映画-Movie Walker > 人物を探す > ピアース・ブロスナン

年代別 映画作品( 1989年 ~ 2019年 まで合計38映画作品)

2019年

ザ・フォーリナー/復讐者

ジャッキー・チェン&ピアース・ブロスナン共演によるサスペンス・アクション。愛する娘をテロによって奪われてしまったクァン・ノク・ミン。復讐を誓った彼は、元特殊部隊のスキルを活かし犯人を捜索するなか、北アイルランドの副首相が絡んでいることを掴む。脚本を「エネミー・オブ・アメリカ」のデヴィッド・マルコーニ、音楽を「ドライヴ」のクリフ・マルティネスが担当。監督は「007/カジノ・ロワイヤル」のマーティン・キャンベル。

監督
マーティン・キャンベル
出演キャスト
ジャッキー・チェン ピアース・ブロスナン

ファイナル・スコア

  • 2019年4月12日(金)公開
  • 出演(Dimitri 役)

元プロレスラーで『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のドラックス役でも人気のデイヴ・バウティスタ主演のサスペンス・アクション。サッカーのスタジアムを占拠したテロリストを相手にたったひとりで立ち向かう元特殊部隊員の男の戦いを描く。ピアース・ブロスナンが物語のカギを握る元革命家役で出演する。

監督
スコット・マン
出演キャスト
デイヴ・バウティスタ ピアース・ブロスナン レイ・スティーヴンソン アレクサンドラ・ディヌ
2018年

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー

  • 2018年8月24日(金)公開
  • 出演

小さなリゾートホテルを経営するシングルマザーのドナとその娘ソフィの身に起きる騒動を描いた、人気ミュージカルが原作の家族ドラマの続編。母娘の念願だったホテルを完成させるも、突然の妊娠発覚に揺れるソフィと、ドナの過去の知られざるエピソードが明らかになる。前作同様、母をメリル・ストリープ、娘をアマンダ・セイフライドが演じる。

監督
オル・パーカー
出演キャスト
メリル・ストリープ ピアース・ブロスナン コリン・ファース ステラン・スカルスガルド

さよなら、僕のマンハッタン

  • 2018年4月14日(土)公開
  • 出演(Ethan Webb 役)

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督による青春ストーリー。大学卒業を機に、ニューヨークで一人暮らしを始めた青年が、奇妙な隣人との出会いを経て成長していく姿が、サイモン&ガーファンクルやボブ・ディランらの往年の名曲と共に描かれる。主人公の青年トーマスを演じるのは英国出身の新鋭、カラム・ターナー。

監督
マーク・ウェブ
出演キャスト
カラム・ターナー ケイト・ベッキンセール ピアース・ブロスナン シンシア・ニクソン
2017年

サイバー・リベンジャー

  • 2017年7月16日(日)公開
  • 出演(Mike Regan 役)

「007」シリーズで5代目ジェームズ・ボンドを務めたピアース・ブロスナン主演の犯罪スリラー。特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017』の一作。

監督
ジョン・ムーア
出演キャスト
ピアース・ブロスナン アンナ・フリエル ステファニー・スコット ジェームズ・フレッシュビル
2016年

おとなのワケあり恋愛講座

  • 2016年8月13日(土)公開
  • 出演(Richard 役)

「007」シリーズ5代目のジェームズ・ボンドを務めたピアース・ブロスナン主演のロマンティック・コメディ。監督は「ベガスの恋に勝つルール」のトム・ヴォーン。日本ではWOWOWで初公開。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

監督
トム・ヴォーン
出演キャスト
ピアース・ブロスナン ジェシカ・アルバ
2015年

サバイバー

  • 2015年10月17日(土)公開
  • 出演(“時計屋” 役)

ミラ・ジョヴォヴィッチがテロリストにたったひとりで立ち向かう勇敢な外交官を演じるサスペンス・アクション。ロンドンでの爆破テロ事件で犯人を逃したあげく、犯人と疑われ追われる身となったヒロインの孤独な戦いを描く。伝説のテロリストを演じるのはピアース・ブロスナン。監督は『Vフォー・ヴェンデッタ』のジェイムズ・マクティーグ。

監督
ジェイムズ・マクティーグ
出演キャスト
ミラ・ジョヴォヴィッチ ピアース・ブロスナン ディラン・マクダーモット アンジェラ・バセット

クーデター

  • 2015年9月5日(土)公開
  • 出演(ハモンド 役)

赴任先の東南アジアで突如クーデターに巻き込まれ、全国民から標的にされてしまう外国人家族の逃走を描くサバイバルスリラー。出演は「ミッドナイト・イン・パリ」のオーウェン・ウィルソン、「ミリオンダラー・アーム」のレイク・ベル、「ワールド・ウォー Z」のスターリング・ジェリンズ、「007/ダイ・アナザー・デイ」のピアース・ブロスナン。監督は「デビル(2010)」のジョン・エリック・ドゥードル。

監督
ジョン・エリック・ドゥードル
出演キャスト
オーウェン・ウィルソン レイク・ベル スターリング・ジェリンズ クレア・ギアー

スパイ・レジェンド

  • 2015年1月17日(土)公開
  • 製作総指揮、出演(ピーター・デベロー 役)

ピアース・ブロスナンが『007 ダイ・アナザー・デイ』以来13年ぶりにスパイ役に挑んだサスペンス・アクション。元CIAのスゴ腕エージェントが、次々に起きるスパイ殺害事件とその裏に潜むロシア大統領選を巡る陰謀に立ち向かう姿を描く。監督は『13デイズ』などアクション作に定評のあるロジャー・ドナルドソン。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
ピアース・ブロスナン ルーク・ブレイシー オルガ・キュリレンコ ビル・スミトロビッチ
2014年

ラブ・パンチ

  • 2014年12月6日(土)公開
  • 出演(リチャード 役)

「新しい人生のはじめかた」のジョエル・ホプキンスが監督・脚本を務め、オールフランスロケで制作した大人のためのロマンチック・エンタテインメント。詐欺に遭い一文無しとなった実業家と元妻のロマンスの行方を描く。出演は、「007」シリーズのピアース・ブロスナン、「ラブ・アクチュアリー」のエマ・トンプソン。

監督
ジョエル・ホプキンス
出演キャスト
ピアース・ブロスナン エマ・トンプソン ティモシー・スポール セリア・イムリー

関連ニュース

『愛さえあれば』のピアース・ブロスナン「この映画は愛と人生が美しく描かれている」
『愛さえあれば』のピアース・ブロスナン「この映画は愛と人生が美しく描かれている」(2013年4月27日)

『未来を生きる君たちへ』(11)で第83回アカデミー外国語映画賞、第63回ゴールデングローブ賞外国語映画賞をダブル受賞したスサンネ・ビア監督最新作『愛さえあれば…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ピアース・ブロスナン