映画-Movie Walker > 人物を探す > ジュディ・デイヴィス

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2015年 まで合計18映画作品)

2015年

ファイナル・オプション

  • 2015年2月7日(土)公開
  • 出演(フランキー 役)

1980年にロンドンで起きた駐英イラン大使館占拠事件を基にイギリス陸軍特殊部隊SASの実態を描いた、ハードボイルドなアクション作品。製作から33年後の2015年に、日本で初めて劇場公開された。

監督
イアン・シャープ
出演キャスト
ルイス・コリンズ ジュディ・デイヴィス リチャード・ウィドマーク ロバート・ウェッバー
2014年

天才スピヴェット

  • 2014年11月15日(土)公開
  • 出演(G.H. Jibsen 役)

奇才ジャン=ピエール・ジュネ監督が、双子の弟の死を乗り越えようとする10歳の天才科学者の少年の姿を描くユニークなロードムービー。本作が長編映画デビューとなった新鋭カイル・キャトレットが主人公スピヴェットを熱演。母親役のヘレナ・ボナム=カーターをはじめ、個性派キャストが脇を固める。

監督
ジャン=ピエール・ジュネ
出演キャスト
カイル・キャトレット ヘレナ・ボナム・カーター ジュディ・デイビス カラム・キース・レニー

ダーク・ブラッド

  • 2014年4月26日(土)公開
  • 出演(バフィー・フレッチャー 役)

「スタンド・バイ・ミー」のリヴァー・フェニックスの遺作。彼の死で未完となっていたが、「マイセン幻影」のジョルジュ・シュルイツァー監督が自らの手で完成させた。共演は、「マリー・アントワネット」のジュディ・デイヴィス、「エビータ」のジョナサン・プライス。2013年ベルリン国際映画祭ほかで公式上映。

監督
ジョルジュ・シュルイツァー
出演キャスト
リヴァー・フェニックス ジュディ・デイヴィス ジョナサン・プライス カレン・ブラック
2013年

ローマでアモーレ

  • 2013年6月8日(土)公開
  • 出演(フィリス 役)

ローマを舞台に年齢も性別も異なる男女の4つの物語が繰り広げられる、ウディ・アレン監督によるラブ・コメディ。オールローマロケを敢行し、コロッセオやトレヴィの泉といった数々の観光名所が登場するほか、人気テノール歌手ファビオ・アルミリアートによるオペラの名曲をふんだんに盛り込み、ハッピーな気分にさせてくれる。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ウディ・アレン アレック・ボールドウィン ロベルト・ベニーニ ペネロペ・クルス
2007年

マリー・アントワネット

  • 2007年1月20日(土)公開
  • 出演(ノアイユ伯爵夫人 役)

政略結婚でフランス王妃となり、37歳の若さで生涯を閉じたマリー・アントワネット。「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラ監督がキルスティン・ダンスト主演で彼女の心の軌跡を描く。

監督
ソフィア・コッポラ
出演キャスト
キルスティン・ダンスト ジェイソン・シュワルツマン アーシア・アルジェント マリアンヌ・フェイスフル
2002年

ガウディアフタヌーン

  • 2002年6月22日(土)公開
  • 出演(Cassandra Reilly 役)

スペインのバルセロナを舞台にした奇想天外なヒューマン・コメディ。米国の個性派女優たちがよじれた人間模様で笑わせつつ、ハートフルな感動を呼び起こす作品だ。

監督
スーザン・シーデルマン
出演キャスト
ジュディ・デイヴィス マーシャ・ゲイ・ハーデン リリ・テイラー ジュリエット・ルイス
1999年

セレブリティ(1998)

  • 1999年8月14日(土)公開
  • 出演(Robin Simon 役)

有名人の間で揺れ動く一組の元夫婦の人生模様をユーモラスに描き出した群像劇。監督・脚本は「地球は女で回ってる」のウディ・アレン。製作のジーン・ドゥーマニアン、製作総指揮のJ・E・ボーケーア、美術のサントロクアスト、編集のスーザン・E・モース、衣裳のスージー・ベルリンガーはアレン作品の常連。撮影は「ウディ・アレンの重罪と軽罪」などアレン作品は4作目となるスヴェン・ニクヴィスト。出演は「ヴァージン・フライト」のケネス・ブラナー、「地球は女で回ってる」のジュディ・デイヴィス、「エイリアン4」のウィノナ・ライダー、「パラサイト」のファムケ・ヤンセン、「アルビノ・アリゲーター」のジョー・マンテーニャ、「仮面の男」のレオナルド・ディカプリオ、「アナザー・デイ・イン・パラダイス」のメラニー・グリフィス、「マイティ・ジョー」のシャーリーズ・セロン、「パラサイト」のベベ・ニューワース、「GODZILLA ゴジラ」のハンク・アザリアとマイケル・ラーナーほか。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ケネス・ブラナー ジュディ・デイヴィス レオナルド・ディカプリオ メラニー・グリフィス
1998年

地球は女で回ってる

  • 1998年10月31日(土)公開
  • 出演(Lucy 役)

「世界中がアイ・ラヴ・ユー」のウディ・アレン。製作は「世界中がアイ・ラヴ・ユー」のジーン・ドゥーマニアン。製作総指揮はJ・E・ボケール。撮影は「ハンナとその姉妹」からアレン作品の大半を手掛ける名匠カルロ・ディ・パルマ。美術のサント・ロカスト、編集のスーザン・E・モースもアレン組の常連。衣裳はスージー・ベインジガー。共演は「光る眼」のカースティ・アレイ、「ミルク・マネー」などの監督として知られるリチャード・ベンジャミン、「彼と彼女の第二章」のビリー・クリスタル、「目撃」のジュディ・デイヴィス、「マンハッタン」のマリエル・ヘミングウェイ、「愛のイエントル」のエイミー・アーヴィング、「G.I.ジェーン」のデミ・ムーア、「リービング・ラスベガス」のエリザベス・シュー、「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のロビン・ウィリアムスほか。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ウディ・アレン キャロライン・アーロン カースティ・アレイ ボブ・バラバン

革命の子供たち

  • 1998年4月4日(土)公開
  • 出演(Joan Fraser 役)

♀スターリンの私生児を生んだ女性とその息子の数奇なドラマをコミカルなタッチで描いた一編。監督・脚本は本作が長編劇映画デビューとなるピーター・ダンカン。製作はトリストラム・ミール。撮影はマーティン・マクグラス。音楽はナイジェル・ウェストレイク。美術はロジャー・フォード。編集はサイモン・マーティン。出演は「目撃」のジュディ・デイヴィス、「誘惑のアフロディーテ」のF・マーリー・エイブラハム、「シャイン」のジョフリー・ラッシュ、「日蔭のふたり」のレイチェル・グリフィス、「恋の闇 愛の光」のサム・ニール、新鋭のリチャード・ロクスバーグほか。

監督
ピーター・ダンカン
出演キャスト
ジュディ・デイヴィス F・マーリー・エイブラハム リチャード・ロクスバーグ レイチェル・グリフィス
1997年

ブラッド&ワイン

  • 1997年11月29日(土)公開
  • 出演(Suzanne Gates 役)

美しい海辺の町を舞台に、父と義息の葛藤を超えた男と男の戦いを描いたヒューマン・サスペンス。「郵便配達は二度ベルを鳴らす」(81)などの監督ボブ・ラフェルソン、主演ジャック・ニコルソンの5年ぶり、5度目のコンビ作。ニック・ヴィリヤーズとラフェルソンの原案を基に、ヴィリヤーズとアリソン・クロスが脚本を執筆。製作は「魅せられて」のジェレミー・トーマスとエルキュール・ベルヴィル、ノア・ゴールデンの共同。製作総指揮はクリス・オーティとバーニー・ウィリアムズ。サウス・フロリダの美しい風景を見事にとらえた撮影は「ユージュアル・サスペクツ」のニュートン・トーマス・シーゲル、音楽はマイケル・ロレンツ、美術はリチャード・シルバート、編集はスティーヴン・コーエン、衣裳はリンディ・ヘミングが担当。共演は「I SHOT ANDY WAHOL」のスティーヴン・ドーフ、「アナコンダ」のジェニファー・ロペス、「目撃」のジュディ・デイヴィス、「沈黙の要塞」のマイケル・ケインほか。

監督
ボブ・ラフェルソン
出演キャスト
ジャック・ニコルソン スティーブン・ドーフ ジェニファー・ロペス ジュディ・デイヴィス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジュディ・デイヴィス