TOP > 人物を探す > ハリウェル・ホッブス

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1953年 まで合計38映画作品)

1932年

ジーキル博士とハイド氏(1932)

  • 1932年
  • 出演(Brig._Gen._Carew 役)

数年前、米国に於いてもまたドイツに於いても映画化されたことのあるロバード・ルイス・スティーヴンソンの著名な小説を再び映画化したもので、脚色には「おしゃれ牧場」「珍暗黒街」のパーチー・ヒースと「アメリカの悲劇」のサミュエル・ホッフェンシュタインの二人が当たり、「市街」「喝采」のルーベン・マムーリアンがメガフォンをとった。主役を演ずるは「夜の天使」「名門芸術」のフレドリック・マーチで「陽気な中尉さん」「二十四時間」のミリアム・ホプキンス、「リリオム」「ボルネオの東」のローズ・ホバート、「マダムX」のホームズ・ハーバート、ハリウェル・ホッブス、「西部戦線異常なし」のアーノルド・ルーシーその他が助演。撮影者は「忍びよる心」「悪魔が跳び出す」のカール・ストラッスである。

監督
ルーベン・マムーリアン
出演キャスト
フレドリック・マーチ ミリアム・ホプキンス ローズ・ホバート ホームズ・ハーバート

悪魔の富籤

  • 1932年
  • 出演(Lord_Litchfield 役)

「貞操切符」「鉄窓の女」に主演したエリッサ・ランディが主役を勤める映画で、ナルブル・バートレイの原作を「デリシャス」のガイ・ポルトンが脚色して台詞をつけ、「摩天楼の悲劇」「じゃじゃ馬馴らし(1929)」のサム・テイラーが監督に当たり、「デリシャス」「愉快な武士道」のアーネスト・パーマーが撮影した。助演者は「鉄窓の女」「謎の真空管」のヴィクター・マクラグレン、「脱走兵」のアレクサンダー・カークランド、「狂へる銀翼」のポール・カヴァナー、「踊る姉妹」のバーバラ・ウィーウス、「春を讃えよ」のベリル・マーサー、ラルフ・モーガン、ハリウェル・ボッブス、ハーバート・マンディン等である。

監督
サム・テイラー
出演キャスト
エリッサ・ランディ ヴィクター・マクラグレン アレクサンダー・カークランド ポール・カヴァナー
1931年

マデロンの悲劇

  • 1931年
  • 出演(Roget 役)

エドワード・ノブロック原作舞台劇『子守唄』から「暴露戦術」「国際盗賊ホテル」のチャールズ・マックアーサーが脚色し、台詞を附しエドガー・セルウィンが監督にあたり、「パリの魔人」「ニュー・ムーン」のオリヴァー・T・マーシュが撮影を担当した映画。主なる出演者はニューヨークの舞台女優として名あるヘレン・ヘイズ、「秘密の6」のルイス・ストーン、「仮染の唇」のニール・ハミルトン、ロバート・ヤング、ィロフィ・エワーヅ、ジャン・ジャーショルト、マリー・プレヴォー、カレン・モーリーなどである。

監督
エドガー・セルウィン
出演キャスト
ヘレン・ヘイズ ルイス・ストーン ニール・ハミルトン ロバート・ヤング

プラチナ・ブロンド

  • 1931年
  • 出演(Smithe 役)

「狂乱のアメリカ」「たそがれの女」と同じくフランク・キャプラ監督作品で、舞台俳優のロバート・B・ウィリアムスが、「独立守備隊」「天晴れウォング」のロレッタ・ヤング、「街の野獣(1932)」「鉄青年」のジーン・ハーロウと共演するもの。原作はハリイ・E・チャンドラーとダグラス・W・チャーチルが共同して書き下ろし、「たそがれの女」「十仙ダンス」のジョー・スワーリングが改作し、「海底二千尺」「奇跡の処女(1931)」のドロシー・ハウエルが台本を作成した。助演者は「農園のレベッカ」のルイズ・クロッサー・ヘイル、「犯罪都市(1931)」のウォルター・カトレット、「モンテカルロ」のクロード・アリスター、その他で、撮影は「たそがれの女」「希望の星」のジョセフ・ウォーカーの担当である。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ロバート・ウィリアムズ ジーン・ハーロウ ルイズ・クロッサー・ヘイル
1930年

二つの顔(1930)

  • 1930年
  • 出演(Lord_St._Arran 役)

「拳銃の洗礼」と同じくエドモンド・ロウ主演、ウィリアム・K・ハワード監督、ジョージ・シュナイダーマン撮影、になる映画でデニソン・クリフト作の舞台劇を「法の外(1930)」「滅びに行く凱歌」のギャレット・フォートが脚色したもの。助演者は「ブルドッグ・ドラモンド」「海の巨人(1930)」のジョーン・ベネット、「異教徒」のドナルド・クリスプ、「棘の園」のバーバラ・レナード、デイヴィッド・トーレンス、ジョージ・レナヴェント、ラムスデン・ヘーア等である。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
エドモンド・ロウ ジョーン・ベネット バーバラ・レナード ドナルド・クリスプ

のんきな叔母さん

  • 1930年
  • 出演(Stephen_Spettigue 役)

「女は真っ平(1931)」「陽気な中尉さん」のチャールズ・ラグルズが主演する映画で、かつて映画化されたことのあるブランドン・トーマス原作の小説及び舞台喜劇に基づいて、F・マッグルー・ウィリスが脚色して台詞を書き、クリスティー・フィルム社社長で喜劇映画界一方の覇者たるアル・E・クリスティーが監督、製作した。助演者は「おしゃれ牧場」「連隊の花形」のジューン・コリアー、「海行かば(1930)」のドリス・ロイド、「雷親爺」のハリウェル・ホップス、ヒュー・ウィリアムスらで、カメラはガス・ピーターソン担任。

監督
アル・E・クリスティー
出演キャスト
チャールズ・ラグルズ ジューン・コリアー ヒュー・ウィリアムズ ドリス・ロイド

おやぢ(1930)

  • 1930年
  • 出演(Ruddick 役)

英国の舞台俳優として有名なシリル・モード卿が彼の18番物として誇る劇を映画化したもので原作者はホレース・ホッジス、トーマス・ウィグニー・パーシヴァルの両氏、それを「ウォール街の狼」「恋愛運動場」のドリス・アンダーソンが脚色し、「戦争と貞操」のジョージ・キューカーとシリル・ガードナーとが共同で監督し、「空中大曲芸団」のデイヴィッド・エーベルが撮影した。助演者は「悪魔の日曜日」「ハア・マン」のフィリップス・ホームス、舞台出のフランセス・デード、「若き翼」「半分天国」のポール・ルーカス、「嫉妬」のハリウェル・ホッブス、「略奪者」「嵐」のポール・カヴァナー、ドリス・ローリーその他である。

監督
ジョージ・キューカー シリル・ガードナー
出演キャスト
シリル・モード フィリップス・ホームス フランセス・デード ポール・ルーカス
1929年

嫉妬(1929)

  • 1929年
  • 出演(Rigaud 役)

舞台から映画界に入り「手紙」に出演した故ジャンヌ・イーグルス嬢がこの世に残した最後の作品がこれで「恋人争奪」と同じくルイ・ヴェルヌイ氏の原作で監督は「空行かば」「情炎夜曲」を脚色し「手紙」を監督したジャン・ド・リミュール氏。舞台脚色はユージーン・ウォルター氏、映画脚色はギャレット・フォート氏が担当し、「赤い髪」「希望の船」のアルフレッド・ギルクス氏が撮影したもの。主演者のほかに「撮影所殺人事件」「底抜け騒ぎ」のフレドリック・マーチ氏、ハリウェル・ホッブス氏、ブランシュ・ル・クレール嬢等が助演している。

監督
ジャン・ド・リミュール
出演キャスト
ジャンヌ・イーグルス フレドリック・マーチ ハリウェル・ホッブス ブランシュ・ル・クレール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ハリウェル・ホッブス

ムービーウォーカー 上へ戻る