TOP > 人物を探す > アラン・C・ブロンクィスト

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2006年 まで合計7映画作品)

2006年

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

  • 2006年2月18日(土)
  • 製作総指揮

ホアキン・フェニックスが伝説のミュージシャン、ジョニー・キャッシュに扮した伝記ドラマ。キャッシュと2人目の妻となる運命の女性ジューン・カーターとの日々を中心に描く。

監督
ジェームズ・マンゴールド
出演キャスト
ホアキン・フェニックス リース・ウィザースプーン ジニファー・グッドウィン ロバート・パトリック
2005年

おまけつき新婚生活

  • 2005年7月9日(土)
  • 製作総指揮

新居に引っ越した新婚カップルと、彼らの上の階に住む老婦人とのトラブルを描くコメディ。人気俳優ベン・スティラーとドリュー・バリモアのドタバタ演技に爆笑必至の好編だ。

監督
ダニー・デヴィート
出演キャスト
ベン・スティラー ドリュー・バリモア アイリーン・エッセル ハーヴェイ・フィアスティン
2004年

ハッピー・フライト

  • 2004年4月10日(土)
  • 製作総指揮

アカデミー賞女優、グウィネス・パルトロウ主演による痛快サクセス・ストーリー。国際線スチュワーデスにあこがれ、努力と情熱をもってキャリアアップをはかる女性の奮闘を描く。

監督
ブルーノ・バレト
出演キャスト
グウィネス・パルトロウ クリスティナ・アップルゲイト マーク・ラファロ キャンディス・バーゲン
1998年

スポーン

  • 1998年2月14日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー

愛する妻と再会するために魂を地獄の王に売り渡して復活した男の復讐を描いた近未来SF。全米で大ヒットした同名コミック(メディアワークス刊)の映画化。原作はマーベルコミック界の第ひとり者トッド・マクファーレン(製作総指揮もアラン・C・ブロムクイストと兼任)。本作がデビューの監督のマーク・ディッペ(「T2」「ジュラシック・パーク」の視覚効果担当)、製作のクリント・ゴールドマン(「マスク」ほか)、特殊効果監修のスティーヴ・ウィリアムズ(「T2」ほか)ら以下、「マーズ・アタック!」などの特撮を手掛けるILMのスタッフによる、実写以上の迫力とリアルさでつくりあげられた鮮烈な映像が見もの。脚本はアラン・マッケロイ。撮影は「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のギレルモ・ナヴァロ。音楽は「ザ・クロウ」のグレアム・レヴェル。使用曲としてテクノ系とスラッシュメタル系がコンビを組んだ異色のサウンドトラックが全編を彩る。美術は「アサシン」「レリック」のフィリップ・ハリソン。編集は「クロウ 飛翔伝説」のマイケル・N・クーンとトッド・ブッシュ。タイトルバック・デザインは「セブン」「ミミック」のカイル・クーパー。主演は「バッド・デイズ」のマイケル・J・ホワイトで本作が初主演。共演は「アメリカン・プレジデント」のマーティン・シーン、「ロミオ&ジュリエット」のジョン・レグイザモ、「ノーマンズ・ランド」のD・B・スウィーニー、「エクソシスト3」のニコル・ウィリアムソン、「ガール6」のテレサ・ランドルほか。

監督
マーク・ディッペ
出演キャスト
マイケル・ジェイ・ホワイト ジョン・レグイザモ マーティン・シーン テレサ・ランドル
1995年

リトル・プリンセス

  • 1995年12月16日(土)
  • 製作総指揮

逆境にもめげず、明るく強く生きる夢見がちな少女の姿を優しい視点で描いたヒューマン・ストーリー。全米公開時には女性観客の強い支持を得て、異例の再ロードショーが行われた。原作は、『秘密の花園』『小公子』などの児童文学の名作で知られる女性作家、フランセス・ホジスン・バーネットの『小公女』で、名子役シャーリー・テンプル主演の「テンプルちゃんの小公女」(39)に続く2度目の映画化。監督はメキシコ映画界出身で、米国のテレビシリーズ『堕ちた天使たち』(V)の1編『Murder Obliquely』を演出したアルフォンソ・クアロンで、彼にとって初のアメリカ映画。脚本は「マディソン郡の橋」のリチャード・ラグラヴェネスとテレビドラマ『Afterburn』のエリザベス・チャンドラー。製作は「クイズ・ショウ」のマーク・ジョンソン、エクゼクティヴ・プロデューサーは、映画監督ノーラ・エフロンの妹で、作家でもあるエイミー・エフロン。撮影は「雲の中で散歩」のエマニュエル・ルベスキ、音楽は「カリートの道」のパトリック・ドイル、美術は「バットマン リターンズ」のボー・ウェルチがそれぞれ担当。出演は、1万人の中からヒロインに選ばれた10歳のリーセル・マシューズ、「白馬の伝説」のリーアム・カニンガム、『ブラック・ビューティ/黒馬物語』(V)のエレナー・ブロン、「ハネムーン・イン・ベガス」の子役ヴァネッサ・リー・チェスターほか。

監督
アルフォンソ・キュアロン
出演キャスト
エリナー・ブロン リーアム・カニンガム リーセル・マシューズ ヴァネッサ・リー・チェスター
1994年

ギルバート・グレイプ

  • 1994年8月20日(土)
  • 製作総指揮

肉体的、精神的に傷つきやすい家族を守って生きる青年の姿を通して、家族の絆、兄弟の愛憎、青春の痛み、そして未来への希望を描いた心優しきヒューマン・ドラマ。劇作家ピーター・ヘッジス初の小説を自身が脚色し、「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」『ワンス・アラウンド』(V)などで知られるスウェーデン出身のラッセ・ハルストレムが監督。製作はメイア・テペル、バーティル・オールソン、デイヴィッド・マタロンの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーはハルストレムと「真実の瞬間」のアラン・C・ブロンクィスト。撮影はイングマール・ベルイマン監督とのコンビや「めぐり逢えたら」で知られる名手スヴェン・ニクヴィスト、音楽はアラン・パーカーとビョルン・イスファルトが担当。出演は「アリゾナ・ドリーム」のジョニー・デップ、「カリフォルニア(1993)」のジュリエット・ルイス、「ボーイズ・ライフ」のレオナルド・ディカプリオ、原作者に見いだされ、これが映画初出演のダーレーン・ケイツ、「フィラデルフィア」のメアリー・スティーンバージェンら。

監督
ラッセ・ハルストレム
出演キャスト
ジョニー・デップ ジュリエット・ルイス メアリー・スティーンバージェン レオナルド・ディカプリオ
1992年

二十日鼠と人間(1992)

  • 1992年12月12日(土)
  • 製作総指揮

アメリカの代表的作家ジョン・スタインベックの同名小説を基に、1930年代の経済不況の時代に、社会の底辺に生きる2人の男の姿を描く人間ドラマ。監督・製作は「マイルズ・フロム・ホーム」のゲイリー・シニーズ、共同製作はラス・スミス、エグゼクティヴ・プロデューサーはアラン・C・ブロンクィスト、脚本は「バウンティフルへの旅」のホートン・フート、撮影はケネス・マクミラン、音楽は「ハートブルー」のマーク・アイシャムが担当。

監督
ゲイリー・シニーズ
出演キャスト
ジョン・マルコヴィッチ ゲイリー・シニーズ レイ・ウォルストン ケーシー・シマスコー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アラン・C・ブロンクィスト

ムービーウォーカー 上へ戻る