TOP > 映画監督・俳優を探す > ブラッド・クレヴォイ

年代別 映画作品( 1989年 ~ 2015年 まで合計17映画作品)

2015年

帰ってきたMr.ダマー バカMAX!

  • 2015年11月20日(金)
  • 製作総指揮

ジム・キャリー主演、ボビー&ピーター・ファレリー兄弟監督のコンビによって大ヒットを記録したコメディの20年ぶりの続編。腎臓病を患ったハリーと相棒のロイドが提供者を探す旅の行く先々でおバカな連中と繰り広げる騒動が描かれる。前作同様、ジェフ・ダニエルズがロイド役を演じ、息のあったかけあいを見せる。

監督
ボビー・ファレリー ピーター・ファレリー
出演キャスト
ジム・キャリー ジェフ・ダニエルズ キャスリーン・ターナー ローリー・ホールデン
2013年

マキシマム・ブロウ

  • 2013年2月9日(土)
  • 製作

スター共演で話題を呼んだ「エクスペンダブルズ」でも顔を合わせたスティーヴ・オースティンとドルフ・ラングレンが再共演したアクション。因縁の相手に、ある荷物を運ぶ依頼を受けたことで、戦いに巻き込まれた男の姿を描く。監督は「アメイジング・スパイダーマン」などでスタントマンとしても活躍するジェシー・V・ジョンソン。

監督
ジェシー・V・ジョンソン
出演キャスト
スティーブ・オースチン ドルフ・ラングレン マイク・ドゥパド ダーレン・シャラヴィ
2012年

ハード・ソルジャー 炎の奪還

  • 2012年11月17日(土)
  • プロデューサー

警察も手を出せない事件を非合法に解決する元傭兵が、誘拐された少女を救うために活躍するアクション。出演は、「エクスペンダブルズ2」のジャン=クロード・ヴァン・ダム、「エイリアン・プラネット」のジョー・フラニガン。監督は、「ジャン=クロード・ヴァン・ダム アサシン・ゲーム」のアーニー・バーバラッシュ。

監督
アーニー・バーバラッシュ
出演キャスト
ジャン=クロード・ヴァン・ダム ジョー・フラニガン
2000年

ミュージック・フロム・アナザー・ルーム

  • 2000年10月28日(土)
  • 製作

 「リプリー」の人気スター、ジュード・ロウ主演による、おとぎ話のようなラブ・ファンタジー。男女の運命的な出会いはもちろん、困難を乗り越えて芽生える恋愛が、なんともドラマティック!

監督
チャーリー・ピータース
出演キャスト
ジュード・ロウ ジェニファー・ティリー グレッチェン・モル マーサ・プリンプトン
1999年

ギャングシティ

  • 1999年3月20日(土)
  • 製作

麻薬捜査をめぐり錯綜する人間関係が織りなすクライム・サスペンス。監督・脚本は「計画性のない犯罪」(監督)「ラッシュアワー」(脚本)のジム・コーフ。製作はブラッド・クレヴォイとスティーヴ・ステイブラーのコンビとジョン・ベルトッリ。製作総指揮は「コン・エアー」のリン・ビクロー=カウフ。撮影はブライアン・J・レイノルズ。音楽はスコアを「ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録」のミッキー・ハート、音楽監修は「メリーに首ったけ」ハッピー・ウォルターズが担当。美術は「ブレードランナー」のチャールズ・ブリーン。編集は「エクソシスト3」のトッド・ラムゼイ。衣裳は「刑事ジョン・ブック 目撃者」のシャリ・フェルドマン。出演は「リバース」のジェームズ・ベルーシ、ラッパーで本作が遺作となった「グリッドロック」のトゥーパック・シャクール、「ため息つかせて」のレラ・ローコン、「愛に迷った時」のデニス・クエイド、「輝きの大地」のジェームズ・アール・ジョーンズ、「レッサー・エヴィル」のデイヴィッド・ペイマーほか。

監督
ジム・カウフ
出演キャスト
ジェームズ・ベルーシ トゥーパック・シャクール レラ・ローコン デニス・クエイド
1998年

リバース(1997)

  • 1998年10月3日(土)
  • 製作

殺人に巻き込まれた女性刑事が、時間逆行の実験装置を使って過去を変えようと苦闘する姿を描くSFアクション・スリラー。監督はMTV出身で『クラック・ダウン 狼たちの追跡』(V)のルイス・モーニュー。脚本はフィリップ・バシャー、マイケル・ハミルトン=ライト、ロバート・シュトラウスの共同。撮影は「ポスト・モーテム」のジョージ・モーラディアン。音楽はティム・トルーマン。出演は「ジョン・キャンディの大進撃」のジェームズ・ベルーシ、モデル出身で本作が映画デビューのカイリー・トラヴィス、「ザ・ウィナー」のフランク・ホェーリー、「評決のとき」などの名脇役M・エメット・ウォルシュほか。

監督
ルイス・モーニュー
出演キャスト
ジェームズ・ベルーシ カイリー・トラヴィス シャノン・ウィリー フランク・ホエーリー

ジャングル2ジャングル

  • 1998年2月7日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー

ジャングル育ちの野生児が大都会ニューヨークで巻き起こす騒動を描いたコメディ。フランス映画「僕は、パリに恋をする」(94)のリメイクで、「サンタクローズ」の監督ジョン・パスキン、主演のティム・アレンのコンビが再登板。脚本はブルース・A・エヴァンス、レイノルド・ギデオン。撮影は「日の名残り」のトニー・ピアース=ロバーツ。音楽はマイケル・コンヴァーティノ。共演は新星サム・ハンティントンとリーリー・ソヴィエスキ、「マーズ・アタック!」のマーティン・ショート、「わかれ路」のロリータ・ダヴィドヴィッチほか。

監督
ジョン・パスキン
出演キャスト
サム・ハンティントン ティム・アレン ジョベス・ウィリアムス マーティン・ショート

アルビノ・アリゲーター

  • 1998年2月28日(土)
  • 製作

警察に包囲された極限状態の中、3人の強盗と5人の人質の心理戦を描いた密室サスペンス。監督は「ユージュアル・サスペクツ」「セブン」の名演で一躍注目された個性派俳優ケヴィン・スペイシーで、彼の監督デビュー作。脚本は本作がデビューとなるクリスチャン・フォルテ。製作は「ジム・キャリーはMr.ダマー」のブラッド・クレヴォイ、スティーヴン・ステイブラー、ブラッド・ジェンケル。撮影は「アフター・ダーク」のマーク・プラマー。音楽は異能派ギタリストでもあるマイケル・ブルック。美術はネルソン・コーツ。編集は「クロッシング・ガード」のジェイ・キャシディ。衣裳はイシス・ムセンデン。出演は「誘う女」のマット・ディロン、「ドンファン」のフェイ・ダナウェイ、「身代金」のゲイリー・シニーズ、「アンダーワールド」のジョー・マンテーニャ、「クリムゾン・タイド」のヴィーゴ・モーテンセン、「評決のとき」のM・エメット・ウォルシュほか新旧の個性派が顔をそろえる。

監督
ケヴィン・スペイシー
出演キャスト
マット・ディロン フェイ・ダナウェイ ゲイリー・シニーズ ウィリアム・フィクナー
1997年

キングピン ストライクへの道

  • 1997年6月28日(土)
  • 製作

かつての天才プロボーラーが、再起を賭けてもう一度ボウリングに挑む姿を、ギャグ満載でコミカルに描いた一編。監督は「ジム・キャリーはMr.ダマー」のピーター・ファレリーと、その弟で同作の脚本を執筆したボビー・ファレリーの共同。脚本はバリー・ファナロとモート・ネイサンの共同。製作はブラッド・クレヴォイ、スティーヴン・ステイブラー、ブラッドレイ・トーマス。製作総指揮はキース・サンプルズ。撮影はデイヴィッド・クローネンバーグ作品でも知られる、「スクリーム」のマーク・アーウィン。主演は「ラリー・フリント」のウディ・ハレルソン。共演は「インデペンデンス・デイ」のランディ・クエイド、「小さな贈り物」のビル・マーレー、「刑事ジョー ママにお手上げ」のヴァネッサ・エンジェルほか。特別出演として、異色シンガーのジョナサン・リッチマンなどが顔を見せる。

監督
ボビー・ファレリー ピーター・ファレリー
出演キャスト
ウディ・ハレルソン ランディ・クエイド ヴァネッサ・エンジェル ビル・マーレイ
1995年

スリーサム

  • 1995年4月8日(土)
  • 製作

恋と友情と同性愛が交錯する、3人の男女の危うい三角関係を描いた、いわゆるジェネレーションX世代の青春ラヴ・ストーリー。監督・脚本は「悪夢の惨劇」で商業映画デビュー後、ミュージック・ビデオの分野で活躍してきたアンドリュー・フレミング。製作は「ルディ 涙のウイニング・ラン」のブラッド・クレヴォイ。撮影は、「トレマーズ」のアレクサンダー・グルジンスキー。音楽は「コリーナ、コリーナ」のトーマス・ニューマンがスコアを書き、U2、ティアーズ・フォー・フィアーズ、ジェネラル・パブリック、ザ・ザ、ニュー・オーダーなどの挿入曲が効果的に使われている。主演は「赤ちゃんのおでかけ」のララ・フリン・ボイル、「ブロンドの標的」のスティーブン・ボールドウィン、「いまを生きる」のジョシュ・チャールズ。

監督
アンドリュー・フレミング
出演キャスト
ララ・フリン・ボイル スティーブン・ボールドウィン ジョシュ・チャールズ アレクシス・アークエット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ブラッド・クレヴォイ

ムービーウォーカー 上へ戻る