映画-Movie Walker > 人物を探す > ロイス・ウィルソン

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1950年 まで合計50映画作品)

1950年

真夏の曲線美

  • 1950年4月18日公開
  • 出演(Mrs._Wilson 役)

「嵐の青春」「愛の勝利(1939)」のロナルド・レーガン、「我等の生涯の最良の年」のヴァージニア・メイヨ、「ハリウッド宝船」のエディ・ブラッケンが主演する映画で、アレン・ボレツのストーリーをI・A・L・ダイアモンドが脚色し、英国から来て1941年にハリウッドの監督となったピーター・ゴッドフリーが監督し、カール・ガスリーが撮影した1949年作品。助演は「モロッコへの道」のドナ・ドレイクネ「聖メリーの鐘」のヘンリー・トラヴァース、サイレント映画スターで舞台にあったロイス・ウィルソン、フローレンス・ベイツ、ジェローム・コウアン等である。

監督
ピーター・ゴッドフリー
出演キャスト
ロナルド・レーガン ヴァージニア・メイヨ エディ・ブラッケン ドナ・ドレイク
1934年

輝く瞳

  • 1934年公開
  • 出演(Mary_Blake 役)

「ベビイお目見得」「久遠の誓い」のシャーリー・テンプルが主演する映画で、「妾の弱点」「僕等の天下」のデヴィッド・バトラーが監督に当たったもの。原作もバトラーが「流れる青空」の脚色者エドウィン・パークと共同して書き下ろし、「ヤング・アメリカ」のウィリアム・コンセルマンが脚色した。主演のテンプルを助けて「ベビイお目見得」「歓呼の嵐」のジェームズ・ダンを始め、「かぼちゃ太夫」のジュディス・アレン、「ますらを」のロイス・ウィルソン、「ジェニイの一生」のジェーン・ダーウェル、新子役ジェーン・ウィザース、チャールズ・セロン、ドロシー・クリスティー、セオドア・フォン・エルツ等が出演している。撮影は「水兵上陸」のアーサー・ミラーの担当。

監督
デイヴィッド・バトラー
出演キャスト
シャーリー・テンプル ジェームズ・ダン ジェーン・ダーウェル ジュディス・アレン

サラリーマン

  • 1934年公開
  • 出演(Clara 役)

「力と栄光」「青空天国」のスペンサー・トレイシーが主演する映画で、ジョージ・ケリー作の舞台劇を「舗道の雨」「晩餐八時」のハーマン・J・マンキーウィッツが脚色し、「豚児売り出す」のチャールズ・F・ライズナーが監督に当たり、「第三の恋」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影した。助演者は「第三の恋」「大陸非常線」のマッジ・エヴァンス、「世界大洪水」のロイス・ウィルソン「豪華船」のヘンリー・ウォズウォース、「晩餐八時」のグラント・ミッチェル、クララ・ブランディック等。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
スペンサー・トレイシー マッジ・エヴァンス ヘンリー・ウォズウォース ロイス・ウィルソン

ますらを

  • 1934年公開
  • 出演(Mother 役)

「青空天国」「第三階級」のフランク・ボーゼージが監督製作した映画で、フェレンク・モルナール作の小説に基づいて「青空天国」のジョー・スワーリングが脚色したものである。出演者は紐育のラジオ放送で人気のあるジョージ・ブレイクストン少年で、「家なき少年群」のフランキー・ダーロ少年、「昨日」のジミー・バトラー少年、「トパーズ(1933)」のジャッキー・サール少年、「力と栄光」のラルフ・モーガン「母性」のロイス・ウィルソンのはか少年俳優ドナルド・ヘインズ、ボーディン・アンダースン等が共演している。撮影は「青空天国」「十三日の殺人」のジョセフ・オーガストの担当。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
ジョージ・ブレイクストン ジミー・バトラー ジャッキー・サール フランキー・ダーロ

我家の誇り

  • 1934年公開
  • 出演(Sophie_White 役)

「お人好しの仙女」「風来坊」のフランク・モーガンが「黄金(1936)」「小都会の女」のビニー・バーンズを相手に主演する映画でアースュラ・パーロット作の小説を「模倣の人生」のウィリアム・ハールバットが脚色し、「フランダースの犬(1935)」「わがまま者」のエドワード・スローマンが監督にあたり、「お人好しの仙女」「第三階段」のノーバート・ブロディンが撮影した。助演者は「ますらを」のロイス・ウイルスン、「愛と光」のロバート・テイラー、「ジャバの東」のエリザベス・ヤング、「二つの顔(1935)」のアラン・ヘール、新人のルイズ・サティマー、「フランダースの犬」のヘレン・パーリッシュ、モーリス・マーフィーという顔ぶれである。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
フランク・モーガン ビニー・バーンズ ロイス・ウィルソン ルイズ・レティマー
1933年

世界大洪水

  • 1933年公開
  • 出演(Helen_Webster 役)

「頬は薔薇色」「赤道を泳ぐ女」のペギー・シャノン、「競馬天国」「曙」のシドニー・ブラックマー、「結婚二筋道」「僕の自叙伝」のロイス・ウィルソンが共演する映画で、S・ファウラー・ライトの原作を「散り行く花」のジョン・グッドリッチとウォーレン・ダフと共同して脚色し、フェリックス・E・フィーストが監督に当たり、「山に住む女」「近衛兵」のノーバート・ブロディンが撮影した。助演者は「雨」「犯罪都市(1931)」のマット・ムーア、「怒号する天地(1932)」のフレッド・コーラー、ラルフ・ハロルド、エドワード・ヴァン・スローン等である。

監督
フェリックス・E・フィースト
出演キャスト
ペギー・シャノン シドニー・ブラックマー ロイス・ウィルソン マット・ムーア

武侠一代

  • 1933年公開
  • 出演(Mrs._McHale 役)

「肉弾鬼中隊(1934)」「絢爛たる殺人」のヴィクター・マクラグレンが主演する映画で、フォード・ビーブが原作監督したもの。脚色にはプレスコット・チャップリンとトーマス・J・デューガンが当っている。助演者は「シスコ・キッド(1931)」「曠原の伊達男」のコンチタ・モンテネグロ、「国境飛行隊」のレジス・トゥーミー、「南方の騎士」のルース・ホール、「五十六番街の家」のウィリアム・ボイド、「轟く天地」のノア・ビアリー、「家なき少年群」のフランキー・ダーロ、「世界大洪水」のロイス・ウィルソン、タリー・マーシャル、ヘンリー・B・ウォルソール等で、撮影は「巨人ジョーンズ」のアーネスト・ホーラーとトム・カリガンの担当。

監督
フォード・ビーブ
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン コンチタ・モンテネグロ ウィリアム・ボイド レジス・トゥーミー
1932年

爆走する悪魔

  • 1932年公開
  • 出演(Nancy_Evans 役)

「謎の真空管」「百米恋愛自由型」のエドモンド・ロウと「夫を殺すまで」「夜毎来る女」のウィン・ギブソンが主演する映画で、フランク・ミッチェル・デイジーが書卸した物語より「鉄窓と花束」「二十四時間」のルイス・ワイツェンコーンがP・J・ウルフソン及びアレン・リブキンと共同して脚色し、「爆笑世界行脚」「野蛮な紳士」のベンジャミン・ストロフが監督に当たり、「拳骨大売出し」「七万人の目撃者」のヘンリー・シャープが撮影している。助演者は「ブロンド・ヴィナス」「拳闘のキャグネー」のディッキー・ムーア、「母性」のロイス・ウィルソン、「歓呼の涯」のジミー・クリースン、「鉄窓の女」のアラン・ダインハート、ジョージ・ローズナー等である。

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
エドモンド・ロウ ウィン・ギブソン ディッキー・ムーア ジェームズ・グリースン

熱沙の男

  • 1932年公開
  • 出演(Helen_Joyce 役)

「ミックスの再起」に次ぐトム・ミックス主演映画。ジャック・カニンガムが書き卸した脚本にアル・マーティンが台詞を付し、「勇敢白銀王」「青春の夢(1929)」のアルバート・S・ロージェルがメガフォンをとったもので「母性」のロイス・ウィルソン、「戦う商隊」のフレッド・コーラー、ッフォレスト・スタンレー、ウィラード・ロバートソン等が助演する。キャメラ担当は「野蛮な紳士」のダニエル・B・クラーク。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
トム・ミックス ロイス・ウィルソン フレッド・コーラー フォレスト・スタンレー

僕の自叙伝

  • 1932年公開
  • 出演(Mrs._Shumaker 役)

「僕の武勇伝」に次ぐジャッキー・クーパー主演映画で、モーリス・ラッフとデルマー・デイヴスとが共作した物語をデーヴスが脚色し、「進め女性軍」「青空狂騒曲」のチャールズ・F・ライズナーが監督に当り、「令嬢殺人事件」「蜃気楼の女」のオリヴァー・T・マーシュが撮影したもの。助演者は「マデロンの悲劇」「マタ・ハリ」のルイス・ストーン、「コンゴ」「印度の寵児」のコンラッド・ネーゲル、「母性」「爆走する悪魔」のロイス・ウィルソン、新進のジーン・パーカー、「国際盗賊ホテル」のローレンス・グラント、「極楽島満員」のデイヴィッド・ニュウエル、「ダドリー・ニコルズ」のモーリス・マーフィー等である。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
ジャッキー・クーパー コンラッド・ネーゲル ルイス・ストーン ロイス・ウィルソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロイス・ウィルソン