映画-Movie Walker > 人物を探す > アレン・リヴキン

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1960年 まで合計19映画作品)

1960年

私刑街

  • 1960年3月11日(金)公開
  • 脚本

ポール・ギャリコの原作をロバート・スミスとアレン・リヴキンが共同で脚色したアクションドラマ。監督はチャールズ・ハース。撮影はウォルター・H・キャッスル、音楽をバン・アレクサンダーが担当。出演は「地獄の待合室」のミッキー・ルーニー、「さすらい」のスティーヴ・コクラン、「非情の青春」のマミー・バン・ドーレン、他にメル・トーメ、レイ・ダントン、ジム・バッカスら。製作レッド・ドフ。

監督
チャールズ・ハース
出演キャスト
ミッキー・ルーニー スティーヴ・コクラン マミー・ヴァン・ドーレン メル・トーメ
1956年

デンヴァーの狼

  • 1956年3月13日(火)公開
  • 脚色

開拓期の西部を舞台にラヴ・ロマンスを彩って、拳銃名手の兄弟愛を描いている。週間雑誌“サタディ・イヴニング・ポスト”に掲載されたビル・ガリックの原作を、「明日に別れの接吻を」のホレース・マッコイと「レイテ沖海空戦 永遠の海原」のアレン・リヴキンが脚色し、「野性地帯」のジョセフ・ケインが製作・監督した。撮影監督は「レイテ沖海空戦 永遠の海原」のレジー・ラニング、音楽は「サンタフェへの道」のR・デイル・バッツ。主な出演者は、「サンタフェへの道」のジョン・ペイン、「愛欲と戦場」のモナ・フリーマンをはじめ、「波止場」のリー・J・コッブ、「暗黒街の王者」のレイ・ミドルトン、往年の「少年の町」で主役を演じた「拳銃王」のスキップ・ホメイヤー、「白昼の対決」のリー・ヴァン・クリーフなど。

監督
ジョセフ・ケイン
出演キャスト
ジョン・ペイン モナ・フリーマン リー・J・コッブ レイ・ミドルトン
1955年

野性地帯

  • 1955年6月18日(土)公開
  • 脚色

「テキサス街道」のジョセフ・ケインが製作・監督に当たる1955年作色彩西部劇で、ダン・カッシュマンの小説から「ミネソタの娘」のアレン・リヴキンが脚色している。トルーカラー撮影は「テキサス街道」のジャック・マータ、音楽は「喝采」のヴィクター・ヤングである。「レイテ沖海空戦 永遠の海原」のスターリング・ヘイドン、「テキサス街道」のヴェラ・ラルストン以下、「トマホーク渓谷の待伏せ」のデイヴィッド・ブライアン、「綱渡りの男」のアドルフ・マンジュウ、「犯罪都市(1951)」のホギー・カーマイケル、チル・ウィルスらが出演する。

監督
ジョセフ・ケイン
出演キャスト
スターリング・ヘイドン ヴェラ・ラルストン デイヴィッド・ブライアン アドルフ・マンジュウ

レイテ沖海空戦 永遠の海原

  • 1955年5月3日(火)公開
  • 脚色

「眠りなき街」のジョン・H・オーアが1955年に製作・監督した戦争映画で、「零号作戦」のウィリアム・ウィスター・ヘインズの原案から「恋のブラジル」のアレン・リヴキンが脚色した。撮影は「眠りなき街」のジョン・ラッセル、音楽は「突然の恐怖」のエルマー・バーンスタイン。出演者は「三人の狙撃者」のスターリング・ヘイドン、「非常線(1953)」のアレクシス・スミス、「ホワイト・クリスマス」のディーン・ジャガー、「大砂塵」のベン・クーパー、「美女と斗牛師」のヴァージニア・グレイ、ダグラス・ケネディなどである。

監督
ジョン・H・オーア
出演キャスト
スターリング・ヘイドン アレクシス・スミス ディーン・ジャガー ベン・クーパー
1948年

ミネソタの娘

  • 1948年4月公開
  • 脚本

「春のあけぼの」「嘆きの白ばら」のロレッタ・ヤング、「恋の十日間」「ガス燈」のジョセフ・コットン、劇団の名女優エセル・バリモアが顔合わせする映画でRKOラジオの撮影所長ドア・シャーリーが製作した1947年作品。ジュニー・ターヴィタエ作の戯曲に取材してアレン・リヴキンとローラ・カーが協力して脚本を書き、「カッスル夫妻」「牧童と貴婦人」のH・C・ポッターが監督に当り、「スポイラース(1942)」「凸凹宝島騒動」のミルトン・クラスナーが撮影を監督した。助演者は「旋風大尉」のチャールズ・ビックフォード、「美人劇場」のローズ・ホバート、「小麦は緑」のライス・ウィリアムズ、新顔のトム・パワーズ、「冒険」のハリー・ダヴェンポートらである。

監督
H・C・ポッター
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ジョゼフ・コットン エセル・バリモア チャールス・ビックフォード
1946年

恋のブラジル

  • 1946年当年公開
  • 脚本

「生きてる死骸」のイヴリン・キース、「恋愛放送」のキーナン・ウィン、「わが家の楽園」のアン・ミラー、「コンドル(1939)」のアリン・ジョスリン、メキシコ歌手テイトオ・ギサアル、ダンス・チームのヴェロスとエンリック・マドリゲラとその楽団が出演する音楽映画で1946年作品。脚本は「ミネソタの娘」のアレン・リヴキンがハリー・クローク及びデヴァリー・フリーマンと協力書き下ろし、ラジオのプロデューサー、舞台劇演出家だったMGMの契約監督S・シルヴァン・サイモンが借りられて監督に当たり、「接吻売ります」のチャールズ・ロートン・ジューニアが撮影を指揮している。

監督
S・シルヴァン・サイモン
出演キャスト
イヴリン・キース キーナン・ウィン アン・ミラー アリン・ジョスリン
1935年

洋上魔

  • 1935年当年公開
  • 原作

「男の魂(1935)」「殺人ホテル」のエドモンド・ロウが「ダンテの地獄編」のクレア・トレヴァーとともに主演する映画で、「レヴュー艦隊」のアレン・リヴキン書き卸しの台本により「パリの丑満時」「鉄窓の女」のアラン・ドワンが監督、「輝く瞳」のアーサー・ミラーがさつえいした物。助演者は「紅雀」のトム・ブラウン、「乾杯の唄」のエイドリアン・エイムス、「キャラバン」のユージーン・パレット、「恋のセレナーデ」のハーバート・マンディン、フォード・スターリング、ビリー・ビーヴァン等の面々である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
エドモンド・ロウ クレア・トレヴァー トム・ブラウン ユージン・ポーレット

私のテンプル

  • 1935年当年公開
  • 脚本

「輝く瞳」「小連隊長」に次ぐシャーリー・テンプル主演映画で、フローレンス・ファルツグラフの原作を「波止場の天使」のスティーブン・モアハウス・エヴェリーと「レヴュー艦隊」のアレン・リヴキンが協力して脚色し「人生の行路」のジョン・S・ロバートソンが監督し、「流れる青空」のジョン・サイツが撮影に当たった。助演者は「殺人ホテル」のローズメリー・エイムス、「世界一の金持ち娘」「白い友情」のジョエル・マクリーを始め、「雲とつばさ」のライル・タルボット、舞台から来た新進女優エリン・オブライエン・ムーア、「ロマンスの街」のJ.ファーレル・マクドナルド、裸馬乗り騎手としてサーカス界に名あるプードルス・ハンフォード等である。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
シャーリー・テンプル ローズメリー・エイムス ジョエル・マクリー ライル・タルボット

深夜の出来事

  • 1935年当年公開
  • 脚色

「バッド・ガール」「乙女の湖」と同じくヴィニャ・デルマーの小説を映画化したもので、「私のテンプル」のアレン・リヴキンが脚色し「大空の地獄」「紐育の口笛」のジョ・ブライストンが監督に当たり、「情無用ッ」「あたいは街の人気者」のバート・グレノンが撮影した。主演は「バット・ガール」「輝く瞳」のジェームズ・ダンで、「ロイドの牛乳屋」「ホワイト・パレード」のドロシー・ウイルスン、「キャラバン」のルイズ・ファゼンダ、「オペラ・ハット」のジョン・レイ、「歌の翼」のルイ・アルバーニ、ヴィクター・キリアン、ビューラ・ボンディ等が助演している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ジェームズ・ダン ドロシー・ウィルソン ルイズ・ファゼンダ ヴィクター・キリアン
1933年

死線突破

  • 1933年当年公開
  • 脚色

「幸運の悪魔」「雨」のウィリアム・ガーガンと「濡れた拳銃」「密林の王者」のフランセス・ディーが主演する映画で、ウォーレス・ウェストの原作をアレン・リヴキンとアグネス・クリスティン・ジョンストンが脚色し、「熱血撮影隊」のオット・ブラワーが監督、ニコラス・ミュスラカが撮影した。助演は「海の荒鷲(1933)」のラルフ・ベラミー、「最後の一人まで(1933)」のジャック・ラルー、ゴレゴリー・ラトフ、ウォーレス・フォード、ドロシー・バージェス等である。

監督
オットー・ブラワー
出演キャスト
ウィリアム・ガーガン フランセス・ディー ラルフ・ベラミー ジャック・ラルー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アレン・リヴキン