TOP > 人物を探す > Jan Hooks

年代別 映画作品( 1986年 ~ 1999年 まで合計3映画作品)

1999年

サイモン・バーチ

  • 1999年6月19日(土)
  • 出演(Miss Leavey 役)

ある少年の数奇な運命を描く感動ドラマ。現代米国文学の旗手ジョン・アーヴィングのベストセラー「オーエンのために祈りを」(新潮社近刊)を同作の一部を元に、「ジャックフロスト」の脚本家で本作が初監督作となるマーク・スティーヴン・ジョンソンの監督・脚本で映画化。製作は「ロミーとミッシェルの場合」のローレンス・マークと「ラッシュアワー」のロジャー・バーンバウム。製作総指揮は「ザ・グリード」(製作)のジョン・バルデッチ。撮影は「コレクター」のアーロン・E・シュナイダー。音楽は「ジャングル・ジョージ」のマーク・シャイマン。美術は「ラブリー・オールドメン」のデビッド・チャップマン。編集はデイヴィッド・フェンファー。衣裳は「マーキュリー・ライジング」のベッツィ・ハイマンとエイブラハム・ウォーターハウス。主演はこの映画のために抜擢されたイアン・マイケル・スミスと「ロストワールド」のジョゼフ・マゼロ。共演は「ドクター・ドリトル」のオリヴァー・プラット、「L.A.コンフィデンシャル」のデイヴィッド・ストラサーン、「コレクター」のアシュレイ・ジャッドほか。「トゥルーマン・ショー」のジム・キャリーがノー・クレジットでナレーター兼カメオ出演。

監督
マーク・スティーヴン・ジョンソン
出演キャスト
ジョセフ・マッゼロ イアン・マイケル・スミス オリヴァー・プラット デイヴィッド・ストラサーン
1992年

バットマン リターンズ

  • 1992年7月11日(土)
  • 出演(Jen 役)

DCコミックスのヒーロー、バットマンの映画化第2弾。ボブ・ケーンの創作したキャラクターを基に、ゴッサム・シティの闇を駆けるバットマンの活躍が描かれる。監督は前作にひきつづき「シザーハンズ」のティム・バートン。製作も「シザーハンズ」のデニーズ・ディ・ノヴィとティム・バートン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・ピータース、ピーター・グーバー、ベンジャミン・メルニカー、マイケル・ウスランの4人で、すべて前作にも参加している。原案は前作も担当したサム・ハムと「ヘザース ベロニカの熱い日」のダニエル・ウォーターズで、ウォーターズが脚本化、撮影は「シザーハンズ」のステファン・チャプスキー、音楽は「ダークマン」のダニー・エルフマンが担当。

監督
ティム・バートン
出演キャスト
マイケル・キートン ダニー・デヴィート ミシェル・ファイファー クリストファー・ウォーケン
1986年

ワイルドキャッツ

  • 1986年4月29日(火)
  • 出演(Stephanie 役)

落ちこぼれハイスクール・フットボール・チームのコーチに就任した女性と選手たちの活躍を描くコメディ。製作はアンシア・シルバート、監督は「フレッチ 殺人方程式」のマイケル・リッチー、脚本はエズラ・サックス、撮影はドナルド・ソーリン、音楽はホーク・ウォリンスキとジェームズ・ニュートン・ハワード、プロダクションデザインはボリス.レヴィン、編集はリチャード・A・ハリスが担当。出演はゴールディ・ホーンほか。

監督
マイケル・リッチー
出演キャスト
ゴールディ・ホーン スウォージー・カーツ ロビン・ライヴリー Brandy Gold
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > Jan Hooks