)」「ジキル博士とハイド氏」などの英国作家ロバート・ルイス・スティヴンスの冒険小説『バラントレイ家の長子』(1889年発表)に基づくテクニカラー活劇で1953年英国で製作されたもの。ハーブ・ミードーの脚色から「我れ暁に死す」のウィリアム・ケイリーが監督した。撮影は「アフリカの女王」のジャック・カーディフ、音楽は「オリヴァ・ツィスト」のウィリアム・オルウィンの担当。主演は「壮烈第7騎兵隊」のエロール・フリンで、以下の共演陣は主としてイギリス俳優により固められている。即ち、「老兵は死なず」のロジャー・リヴシー、「マレー・ゲリラ戦」のアンソニー・スティール、「邪魔者は殺せ」のベアトリス・キャンベル、「三文オペラ」のイヴォンヌ・フルノオ、フェリックス・エイルマーなどである。

監督
ウィリアム・ケイリー
出演キャスト
エロール・フリン ロジャー・リヴシー アンソニー・スティール ベアトリス・キャンベル
1953年

三文オペラ(1953)

  • 1953年11月23日(月)公開
  • 出演(Jenny Diver 役)

「黄昏」のローレンス・オリヴィエと「悲愁(1946)」のハーバート・ウィルコックスが共同製作により、ジョン・ゲイの戯曲を映画化したテクニカラーのオペラ映画一九五三年作品、脚色はデニス・キャナン、監督はピーター・ブルックの担当。撮影は「オリヴァ・ツイスト」のガイ・グリーン、作曲・編曲はアーサー・ブリス。自ら歌もうたってローレンス・オリヴィエが主演し、新人ドロシー・テューティン、ダフニ・アンダーソン、スタンリー・ホロウェイ(ハムレット(1947))、ジョージ・ディヴァイン、メアリー・クレア(オリヴァ・ツイスト)、アシーン・セイラー(スペードの女王)らが助演する。

監督
ピーター・ブルック
出演キャスト
ローレンス・オリヴィエ スタンリー・ホロウェイ ジョージ・ディヴァイン メアリー・クレア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > イヴォンヌ・フルノー